pitti uomo92

PITTI UOMO(ピッティウォモ)92速報。ジャケットスタイルのトレンドは!?

pitti uomo(ピッティウォモ)特集もスーツ、カジュアルと来たら、後はジャケットスタイルですね。日本の春夏シーンではクールビズが進み、夏場はスーツよりジャケパンスタイルがメインになる方が多いかと思います。そんな暑い時時でも、紳士たるものジャケットは必須であり、お洒落を楽しんでこそ粋というものです。今回のジャケット編もスーツやカジュアルスタイルに共通しているトレンドアイテムや着こなし部分もありますが、沢山の写真と共に解説していきたいと思います。

 


ジャケット単体でもダブルのジャケットに注目!!


“ノーネクタイスタイル”

写真引用元

写真引用元

写真引用元

“タイドアップスタイル”

写真引用元

 

写真引用元

写真引用元

このダブルブレストのジャケットに関しましては、先日のスーツスタイル特集でもご紹介致しましたが、クラシック回帰のトレンドで注目を浴びているアイテムです。このクラシック回帰というのも、ここしばらく継続して続いている英国調(ブリティッシュ)の流れからくるものであり、少し前まで、細くスポーティーな印象の0プリーツのパンツや、着丈が短いジャケット、ドレススタイルに合わせるスニーカーブーム…などのスタイリッシュには決まるものの、カジュアルな装いが目立っていました。

そのブームが落ち着き、トレンドの流れがクラシックへとリバイバルして戻ってきたのです。そこで、元々スーツ発祥の地である『英国』の原点に戻り、本来のクラシックなアイテムがトレンドになっているという事です。とは言うものの、世間一般ではこのダブルのジャケットに関して、「古臭い」、「おじさんぽい」、「野暮ったい」とあまり良いイメージはないですが、そこを今っぽく着るには、やはりサイズ感と合わせ方が重要と言えるでしょう。これはダブルに関わらずですが、基本的にルーズフィットだとだらしなく見えますので、適性の体に合った適性のサイズを選ぶ事が重要です。そして、合わせ方はパンツを普通だったらウールのスラックスを合わせたい所ですが、写真のようにコットンパンツやデニムなどに合わせるとクラシック過ぎないドレスカジュアルなスタイルが出来るでしょう。あえて、ダブルジャケットをカジュアルに着るというのも一つのポイントかもしれません。

スナップを見ていると、スーツの組上を合わせてジャケット単体で使っている方もいらっしゃいますね。無地ではなくヘリンボーンや少し明るい色だとジャケット使いでカジュアルに合わせやすくなり汎用性が出ます。また、ディティールに存在感がある為、ポケットチーフも極力にシンプルにして、白リネンを合わせているのが分かります。

 


パンツは股上が深く、プリーツ入りのベルトレスが旬!!


写真引用元

写真引用元

写真引用元

写真引用元

昨年あたりからのプリーツパンツに加えて、今年はベルトレスのトラウザーズを着ている人を沢山見かけます。ベルトレスと言えば、名前の通り、ベルトループを排したディテールで、サイドにアジャスターが付属しているクラシカルなデザインのもの。ベルトを通すものだと、多少のルーズフィッティングでも、ごまかしは利きますが、それが無いとなると体に完璧にフィットしなくてはなりません。それ故に、元々はピスポーク(オーダー)ならではのパンツでした。このベルトレスパンツのメリットとしては、腰回りのベルトが無い分、スッキリ見えますので、体型がスリムに見える+靴との色合わせを考えなくて済む事です。それに加えて、股上が深いものだと、脚が長く見える効果もあり、よりクラシックに見えますよね。(最後の写真に関しましては、0プリーツですが、全体のサイズ感も以前に比べてゆとりが出てるのが分かります。)

 


Vゾーンはスカーフ率が高め!?


写真引用元

写真引用元

写真引用元

写真引用元

スカーフも一つのトレンドアイテムでしょうか。ジャケットスタイルにネックレスを合わせると、少しやんちゃ感がでて抵抗あるかもしれませんが、ノータイスタイルでVゾーンが少し寂しいなと感じる時に有効的に使う事が出来ます。基本はジャケットの色に合わせて同系色で纏めるのが無難でしょう。下の写真二人のような、アスコットタイ風も良いですが、上二人のようなスカーフの大きさもやや小さめの物で、シンプルノット巻きが程よいアクセントをつけてくれます。

※ちなみに、このスカーフのコーディネートは今回のPITTI UOMOでGabriele Pasini2018SSで同様の打ち出しがありました。

写真引用元

 


ジャケット&ジレスタイルは共地で合わせる!?


写真引用元

写真引用元

写真引用元

本来3ピースのスーツであろうものを、あえてジャケット&ジレでコーディネートするスタイル。ここ数年ちらほらと見かけていますが。今年に入っても変わらずでした。どれも梳毛のウール素材ですが、コットンパンツや、ウールスラックス、デニムと人それぞれパンツの合わせ方が違いますね。このスタイルでは、無地でシングルのベーシックな形というよりかは、襟付きやダブルブレスト、もしくは柄が入った物で合わせる方が良いでしょう。

 


紳士の質需品“パナマハット”は外せない!!


写真引用元

写真引用元

写真引用元

パナマハットといえば紳士用の正装として夏場に使われる必須アイテム。ジャケットスタイルだけでなく、スーツで合わせている方も多いですね。日本でもブームになっていますが、イタリアでも駅前に露店もパナマハット化するほどトレンドアイテムですね。日差しをカットする意味でも夏場にはオススメのアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. beams house

    大人のセレクトショップ!BEAMS HOUSE名古屋店が今春オープン!…

  2. pittiuomo

    【メンズドレス】2017-18秋冬、トレンドのディティールとアイテムは…

  3. pittiuomo

    【メンズドレス】2017-18秋冬、編集部オススメトレンドアイテム

  4. pitti uomo

    【メンズドレス】2017-18秋冬、トレンドの色と柄は?着こなしと共に…

  5. pitti uomo91

    【メンズドレス】2017-18秋冬、トレンドを取り入れたファッショニス…

  6. ファッショニスタ達の着こなし【日本人編】PITTIUOMO(ピッティウ…

  7. renata pitti uomo

    【2018年最旬メンズヘア】お洒落のプロが集うPITTIUOMOで人気…

  8. ホーセンブース

    遂に日本へ本格上陸。「HOORSENBUHS(ホーセンブース)」