pitti uomo

【メンズドレス】2017-18秋冬、トレンドの色と柄は?着こなしと共に徹底解剖!

第1回のトレンド解説はご覧頂いたでしょうか。今シーズンには欠かせない「素材」にフォーカスして着こなしと共にご紹介しているので、まだチェックしていない方は、是非こちらから先にご覧頂ければと思います。

さて、素材を抑えたら、次はどのような色や柄が旬なのか気になる所ではないだろうか。今各ブランドが打ち出している色や柄は果てして何なのか。そこで、第2回は「トレンドの色と柄」についてお伝えしようと思います。

 


注目のトレンドカラーは⁉︎


「グレー」

第1回に渡り復唱させて頂くが、今シーズン外せないキーワードは“英国調”。となると、自ずとクラシックなアイテムや色、柄に選定されてくるが、今期のトレンドカラーを絞るとしたら“グレー”かもしれない。ネイビーやブラックなどに並ぶベーシックで基本となる色だが、今改めて注目を浴びているのだ。今期であれば、グレーの“ワントーンコーディネート”や、黒や白を挟む“モノトーンコーディネート”のようなシックな装いが良さそうだ。

2017aw pitti

写真引用元

「HEVO」の打ち出しカラーであるグレー。ツイード調の素材を軸に展開している。

2017aw pitti

写真引用元

無地をベースに都会的でシックな印象を受けるグレー。ここまで一面にグレーを並べているのを見ると、今シーズン、グレーを打ち出しているのが分かる。

2017aw pitti

写真引用元

モノトーンで合わせたコーディネートでも、インナーをカットソーなど軽めの物にすると、スポーティーさも加わり、コーディネートし易くなる。

 

「キャメル」

秋冬と言えば、この色は欠かせない。温かみがあり、上品なイメージが強い“キャメル”は、今シーズンも引き続き目が離せない。ドレスアイテムに合わせるのは勿論だが、デニムやコーデュロイなどカジュアルなアイテムに合わせてもリッチ感漂う色だ。

2017aw pitti

写真引用元

アウターでキャメルを取り入れるのも良いが、シューズやベルト、ハットなど小物にキャメルやライトブラウン系の色をプラスするのもオススメ。

2017aw pitti

写真引用元

PITTI UOMOでもキャメルのコートを着ている率が高かった。重くなりがちな秋冬に一着はチェスターコートのキャメルを持っておきたい。

 

「ブラウン」

キャメルより濃く、より落ち着いた印象の“ブラウン”。今期であれば、あえてブラウンのワントーンでカントリーテイストにコーディネートするもの面白いだろう。代表的なツイードのジャケットからブラウンを取り入れて頂きたい。

2017aw pitti

写真引用元

PITTI UOMOで打ち出されていたL.B.M.1911のコーナー。全体をブラウンで纏めつつ、ストールやネクタイで柄物を持って着て、地味になりすぎないよう工夫しているのが分かる。

2017aw pitti

写真引用元

BELVESTでも打ち出されていたブラウン。チェック柄のジャケットもあるが、ブランドイメージに沿うような高級感ある雰囲気に目が惹かれる。

 

「ボルドー」

今シーズン差し色に欠かせない色が“ボルドー”だ。PITTI UOMOでもパンツメーカーやニットメーカーなど、コーディネートの脇役に欠かせないアイテムでの打ち出しが多く見られた。

2017aw pitti

写真引用元

GRAN SASSOでの展開されていたボルドーのニットコレクション。原色である赤に比べるとくすんでいて落ち着いた印象になる為、ネイビー系やキャメルに合わせるのもオススメ。

2017aw pitti

写真引用元

BERWICHで打ち出されていたのは、綺麗目なコットンスラックタイプでのボルドーだ。ジャケットなどドレスアイテムに合わせるのも良いが、ローゲージのニットやブルゾンなどに合わせると品良く纏まりそうだ。

2017aw pitti

写真引用元

PITTI UOMOでは、差し色というよりボルドーを主役にコーディネートしている人を多く見かけた。写真左のように、ホワイト系のパンツと合わせるとスッキリとしたスタイリングになる。

 


今期この柄は外せない‼︎


「グレンチェック」

英国柄と言えば、このグレンチェックは外せない。スーツからジャケット、パンツと幅広く打ち出しているのが分かる。個人的にはいかにこのクラシックなアイテムを“こなれ”感を出せるかがポイントだと思う。
2017aw pitti

写真引用元

LARDINI で展開していた大柄のグレンチェック。ブルーのオーバーペーンに合わせて、インナーにブルーを用いており、目を惹くような格好良いコーディネートだ。
2017aw pitti

写真引用元

こちらはTAGLATOREからの打ち出し。ブラウンの大柄グレンチェックは同系色のタートルネックと合わせて、シックに決まっている。
2017aw pitti

写真引用元

ジャケットやコートに目が行きがちだか、重衣料だけではない。パンツなどでも単品でグレンチェックなどを打ち出している。

そもそもグレンチェック「glen check」とは…?

小さな格子が集まって大きな格子を構成した柄のこと。正式には、千鳥格子やごく小さな格子など四種の単位模様を規則的に並べ、別色の一本の格子を重ねたものをいう。

 

「ハウンドトゥース」

ハウンドトゥースと言っても柄の大小によって印象がガラッと変わることはご存知だろうか。小さめの柄だとトラディショナルな印象にあり、大柄になるほど個性が出るがスタイリッシュに決まる。柄が大きくなれば、その分、他のアイテムとの着こなしが難しくなるが、色数を絞り同じトーンで纏めるとシックに決まる。

2017aw pitti

写真引用元

L.B.M1911で展開していたハウンドトゥース柄。柄はやや大きく存在感はあるが、ブラウンとネイビーのアズーロ・エ・マローネの為、コーディネートの汎用性もお墨付きだ。

 

2017aw pitti

写真引用元

こういった英国調の柄に抵抗があるなら、ネクタイなどの小物からさり気なく取り入れるのもオススメ。こちらはALTEAからの打ち出し。

 

そもそもハウンドトゥースとは…?

主に白と黒で構成される格子縞。ハウンドは猟犬、トゥース(ツース)は歯のことで、チェックを構成している柄が犬の牙のようである事から由来している。日本ではこの柄が鳥が飛ぶように見えることから“千鳥格子”と呼ばれる。ガンクラブチェックに類似しているが、よりギザギザ感がある方がハウンドトゥースチェックだ。

 


トレンドの色や柄を取り入れた着こなし術‼︎


「グレーを使った着こなし」

2017aw pitti

写真引用元

モノトーンで纏めたシックな装いが特徴のこちらのコーディネート。チェックのパンツにヘリンボーンのコートを合わせてパターンオンパターンで着こなしているが、共に柄がかすれたような目立たない柄の為、上手くコーディネートに馴染んでいる。大判のストールをザックリ羽織ったり、ニット帽を合わせるなどバランス良くカジュアルダウンさせている。

 

2017aw pitti

写真引用元

ネイビー×グレーの基本に忠実な正統派コーディネート。デニムにタートルネックなどカジュアルなアイテムを合わせつつ、色の濃いデニムとハイゲージのタートルネックを選ぶことによって上品なコーディネートに纏まっている。チェスターコートを羽織る際は、襟を立てるだけもこなれた感じがプラスするので、是非参考にして頂きたい。

 

「キャメルを使った着こなし」

2017aw pitti

写真引用元

全体の色味をベージュ(キャメル)で統一させながら、野暮ったさを一切感じさせないコーディネート。色味は統一させているが、実は柄を用いたり、トーンに変化をさせてメリハリを付けいるのがポイント。また、ハット、シューズ、ネクタイ、(グローブ)など、しっかりと濃い色を使っているからこそ、キャメルが引き立っている素晴らしいコーディネートだ。いきなりこのコーディネートを真似するのは難易度が高いが、ブーツに合わせる際のロールアップやタブカラーシャツに合わせたVゾーンなど参考にする箇所が多いだろう。

2017aw pitti

写真引用元

細かいヘリンボーン柄に糸がミックスしたようなツイーディな生地対して、ラグランスリーブでゆったりとしたシルエットはクラシックとモダンな絶妙のバランスを体現している。後の写真でもご紹介するが、「ベージュ×ボルドー」の色の組み合わせは今季外せない色合わせかもしれない。

 

「ブラウンを使った着こなし」

2017aw pitti

写真引用元

冬の定番カセンティーノの生地は、昨今などに比べると展開数は減っているものの、定番として定着したイメージが見受けられる。ターンナップカフやフレームドパッチポケットなどスポーティな印象に仕上がるディティールはオンオフ問わず使えるポロコートのデザインだ。ブラウンで全て色味を統一しているが、コートの襟を立たせて一番上のボタンだけ閉めるなど、単調にならないようアクセントをつけているのも◎。

 

2017aw pitti

写真引用元

イタリアの代表的な色の組み合わせである「アズーロ・エ・マローネ」でシンプルに纏めつつ、存在感を放つファーのブラウンコートを主役にしたコーディネート。ファーのラグジュアリーな雰囲気とボリュームに負けないようライトグレーのストールを挟み、上手く抜け感と軽さを出している。このコーディネートでストールがないと、Vゾーンが間延びしてしまいどこか物足りない感じになってしまうだろう。

 

「ボルドー(赤)を使った着こなし」

2017aw pitti

写真引用元

さて、ボルドーを使った着こなしについてだが、pitti uomoなどではボルドーを主役にしたコートやジャケットなどを着ている人が多くいたが、実際にそれを取り入れるとなると「派手、目立つ」などのイメージが強く、抵抗がある方がほとんどではないだろうか。だとすると、どのように取り入れるべきか。それは差し色でボルドーを取り入れる事だ。そうする事により見せる分量も減り、効果的にボルドーを使う事が出来る。ビームスの高田氏はまさにお手本のようなコーディネートだろう。ボルドーに馴染みやすい同系色のベージュのトレンチをアウターに、ほかはチャコールグレーをベースにする事で、色が引き締まって見える。トレンチコートのボタンは締めず、ベルトだけで結ぶこなれ技も流石のものだ。

 

2017aw pitti

写真引用元

実は世界的なファッションシーンで見ると、ボルドーだけが注目されているのではなく、ボルドーより濃く、色の三原色である赤にも注目が集まっている。よりパキッと見える色な分、コーディネートも浮いてしまわないか心配な所だか、やはりポイントは全体の色味に馴染ませることだ。このコーディネートの場合、中間色であるグレーのスラックスとモッズコートのファーの色味が実に良い役割を果たしている。赤やボルドーに関しては、ニットやシャツ、ソックスなどに少し赤が入っているだけでも、今っぽい着こなしが出来るので、オススメ。

 

「グレンチェックの着こなし」

2017aw color

写真引用元

クラシカルなダブルブレストのスーツに、生地はグレンチェックとまさに英国を体現したコーディネート。Vゾーンであるネクタイやフラワーホールに付けたバッチ、ソックスなど差し色を赤で合わせる事で、全体の統一感が生まれている。ガチガチの英国調というよりかは、このようにどこか抜け感を作るぐらいが、コスプレ感も出ずバランスが良いだろう。

 

2017aw pitti

写真引用元

大柄のグレンチェックのオーバーコート。ここ数年の着丈の短くスポーティな印象のコートから着丈も長くクラシカルになったのも今期の特徴だろう。だが、全てをクラシックに合わせる必要はない。このコーディネートの場合、インナーもタートルネックではなくハイネック(モックネック)などで首元をスッキリさせ、足元はタッセルローファーで上手く抜け感を作っている。ソックスとニットの色味を合わせるなど抜かりのない素晴らしいコーディネートだ。

 

「ハウンドトゥースの着こなし」

2017aw pitti

写真引用元

インパクトの強い大柄のハウンドトゥースを用いたコート。ニットやパンツ、サングラスはコートの色を拾いながらオレンジ色で合わせて色味を纏めたコーディネート。このようにオレンジ系の色を拾うのも良いが、今期であれば黒のタートルネックやパンツで他をモノトーンに纏めると、よりコートの柄が引き立ち引き締まってシックに見えるのでオススメだ。

 


最後に…


やはり素材同様、今期の欠かせないキーワードは“英国調”で間違いないだろう。クラシック回帰に伴い、スーツの原点であるイギリス(英国)が外せないポイントだ。ご紹介したキーワードをあれもこれもとコーディネートに足すのは厳禁だか、どれか一つでも取り入れるとグッと今年ぽいコーディネートになるだろう。次回はトレンドの“ディテール”についてご紹介するので、どうぞお楽しみに…。

pitti uomo91

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. 10 corso como

    西武渋谷店と池袋店に再上陸!ミラノ発のセレクトショップ「10 Cors…

  2. pittiuomo

    PITTIUOMO(ピッティウオモ)92の速報。ファッショニスタ達の着…

  3. renata fashion

    RENATA(レナータ)の公式SNSについて

  4. beams house

    大人のセレクトショップ!BEAMS HOUSE名古屋店が今春オープン!…

  5. pitti uomo92

    PITTI UOMO(ピッティウオモ)92の速報。カップル達の着こなし…

  6. pitti uomo93 renata

    PITTI UOMO(ピッティウォモ)93速報。各ブランドの打ち出しア…

  7. pitti uomo93 suit renata

    PITTI UOMO(ピッティウォモ)93速報。スーツスナップからトレ…

  8. Floriwonne

    世界屈指のカラリスト「藤澤宣彰」が手掛けるパティーヌ靴の魅力