peninsula

記念日にはセレブ気分で贅沢を!ラグジュアリーホテル〜THE PENINSULA〜

死ぬまでに一度は泊まってみたい。そう思えるホテルが私にはいくつかありますが、その内の一つが「THE PENINSULA(ザ ペニンシュラ)」ホテルです。

元々、銀座、丸の内付近で仕事をしていたこともあり、日比谷(丸の内仲通り)をよく通っており、その度にホテルを眺めていました。

 


開業は1928年


写真引用元

ペニンシュラホテルの歴史は長く、1928年12月11日に開業をし、香港では最も歴史の古いホテルとなります。

 


日本では唯一のTHE PENINSULA東京


写真引用元

2007年9月に日本(東京)初進出。

重厚感のあるエントランスは、両脇に白いライオン像腰を据えがラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。

全室洋室ではありますが、和のテイストをアクセントに取り入れており、47のスイートルームを含む全314の客室から10タイプの部屋を、好みや目的に合わせて選択できます。

 

写真引用元

「デラックススイート」

皇居外苑や日比谷公園の眺望できるリビングルームの大きな2面の窓。リビングルームのほか、ベッドルーム、広いドレッシングルーム大理石のバスルームのほか、ゲスト用化粧室もあり。

一泊料金 ¥119,000〜

写真引用元

「ザ ペニンシュラスイート」

日本の伝統とモダンなデザインが融合する趣のある空間。書斎、プライベートジム、お茶室も完備しており、東京の景色を望みながらお過ごしいただく時間は至福の瞬間。

一泊料金 要問い合わせ

 


まさにセレブ気分。贅沢なサービスとは。


①リッチな送迎

写真引用元

有料となりますが、サービスの一つとして、イギリス製の高級車であるロールス・ロイスでの送迎がある。

日本でも同様の送迎が可能。⇒(無料の範囲だと制限があり、8:00~19:30までの間で、ホテル発で2キロ圏内。)

ラグジュアリーな内装で、リラックスしながら非日常の空間を味わえます。

写真引用元

また、香港国際空港より当ホテル屋上間をヘリコプターで送迎が可能。時間を効率良く使いたい方や、記念日にはサプライズとして使うのもありですよね。(日本でも屋上に成田空港との間でヘリコプターによる送迎を行うことを想定して設置されたものであるが、使用許可が下りていないため、まだ使用されていない。)

片道 22,500香港ドル(日本円に変換すると約32万円)にてご利用いただけます。

 

②疲れを癒す極上スパ

写真引用元

国内外の数々の賞を受賞しているザ・ペニンシュラ スパは、「フォーブス・トラベルガイド2017」“スパ部門”で3年連続5つ星。

仕事のことは一旦忘れて、心身共にリラックスいただける癒しの空間です。

 

④至高の美食

写真引用元

創業を100年を越える京都の老舗料亭。「つる家」。皇族をはじめ、世界中から多くのご賓客をお迎えしてきた京都岡崎の老舗料亭の味をお楽しみいただけます。また、食材にもこだわり各名産地から取り寄せた最高級食材を、素材そのものが持つ魅力を最大限に生かし調理し、四季折々の繊細なお料理が頂けます。

 

写真引用元

中国・江蘇省、蘇州の「蘇州古典庭園」の庭園様式がテーマの趣ある空間が特徴の「ヘイフンテラス」。伝統的な広東料理をご堪能いただけ、ビジネスのご接待やプライベートなお集まりに最適な皇居外苑を望む個室や、ダイナミックな調理風景をお楽しみいただけるシェフズテーブルもあります。

 


ペニンシュラ名物”アフタヌーンティー”


写真引用元

アフタヌーンティーとはイギリス発祥の喫茶習慣。その名の通り、紅茶と共に軽食や菓子を摂ること。

ペニンシュラの代名詞とも言われるほど有名であり、これだけを目的としてくる人も多いほど。

「ザ・ロビー」で提供されるクラシックアフタヌーンティーセットは、サンドイッチ、スイーツ、スコーンが3段のティースタンドに盛り付けられて提供される。

また、時間によってバルコニーより生演奏があり、優雅なティータイムを過ごすことが出来ます。

 

 

いかがでしたでしょうか。大事な記念日には是非セレブ気分になって、至高の贅沢をザ ペニンシュラホテルで味わってみてはいかが?

peninsula

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. 靴磨き

    靴磨きの極意、番外編【ハイシャインポリッシュの落とし方、手入れ方法】

  2. cabon

    ドライブがてらに!開放感溢れる!ビーチサイドカフェ「CABAN」

  3. 高級ニットを自宅で丸洗いする方法「ランドレス“ウール&カシミヤシャンプ…

  4. saul Leiter

    カラー写真のパイオニア“ソール・ライター”が遺した写真展

  5. ロードオブグッドタウン

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画「ロードオブドッグタウン」

  6. tango

    大人の隠れ家。男なら知っておきたいお洒落なレストラン。

  7. 忙しいビジネスマン必見!!東京駅で食べられる贅沢な朝食とは。

  8. Plein soleil

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画【太陽がいっぱい】