shoes care

靴磨きの極意【革靴を綺麗に磨くコツとは】

前回の第一回では【まずはこのアイテムを揃えるべし】とういう事で、靴磨きに必要なシューケア商品をご紹介させて頂きましたが、道具を持っていても、間違ったやり方で磨いても意味がない。という事で、第二回はその道具を使って靴磨きの一連の流れをご説明致します。

 

№1 靴を脱いだ後、すぐにはシューキーパーを入れない


写真引用元

シューキーパーには「乾燥・除湿」、「曲がった返りを元に戻す」などの役割がありますが、履いた直後に入れてしまうのはNG。人は思っている以上に足に汗をかき、1日でコップ一杯分の汗をかくと言われています。すなわち、いくらシューキーパーが除湿できるとはいえ、すぐ入れてしまうと乾きも遅く、カビや匂いの原因にもなります。オススメは「履いた翌日の朝に入れる」事です。そうする事により、自然に除湿もでき、中に湿気がこもることはないです。

 

№2 まずはブラシとクロスで汚れ落し


写真引用元

まずは、クリームなどを塗る前にブラシやクロスで汚れを落とします。第一回でご紹介をした馬毛ブラシは、ブタ毛や化繊のブラシに比べ毛先が柔らかい為、全体の汚れ落としに向いています。また、毛先が長いブラシだとステッチ部分やアッパーとソールの間、メダリオンの穴の中など、以外と汚れが溜まりやすい場所も丁寧にできるのでオススメです。(毎回やるのは面倒ですが、3回に1回ほどはシューレースもとってあげると、タンの部分も手入れができるので満遍なく綺麗になります。)

1.勿論、シューキーパーを入れて革を伸ばしながらやるのが鉄則です。

2.欲を言うと、ブラック、ブラウンように色を分けてブラシを使うのがベストです。

 

№3 レザーローション(デリケートクリーム)で栄養を与える


写真引用元

全体の汚れを落として頂いたら、次に革に栄養与える為、レザーローション(デリケートクリーム)を塗って馴染ませます。いくら、汚れをサッと落としただけでも、これを怠ると革の乾燥やひび割れに繋がりますので、気をつけましょう。そもそもデリケートクリームの役割とは、「人間が化粧水を使う感覚に似ており、革の保湿、乾燥から守る、その後に行う乳化性クリームの下地作り」のような意味合いがございます。履いたら毎回ではなくても、こまめに行う事が重要です。

 

1.クリームを塗る際、クロスやいらない布を使っても問題ないのですが、「直接指につけて塗ると、手の体温でクリームが温められ、革に染み込むやすくなります。」

 

№4 乳化性クリームで補色


写真引用元

デリケートクリームを塗った後は、軽くブラッシングをして、更に革全体に伸ばしておきます。その後、約5分ほど放置をしてから、乳化性のクリーム「色付き」で革の補色を行います。毎回、デリケートクリームだけだと色も少なからず抜けていきますので、定期的にデリケートをクリームを塗ったら、行いましょう。(私は3回に1回のペースで色付きのクリームを塗っています。)塗る際には一気に大量のクリームを取るのではなく、少しずつ取り、円を描くように塗り込んでいきます。

 

1.色付きのクリームは、傷がついてしまった箇所なども、目立たなくする事ができますので、そういう箇所はクリーム⇨ブラッシングの順で時間をかけて行うと綺麗になります。

 

№5 最後にブラッシングで仕上げ


写真引用元

ここまでくると後は、仕上げのブラッシングです。毛先が硬く、艶出しに向いているブタ毛を使用します。この仕上げを行わないと、クリームが残って表面が濁ってしまいます。元々、毛先が硬いブラシなのでゴシゴシ力を入れるというよりは、軽い力で優しく磨いて頂ければ十分、程よい艶がでて綺麗に仕上がります。

1.ブタ毛のブラシを最後に使用しますが、実はもう一つオススメの「山羊毛ブラシ」がございます。毛先も柔らかく、毛の密度も高い為、私の感覚ではより短時間でしっとりとした艶感がでます。(使い込んでくるとクリームが付着していくので、最初の汚れ落しの段階で、普段より綺麗に仕上がります。)

 

最後に…


いかがでしたでしょうか。やはり、足元が綺麗だとコーディネートの見え方が格段とよく見えます。それに、「靴は人を映し出す鏡」とはよく言ったもので、その人の人柄や生き方が滲み出るものだと思います。是非、丁寧に磨き、長く大切に向き合える靴にしましょう。第三回も近日中に公開予定です。お楽しみください。

shoes care

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. renata marvis

    アパレル関係者がこぞって使うお洒落な歯磨き粉「MARVIS/マービス」…

  2. blow

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画「BLOW(ブロウ)」

  3. 靴磨き

    靴磨きを始める為に必要な必須アイテム

  4. ほったらかし

    疲れを癒す絶景温泉。

  5. saul Leiter

    カラー写真のパイオニア“ソール・ライター”が遺した写真展

  6. ラ・ビスボッチャ RENATA

    広尾で味わうイタリア政府公認の本場レストラン「ラ・ビスボッチャ」

  7. renata deptyque

    女性を落とす安らぎの香り。モテる男の必需品「DIPTYQUE(ディプテ…

  8. 葉巻

    知っているようで知らない葉巻の世界