靴磨き

靴磨きの極意【ハイシャインポリッシュ】

 

第一回と第二回で靴磨きの基本を抑えていただいたかと思います。今回はそのさらに先のステップ「ハイシャイン ポリッシュ」のコツをご紹介していこうと思います。ここまで興味の出ている方は、もう靴磨きの魅力に取りつかれているはずです。ポリッシュは靴磨きの中でも、コツがわからないと難しく挫折してしまう方もいるほどです。しかし、それ故奥深く魅力があるものです。

 

第一回【まずはこのアイテムを揃えるべし】

第二回【綺麗に磨くコツとは】

 

引用

 


そもそも何でポリッシュするの?


ハイシャインとは、別名、鏡面磨きとも言いまして、様は「ピカピカに磨き上げる事」、靴の磨き方の技術のひとつです。一般的には「爪先部分など一部」を、鏡の様に光沢を与える仕上げ口紅・頬紅とかアイシャドウみたいな「メイクアップ」ようなものです。もちろん、見栄えだけでなく層を作り、皮を保護しているので細かな傷などは防ぐこともできます。

 

全体的にハイシャインをするのでは無く、爪先やヒールのみが吉です。部分的に施術し、効果的な光沢を与えてあげるのがポイントです。化粧と一緒で、厚化粧は厳禁です!!!


ポリッシュ手順


1.缶入りシューポリッシュを用意します。黒の靴には黒、茶の革には茶のシューポリッシュを使います。しみになりやすい革の場合、ポリッシュを塗るだけで色が濃くなりますので、元の色のままをできるだけ維持したい場合は、無色のシューポリッシュを使います

 

2.少量の水を用意します。たくさんの水は使いませんので、容器のふたを利用すると便利です。

 

 

3.乾いた布に、少量のシューポリッシュをとります。

 

 

4.シューポリッシュを塗っていきます。少し力をかけて、円を描きながら、つま先の先端から徐々に塗っていきます。できるだけ細かい円を描くように塗っておくと、最後につやが出やすくなります。

 

5.つやを出したい範囲にシューポリッシュを塗り終えたら、塗った部分に水を2~3滴たらします。画像のように、指につけた水をたらすと便利です。

 

 

6.塗ったシューポリッシュに、水滴を混ぜるように布で磨きます。高速&できるだけ細かい円を描きながら磨きます。多少の摩擦熱を起こしてシューポリッシュ(油)を水分で溶かして、革の表面に均一になじませます。

 

 

 

7.次に、また2~3滴の水滴をたらし,少量のシューポリッシュを布にとります。 たらした水滴と、布にとったシューポリッシュを混ぜるように、つま先の先端から塗っていきます。ここでも、できるかぎり高速&細かい円を描くように塗ることがコツです。摩擦熱+水でシューポリッシュ(油)が溶けてうまく均一に塗れます。

 

 

8.いよいよ仕上げです。ほんの少量(1~2滴)の水滴をたらします。ほとんど力をかけずに、革表面に触れる程度で、高速&円を描くように布を擦らせます。摩擦熱で、表面の凹凸が平らになってきます。みるみるツヤが出てきます。8の工程を繰り返し行うとより、輝きが増します。

 

 


最後に…..


これは、天気が良い休日にのんびりやることをおすすめします。完全に趣味の領域です。なおヒール部分にも実施していますが容量の関係でカットです。ヒールも同時に実施すると良いでしょう。

 

引用

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ishikawa burashi

    出来る男はケアを怠らない!洋服の手入れに欠かせない必需品“石川ブラシ”…

  2. 靴紐

    【今更聞けない】靴紐の種類、解けにくい結び方。靴には靴に合った結び方…

  3. shoes care

    靴磨きの極意【革靴を綺麗に磨くコツとは】

  4. cabon

    ドライブがてらに!開放感溢れる!ビーチサイドカフェ「CABAN」

  5. the sting

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画「The Sting(スティング)…

  6. renata denim

    元販売員が語るデニムのサイズ選びとお直しで失敗しない方法

  7. kattobi

    江ノ島に行ったら行きたい海鮮料理“快飛(かっとび)”

  8. 【着こなしの参考にしたい】メンズファッションのお洒落な映画まとめ