maru

バルを日本に広めた⁉︎八丁堀にあるコスパ抜群の人気バル“maru”

東京駅や銀座に近い場所にありながら、下町風情が残り、隅田川や亀島川の潮の香りが漂う街“八丁堀”。オフィス街という事もあり、通気時間や昼休み、仕事終わりになるとサラリーマンやOLが集まり活気が溢れている。そんな飲食店も軒並みならぶ八丁堀に、一際活気が溢れているお店を発見した。

 


酒好き、旨いもの好きが集う『maru』


八丁堀というワードを出すだけで「maru」の話が出るほど、この八丁堀では看板的な存在。江戸時代から続いているという老舗酒屋『宮田屋』が運営しており、1階から3階までの3フロアで構成されている他とは少し変わったお店。始まりは角打ちだったが、7代目の松沢弘一郎氏が国内外の旨い食材を探し出して提供し、現在の和洋折衷スタイルとなった。

 

Liquor shop宮田屋

maru

写真引用元

まずお店入り口は「Liquor shop宮田屋」。ワインの種類は常時400種もの数を揃え、その他日本酒、焼酎、ウィスキーなど酒類全般を置いている。また、パスタや缶詰といった海外の食材、調味料やチョコレートなどのお菓子類、さらには下町の酒屋らしい素朴なおつまみまで取り揃えており、驚くほどお値段も良心的でOLや主婦の方には勿論、飲んだ後にもついつい寄って買ってしまう。

 

 

STANDBAR MARU

maru

写真引用元

酒屋を入り、奥へと進むと一本木の長いカウンターに、奥には円形のテーブルへと繋がるSTANDBARに続いています。ラテンの音楽に、洋酒樽や丸太を重ねたテーブルなど、本場スペインを彷彿とさせる店内。最大の特徴は、隣接した酒屋で販売するワインを酒屋価格に+500円で持ち込むことができること。自分で手に取り、品種や産地などを選べる事でワインへの親しみも深まります。

maru

「旨い料理を提供し、気軽にお酒を楽しめる店」をコンセプトに、シェフ達が毎朝新鮮な食材を調達し、お酒に合う日替わりメニューを楽しむ事が出来ます。

写真引用元

 

MARU 2F

maru

写真引用元

2004年にOPENしたmaru 2F。まず驚いたのが人の熱気と活気。平日の19時頃にも関わらず、人の多さにびっくり。壁面にずらっと並んだワインとこれまで手に入れたワインのラベルがびっしりと壁に貼られてあり、店内中央には、備長炭を使った本格炭場を囲うように設えた丸いカウンター。このカウンターの目の前のグリルやらテーブルに並ぶ生ハムの原木などが食欲が唆られます。バルに不可欠な「旨くて安い酒と肴」の条件はきちんとおさえつつ、standbarの上の”座れる”店として人気を誇ります。

maru

ワインに最高に合う最高級の生ハム。

写真引用元

maru

スペインで修行したシェフが、現地レストランのレシピを再現した本場パエリア。その他にも、クレソンとアボカドのサラダやマッシュルームのアヒージョなど外せない逸品ばかり。

写真引用元

 

MARU 3F

maru

写真引用元

いよいよ最後は3階。テーブル席を中心とした作りで、メキシコの民家を模したアーチ型の天上にシャンデリア、暖かな橙色の漆喰の壁、 スペインの骨董のお蔵の扉を設えなど、一番落ち着いた大人向けの雰囲気。「いい店は、お客様によってつくられる」maruのスタンスは決して変えないスタンスが2006年にOPENして以来、下の階に引けを取らない人気店へと成長。

maru

房州産黒鮑とあおさのりのペペロンチーノ。アルデンテな麺に絡まるあおさのりが、磯の香りを感じさせます。

写真引用元

maru

豚足とトリッパのグラタン。細めのカットされたトリッパと細かくカットされた豚足。どこか懐かしい甘めの味がする逸品。

写真引用元

 

1Fが酒屋とスタンディングバー、2Fはバル、3Fがビストロと、それぞれの雰囲気を楽しめるmaru。カジュアルなデートや仕事帰りに一杯なんて、シチュエーションも様々で使い勝手が良いのも嬉しいですよね。ワイン好きにはたまらない豊富さと価格。小売価格に+500円の抜栓料のみと他のレストランではあり得ない破格で銘醸ワインを嗜む事が出来ます。是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。勿論、予約は忘れないように。

 


アクセス「問い合わせ先」


 

JR京葉線または日比谷線「八丁堀駅」B1出口よりすぐ

 

リカーショップ宮田屋
住所   東京都中央区八丁堀3-22-10 1F
営業時間 [月~金]11:00~22:00  [土]12:00~21:00
定休日  日曜祝日・年末年始
電話   03-3551-4538

Standbar maru
住所   東京都中央区八丁堀3-22-10 1F酒屋奥
営業時間 [月~金]16:30~23:00
定休日  土日曜祝日・年末年始
※ ご予約はお受けしておりません。

Maru 2F
住所   東京都中央区八丁堀3-22-10 2F
営業時間 [月~金]16:30~23:00 [第1,3,5土]16:00~23:00
定休日  日曜祝日・年末年始
ご予約  03-3552-4477

Maru 3F
住所   東京都中央区八丁堀3-22-10 3F
営業時間 [月~金]16:30~23:00 [第2,4土]16:00~23:00
定休日  日曜祝日・年末年始
ご予約  03-3552-4400

※【Maru2F】【Maru3F】の営業時間内のお電話によるご予約は当日のみ。
※【Maru2,3F】のご予約は1ヶ月前の月初めから。受付時間 [月~土]12:00~17:00
※ クレジットカードのご利用は【リカーショップ宮田屋】3,000円 から、【Maru各階】5,000円 から。

maru

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. シャロン

    大人の隠れ家、伝説のBar Lupin Ginza(ルパン銀座)

  2. 靴紐

    【今更聞けない】靴紐の種類、解けにくい結び方。靴には靴に合った結び方…

  3. 男性のスキンケアの必需品、Baxter of Calfornia(バク…

  4. jo malone

    英国の香り“JO MALONE(ジョーマローン)”の魅力とオススメアイ…

  5. omotesando

    特別な一日。青山でクリスマスにオススメな飲食店5選

  6. tango

    大人の隠れ家。男なら知っておきたいお洒落なレストラン。

  7. cordovan

    【靴磨きの極意】コードバンの革靴の正しい手入れ方法

  8. kingsman

    私が着こなしの参考にしたお洒落な映画【KINGSMAN/キングスマン】…