audemars piguet

やっぱり欲しい。エレガントとスポーティーさを兼ね備える“AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)”の時計とは。

男であれば誰しもが憧れる高級時計。それは、一種の男のステータスであり、持っているだけで男として格上げされるアイテムでもあります。皆様は時計の購入を決める時、何を基準で選んでいますか?ブランド物?細部まで拘った細かい作り込み?それとも値段?理由は人それぞれだと思いますが、高価なお金を叩いて買う時計です。何かビビッとくる物があるのではないでしょうか。今回は私が一目惚れした時計“AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)”についてご紹介したいと思います。

 


AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)の歴史


「世界三大高級時計ブランド」

PATEK PHILIPPE(パテックフィリップ)、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)に並ぶ、世界三大高級時計ブランドとして名を連ねるAUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)。どれも、歴史は深く、言わずと知れた時計の聖地である“スイスの名門”。また、オーデマピゲは創業当時から変わらないスイス・ジュラ山脈のル・ブラッシュに拠点を置き、ヨーロッパのみならず世界中のエグゼクティブ達に愛用されています。

oudemarspiguet

写真引用元

 

「代々受け継がれる家族経営」

1875年に創業して以来、一貫して家族経営を続けるオーデマピゲ。創業者は、ジュー渓谷で古くより時計職人として名をはせてきた名門一家に生まれ、クロノグラフやミニッツリピーターなどの複雑機構を得意とする天才技師ジュール=ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)氏と、その幼馴染で、時計師としての技術力はもちろん経営力や営業力にも優れた才能を併せ持つエドワール=オーギュスト・ピゲ(Edward-August Piguet)氏の二人で始まりました。自身の名前を使って設立したブランドが色々とございますが、オーデマピゲもその一つで設立者の名前を組み合わせて出来たブランドです。

audemarspiguet

写真引用元

写真左が、ジュール=ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)氏、右がエドワール=オーギュスト・ピゲ(Edward-August Piguet)氏

 


AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)の特徴


「最高の複雑時計を作る」

創業者の二人は設立してからずっと「最高の複雑時計を作る」という変わらない目標がありました。その為、創設初期に製造した製品の中には、自動調節を100年にわたって行える永久カレンダー機構や、2つの音色を用いて1分単位で時間を知らせるミニッツ・リピーター機構の備わった懐中時計、ストップウォッチ機能が備わったクロノグラフ機構など、複雑機能が1つ以上備わっていたとされています。こうした高い技術を古くから貫いてきたオーデマピゲは次第に、世界中に知れ渡る高級時計として人々を魅了するようになりました。

audemars piguet

写真引用元

 

「全ての常識を打ち破る」

1972年、オーデマピゲは現在の地位を確立したと言っても過言ではない「ロイヤル・オーク」の発表を致しました。世界で最も薄いセンターローターの自動巻ムーブメント。8本の六角形のネジで留められた八角形のベゼル。ダイ ヤルにはギヨシェ彫りによって施されたタペストリー模様。ケース一体型のブレスレット。他に並ぶべきもののない、ロイヤル オークの発表があらゆる常識を覆しました。

audemars piguet

写真引用元

 


AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)のモデル


「ロイヤル・オーク」

audemarspiguet

写真引用元

ラグジュアリーなスポーツウォッチとして絶大な人気を誇り、オーデマ・ピゲを代表する永遠の定番作品「ロイヤルオーク」。パテック・フィリップの「ノーチラス」やロレックスの「オイスタークオーツ」、カルティエの「パシャ」、ブルガリの「ブルガリ・ブルガリ」など様々な名品を手掛けてきた伝説のデザイナー“ジェラルド・ジェンタ氏”によってデザインされました。当時、高級腕時計といえば金が主流であった高級腕時計に、ステンレススチール製のブレスレットとケースを採用し、世界を驚かせたといわれています。

 

「ジュールオーデマ」

audemars piguet

写真引用元

創業者であるジュール=ルイ・オーデマの名前が用いられている、オーデマピゲの名品。クラシックかつスポーティーな印象で、シンプルなモデルから超複雑時計とされるグランドコンプリカシオンモデルまで幅広く展開されているモデルです。

 

「ミレネリー」

audemars piguet

写真引用元

2000年のミレニアムイヤーに初期モデルが発表された「ミレネリー」。見た目に目がいきがちだが、精度にも拘りを持ち、独創的な三次元空間を演出したスケルトン仕様の文字盤から、脱進機の立体的な動きを存分に堪能できる。日本人時計師である浜口尚大氏が設計責任を務めたムーブメント「Cal.4101」を搭載し、高い耐久性や精度を感じる究極のラグジュアリー時計となっています。

 


AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)の愛用者とは


“サッカー選手 リオネル・メッシ”

audemasr piguet

写真引用元

 

“テニス選手 ノバク・ジョコビッチ”

audemars piguet

写真引用元

 

“バスケットボール選手 レブロン・ジェームズ”

audemars piguet

写真引用元

 

ラグジュアリーかつスポーティーなモデルが多いオーデマピゲ。ご覧の通り、各スポーツを代表する選手から特に愛用されているのが分かります。

 


AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)の取扱店


audemarspiguet ginza

写真引用元

【オーデマ ピゲ 銀座ブティック】

住所 : 〒104-0061 東京都中央区銀座6-5-13

電話番号 : 03-6830-0788

営業時間 : 11:30〜19:30

定休日 : 水曜日

 

audemarspiguet osaka

写真引用元

【オーデマ ピゲ 大阪ブティック】

住所 : 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-6-9 心斎橋福穂ビル

電話番号 : 06-6214-5401

営業時間 : 10:00〜20:00

定休日 : 無休

 

銀座と大阪のオーデマピゲブティックを始め、THE HOUR GLASS(ザ アワー グラス)銀座店、YOSHIDA(ヨシダ)渋谷店、高島屋 東京・日本橋店、BEST新宿本店、松阪屋・名古屋店、アイジュエリーウマキ岡山店、EYE EYE ISUZU(香川店)、クリア(CLEAR)三重店、博多阪急店、大丸福岡天神店、ISHIDA N43°(北海道店)など、全国各地の百貨店や高級時計を取り扱う店舗に展開があります。

 

公式サイトはこちらから→audemarspiguet.com


最後に…


いかがでしたでしょうか?作り込みや機能面は勿論ですが、純粋に理屈抜きで格好良いと思える時計です。元々、何も知らず一目惚れした時計でしたが、歴史や背景を知ったら、益々欲しくなってしまいました。私はこのオーデマピゲのロイヤルオークを手に入れるまでは、ずっと忘れられず恋心のようなものを抱いている気がします。笑

oudemars piguet

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. PATEK PHILIPPEに惹かれる男達

  2. eye wear renata

    意外と知らない眼鏡の形。あなたに似合うタイプはどれ!?

  3. fox umbrellas

    出来る男の必需品。紳士が持つべき“FOX UMBRELLAS(フォック…

  4. burton perreira

    拘りのMade in Japan“BARTON PERREIRA”の眼…

  5. omega

    出来る男の必需品。OMEGA(オメガ)の魅力と特徴、歴史を徹底解説。

  6. iwc

    出来る男の必需品。IWCの魅力と特徴、歴史を徹底解説。

  7. アラルディ

    出来る男の必需品。四代続く伝統技術、ARALDI 1930(アラルディ…

  8. tomwood

    様々なスタイルに合わせやすいTOM WOOD(トムウッド)のリング