renata ホワイトジャケット 着こなし

ホワイトジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

最近、セレクトショップでは”ホワイトジャケット”をよく見かけますよね。キザになりそうな雰囲気でいまいち合わせ方も難しい。取り入れずらそうな色味のアイテムですが、ポイントを押さえれば上品で爽やかなモテファッションへ昇華させることが出来ます。今回はホワイトジャケットの着こなし術をご紹介したいと思います。

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

 

着こなし「ブルーで合わせる」


『ホワイトジャケット×ネイビーパンツ×小紋柄ネクタイ』

引用

まずはこちら。ブルー×ホワイトは鉄板の合わせですがジャケットにホワイトを持ってくる場合は「白と青」のみで統一させるのが味噌。トレンドでもあるマリンの様な雰囲気も演出することが出来て、GOODです。靴の色はネイビーorブラウンがマストです。ブラウンを合わせる場合は深い色合いのブラウンを合わせるほうが足元を引き締められるのでおススメです。

 

『ホワイトジャケット×ネイビージレ×ストローハット』

引用

ホワイトジャケットは膨張色なのでどこかにコーディネートを引き締められるポイントを作るとまとめやすいです。全体をブルーでまとめつつもベストはネイビーで引き締めてコーディネートがぼやけない様にしています。ハットのリボンやポケットチーフなど、細かい所まで気の利いた参考になるスタイルです。

 

着こなし「モノトーンで合わせる」


『ホワイトジャケット×ブラックネクタイ×サングラス』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

お二方ともセットアップの様に見えて、デニムで合わせたスタイル。同じ色合いでも素材感を変えて、メリハリをつけてあげるだけでセットアップよりもカジュアルな印象になります。ネクタイやサングラス、視点の集まるポイントに濃色をチョイスする事でホワイトジャケットに視点を向けない様にしています。又、顔周りが引き締まって見えるので小顔効果も期待できるでしょう。

 

『ホワイトジャケット×スカーフ×グレースラックス』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ホワイトジャケットにグレーを合わせるスタイルは個人的に最も好みなコーディネートです。合わせるアイテムの色の影響を受けやすいホワイトジャケットは無彩色で合わせる事でシックで都会的な印象を簡単に作ることができます。シャツの中のスカーフやサングラスで引き締まる色を用いているので上半身もぼやけないコーディネートとなっています。

 

着こなし「デニムで合わせる」


『ホワイトジャケット×ダンガリーシャツ×デニム』

引用

デイリーに合わせるならデニムは鉄板です。ブルーといえば”デニム”ですが、デニムはホワイトジャケットとの相性は抜群です。一番合わせやすいのはこちらの合わせ方になります。デニムのラフさとホワイトジャケットのキザな雰囲気がちょうどバランスが取れるのです。デニムパンツをわせる場合はサイズ感を意識してください。白は膨張色の為に、デニムにボリュームのあるものをチョイスしてしまうとバランスが取れなくなってしまいます。

『ホワイトセットアップ×デニムシャツ×シングルモンク』

引用

ストライプ柄のホワイトセットアップの様な主張の強いアイテムにデニム特有の野暮ったさが上手く中和しバランスの取れたコーディネート。ジャケットの袖を捲り手元をスッキリさせ足元と首回りも肌を見せる様に着こなす事で白の面積を減らし、全体的にカジュアルダウンさせています。夏場は気温が高いので真似したいテクニックの1つです。

 

着こなし「挿し色をいれる」


『ホワイトジャケット×グリーンネクタイ×グレースラックス』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ホワイトジャケットでタイドアップする際も色数は使いすぎない様に“挿し色”程度がオススメです。色を使いやすいポイントはポケットチーフやネクタイなどの小物が取り入れやすいでしょう。昨今のトレンドを加味するのであればあまり発色の強い物より、くすんだ色合いのトーンを合わせた方がバランス良く合わせる事ができるでしょう。

 

『ホワイトジャケット×ポケットチーフ×デニム』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ホワイトジャケットに発色の良いネクタイを合わせたい場合はノーネクタイでポケットチーフでとりいれると悪目立ちせずに合わせる事が出来ます。このコーディネートの様にトーンの抑えたアイテムだ合わせた場合、ワンポイトがお洒落で全体が華やかになります。同時に夏場などは季節感も出しやすいのでポケットチーフで色を取り入れる事はオススメです。

 

着こなし「柄で合わせる」


『ホワイトジャケット×柄パンツ×カットソー』

引用

リゾートで合わせるならカットソーに柄パンはいかがでしょうか?ホワイトジャケット特有のラグジュアリーな雰囲気に陽気な柄パンは相性抜群です。インナーもカットソーを合わせることでグンとリラックスした雰囲気を演出することが出来ます。カットソーは”ヘンリーネック”などを選択すればコーディネート全体のバランスはとりやすいと思います。

 

『ホワイトジャケット×小花柄シャツ×グレージュパンツ』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

前回のスナップはリゾートスタイルでしたが今回は秋にオススメしたい落ち着いた柄を取り入れた着こなし。インナーを柄物にした場合はパンツも同色の物で合わせるとホワイトジャケットに綺麗に馴染ませる事が出来ます。今回のスナップではシューズやベルトをブラックでまとめていますがブラウンで合わせればより季節感の出る着こなしになるでしょう。

 

着こなし「カットソーで合わせる」


『ホワイトジャケット×カットソー×デニムスラックス』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ホワイトジャケット特有のキッチリとした雰囲気もカットソーを合わせる事で打ち消す事が出来ます。ホワイトジャケットにホワイトのカットソーを合わせていますがオフホワイトとホワイトで組み合わせる事で奥行きを演出しています。これだけ上半身を傍聴色でまとめているのでパンツや小物はシックなネイビなどで合わせると良いでしょう。

 

『ホワイトジャケット×グレーカットソー×プリーツパンツ』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

初夏はこんなクールなホワイトジャケットスタイルはいかがでしょうか。グレーのカットソー、チャコールグレーのトラウザーズ、ブラックのサンダルと足に向かう様グラデーションをつけています。こうする事で視線が自然に上から下へ流れるのてまホワイトジャケットの雰囲気を和らげる事が出来ます。バッグも同色のベージュを取り入れている事で全体の雰囲気を格上げしています。

 

着こなし「スニーカーで合わせる」


『ホワイトジャケット×ベージュパンツ×スニーカー』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ベージュ、グレー、ホワイトと淡い色でまとめあげたイタリア人らしいコロニアルスタイル。こういったスタイルに合わせるのであればオフホワイトのジャケットがオススメです。また、こういった淡いコーディネートする際は秋口がピッタリですが夏に日焼けをしておく事でさらに雰囲気を格上げする事が出来ますら、このコーディネートでもバッグ、ポケットチーフ、サングラスでネイビーを取り入れ、野暮ったさの中に都会的な印象を取り込んでいます。

 

『ホワイトジャケット×ネイビーシャツ×レザースニーカー』

renata ホワイトジャケット 着こなし

引用

ホワイトジャケットにホワイトスニーカーを合わせた王道スタイル。ホワイトとネイビーのみで合わせられたコーディネートでちょっとしたディナーなどで真似したいコーディネートです。スニーカーを上手く合わせるポイントはインナーです。インナーが襟付きのシャツならレザーのスニーカーを。カットソーで合わせる場合はキャンバス地の物が相性抜群です。素材に応じてバランスを見てあげるだけでコーディネートの雰囲気を数段格上げする事が出来ます。

 

ホワイトジャケットのオススメブランド


「チルコロ」

引用

引用

快適な着心地にこだわるチルコロから、春夏シーズン向けの新作ジャケットが到着。表地にはストレッチの効いたコットンピケを使用したダブルジャケットです。フォーマル感の高いダブルジャケットをコットンピケにすることで、ドレスダウンも愉しめる一着。ピークドラペル、6つボタン、バルカポケット、左右にはパッチポケットが付いています。メタルボタンが前合わせやカフスに使われているのもポイントです。ダブルジャケットには珍しいストレッチ素材と細身のシルエットで、モダンな着こなしに最適な新作ジャケット。ドレスシャツにタイドアップはもちろん、あえてカットソーにショートパンツというような着まわしもおすすめです。

 

最期に・・・

 

手が出しにくい印象だった、ホワイトジャケットも合わせ方次第でとてもかっこよく仕上げることが出来ます。トレンドに応じて雰囲気をガラッと変える事が出来るのも魅力の1つです。後は、どう汚さないかが肝心ですね・・・。私は、一昨年買ったラルディーニのホワイトジャケットはコーヒーをこぼしてゴミにしてしまいました(笑)今年買ったチルコロは汚さずに着るのが今期の私の目標です。

renata ホワイトジャケット 着こなし
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ“LucaRubinacci(ルカルビナッチ)”着こな…

  2. RENATA バブアー

    BARBOOUR(バブアー)の種類とお洒落な着こなし方【メンズコーディ…

  3. renata スプリングコート

    春の大本命!!モテる大人が選ぶスプリングコートのオススメ特集&着こなし…

  4. B.RONLINE

    大人の為のセレクトショップ、B.R.SHOP(ビーアールショップ)とは…

  5. ファッショニスタ、小木”Poggy”基史(ユナイテッドアローズ&サン…

  6. renata マリアーノディヴァイオ

    ファッショニスタ“Mariano di Vaio(マリアーノ・ディ・ヴ…

  7. fabio attanasio

    ファッショニスタ“Fabio Attanasio(ファビオ・アタナシオ…

  8. alan see

    ファッショニスタ“Alan See(アレン・シー)”