sovereign house

東京、丸の内の高感度セレクトショップ“THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)”とは。

メンズ、レディース問わず、子供から大人までの様々なブランドやレーベルを展開し、日本のアパレル業界を牽引する“UNITED AROWWS(ユナイテッドアローズ)”。この数多くのブランドは全国展開をして、規模を拡大している中、日本で唯一東京”丸の内”の1店舗のみにお店を構え、本物の男達が集まるセレクトショップがあります。そう、”THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)”です。メンズクロージングに特化し、最高峰のオリジナルレーベルであるSOVEREIGN(ソブリン)を主に扱い、世界の名品を取り揃えたセレクトショップ、”THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)”を本日はご紹介したいと思います。

 


THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)とは?


『男の美意識に共鳴する、選りすぐったこだわり。プライベートな時間と空間の中に自分を置く心地よさ。その大切な時間や空間を自分で作ってゆく奥深さ。「THE SOVEREIGN HOUSE」は、大人の男の悦び、遊び、ゆとり、驚き、共鳴、感動をお伝えしていく』をコンセプトに世界中の名だたる名品ばかりを取り揃え、『the house of quality & spirit 』=『最高の品質(quality)と気高い魂(spirit)によって完成された商品』という考え方のもと、大人の男の豊かなライフスタイルを提案する、ユナイテッドアローズのメンズクロージングの最高峰に位置付けられるレーベル。

元々は1997年に銀座並木通りにオープンしたが、2003年に現在の場所である丸の内に移転してきた。勿論、軸はクラシックを基本に、国内外のトップファクトリーブランドから生み出される上質なモノ、セレクトショップの範疇には収まらない一流品の数々を展開しています。

写真引用元

また、このTHE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)の最大の特徴は、何と言っても、これからご紹介する2ブランドショップ・イン・ショップとして展開している事であろう。同一店舗に、ドレスやカジュアルなどの違うテーマをそれぞれ展開して、それぞれの世界観を見事に表現し、融合させている。


LIVERANO & LIVERANO(リヴェラーノ・リヴェラーノ)


Liverano&Liverano(リヴェラーノ・リヴェラーノ)は、1948年にイタリア・フィレンツェにてリヴェラーノの兄弟によって創業された老舗テーラーブランド。フィレンツェの伝統的なスタイルを守りながら、イタリア紳士を唸らせる、格式高く洗礼されたスーツは、まさに大人の男のたどり着く所とも言えるだろう。ビスポークに目が行きがちですが、デニムやシャツ、ブルゾン、ネクタイ、ポケットチーフと既製品も展開しており、カジュアルなアイテムですら、気品よく見えるのは、リヴェラーノならでは。年に数回開催される、来日のオーダー会があり、イタリアまで行かなくとも、リヴェラーノ氏本人からオーダーをお願いできるのも魅力の一つである。

Liverano&Liverano(リヴェラーノ・リヴェラーノ)についての記事はこちらをご覧下さい。

写真引用元


SLOWEAR(スローウェア)


ソブリンハウスのカジュアル部門の軸として、大人の休日スタイルを提案するのが、このSLOWEAR(スローウェア)。「GLANSHIRT(グランシャツ)」「INCOTEX(インコテックス)」「MONTEDORO(モンテドーロ)」「ZANONE(ザノーネ)」の4ブランドが、共通するテイストやクオリティをかかげ、“それぞれの専門分野で最良のものを創る”という哲学の下に集う「SLOWEAR(スローウエア)」グループ。トレンドに左右されることのない、上質な素材を用いた長く愛せるデザインと確かな製品づくりを追及している。

SLOWEARについての記事はこちらをご覧下さい。

写真引用元

 


オススメのオーダー会やPOP UPイベント


“Bellago(ベラーゴ)”

イタリア語のBELLA(素晴らしい、美しい)+AGO(針)という言葉を組み合わせて名づけられたブランド。神戸の鞄・革小物の工房で、「美しく、つよく、響くモノ」を製作コンセプトに掲げて作られる作品は、デザイン性や素材の持つ雰囲気、そしてテクニックのバランスを考え表現されています。主に、ビジネスバッグ、カジュアルバッグ、革小物(財布や名刺入れなど)と、バリエーションを豊富にオーダーが楽しめる。

写真引用元

“JOHN LOBB(ジョンロブ)”

ソブリンハウスでは一年に一度開催される、“JOHN LOBB by request fair(ジョンロブ バイ リクエスト フェア)”。数ある現コレクションまたはアーカイブコレクションから、お好みのモデルをご要望に合わせて、1足からオーダーしていただけるサービス。ジョンロブが提案するスタイルのなかから、お好みの素材、色、ディテールを選択いただくことができるほか、今では廃盤となってしまった人気モデルの一部を復刻オーダーすることも可能。フェア期間中に限り、オーダー通常時にかかるアップチャージ30%がサービスでオーダーできるのも、魅力的である。

写真引用元

“ANTIQUE WATCH FAIR(アンティークウォッチフェア)”

1940年代から1980年代にかけてのアンティークウォッチを集め、スタンダードでクラシックなデザインのモデルから、少しマニアックなスポーツウォッチまでを揃えての期間限定POP UPイベント。メンズだけでなく、ウィメンズウォッチも稀に開催するという。女性と一緒にお買い物が楽しめたり、特別なプレゼントとしても大人の男ならではのチョイスですよね。

写真引用元

 


主な取り扱いブランド


ALDEN(オールデン)

CHARVET(シャルベ)

CESARE ATTOLINI(チェザレ アットリーニ)

CRUCIANI(クルチアーニ)

EDWARD GREEN(エドワード グリーン)

ERRICO FORMICOLA(エリッコ フォルミコラ)

FRAY(フライ)

FOX UMBRELLA(フォックス アンブレラ)

GLANSHIRT(グランシャツ)

INCOTEX(インコテックス)

John Lobb(ジョンロブ)

LARDINI(ラルディーニ)

LIVERANO & LIVERANO(リベラーノ・リベラーノ)

MONTEDORO(モンテドーロ)

PT01(ピーティーゼロウーノ)

ROTA(ロータ)

SARTORIO(サルトリオ)

ZANONE(ザノーネ)etc…

 


アクセス


THE SOVEREIGN HOUSE(ザ ソブリンハウス)

住所 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F

電話番号 : 03-6212-2150

FAX番号 :03-6212-2152

営業時間 : 11:00~20:00

定休日 : 無休(年末年始を除く)

サイト: http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/

 


最後に…


店内のファサードには御影石やライムストーンを配し、レジに続くストレートには大理石など。石の存在感を前面に打ち出したのは、和の雰囲気を意識して作ったのこと。一見高級感溢れるこのお店は、敷居が高く感じてしまいがちだが、販売スタッフの方の丁寧な対応や心地よい空間は、また行きたいと思わせるセレクトショップです。このソブリンハウスには男心をくすぐるアイテムが沢山あり、ファッションに対する情熱や夢とロマンがぎっしつ詰まっている。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. clutch bag

    コーディネートをスマートに見せるクラッチバッグのオススメブランド10選…

  2. ファッショニスタThe Armoury“MarkCho(マークチョー)…

  3. ムートンコートのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  4. leather

    一生着れるライダースのオススメブランドまとめ【編集部のすゝめ】

  5. ボーダーのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  6. エストネーション

    圧巻の空間。セレクトショップESTNATION六本木ヒルズ店とは

  7. lardini

    LARDINI(ラルディーニ) 直営店が日本・東京へ初出店!!

  8. kaga kenji

    ファッショニスタ“加賀健二”(セブンフォールド)着こなし術