slowear

大人の休日スタイルはここで揃えるべし!大人が選ぶお店“SLOWEAR(スローウェア)”とは

皆様は休日どんな格好をされていますか?大人の男性。それもビジネスマンであれば普段、仕事でスーツやジャケットを着るのは当たり前ですよね。仕事での制服(スーツ、ジャケパン)など決められたスタイルがあれば、コーディネートもあまり悩まず、洋服を選ぶことが出来ますが、いざ休日になると途端に何を着ていいか分からない、という方が多くいらっしゃるのを聞きます。仕事服にお金をかけるのも勿論大事ですが、休日のスタイルに気を使ってこそ、ライフスタイルが豊かになるのだと思います。本日は、そんな大人の男性が休日に着たい服を沢山取り揃えているお店“SLOWEAR(スローウェア)”をご紹介したいと思います。

 


THE SLOWEAR(ザ スローウェア)とは…?


“すたれないファッション”

を軸に丁寧な仕立て、抜群の着心地、生地の質の良さで、気まぐれなつかの間の流行に惑わされず、いつまでも末永く着続けられるアイテムのみを厳選し、後にご紹介する4ブランドを展開するグループ。スローウェアグループは60年以上商品開発と製造への研究に意欲的に取り組み、外見の美しさだけではなく長持ちで信頼性の高いアイテム作りを目指している。更には、世代を超えて自らのルーツを大事に守り、細部まで行き届いた仕立ての良さを受け継ぐ過去の伝統と、将来的に欠かせない創意あふれる工夫と斬新さが絶妙に融合されています。

写真引用元

写真左がSLOWEAR(スローウエア)オーナーのRoberto Compagno(ロベルト・コンパーニョ)氏

写真右がSLOWEARJAPAN(スローウェアジャパン)代表取締役社長の鈴木雄一朗氏

 


SLOWEAR(スローウェア)が誇る4大ブランドとは?


“INCOTEX(インコテックス)”

写真引用元

SLOWEARの始まりであるブランド“INCOTEX(インコテックス)”。1951年Venezia(ヴェネチア)にてカルロ・コンパーニョ氏が設立したパンツ専業のブランド。SLOWEARが“究極のパンツ”と称する程、レディメイドの最高峰クラスのパンツ。特徴は何と言っても、履き心地の良さと、幅広いコーディネートに対応できる汎用性。スキン・スリム・レギュラーなどシルエットによって、素材選びも工夫をし、それぞれに適した履き心地を実現させています。

 

“ZANONE(ザノーネ)”

写真引用元

1986年イタリアにてアルベルト・ザノーネ(Alberto ZANONE)氏が設立したのニットブランド。創業時より変わらない、徹底したクオリティ管理への姿勢は、珍しく高貴な素材の良さを画期的技術で最大限に引き出し、シンプルで無駄のないデザインの本格派アヴァンギャルドニット商品を取り揃える。コットン・リネン・ウール・カシミア・シルクなどの自然素材をメインに、メリノスウール、ジーロング、ヤク、カシミヤ、シルク、デニムといった最高品質の原材料を集結させて、独創性の高い現代的なアイテム作りのための紡績加工と染めを手がけは、絶妙なバランス感覚とセンスの良さを発揮しています。

 

“GLANSHIRT(グランシャツ)”

写真引用元

1960年代、ヨーロッパ有数のバカンス地で、訪れた多くの画家や芸術家・政治家などのVIPたちが、あまりの着心地の良さに、好んで着ていたのがこの“Glanshirt(グランシャツ)”。ヴェネチアで創業して以来、軽快な洗練されたスピリットで、記憶から消し去られることのない「甘い生活」や’60年代のデザイナーズブームなど、歴史や環境からインスピレーションを汲んだイタリアンスタイルを体現したデザインはヴィンテージの引き立つセンス、上品な生地、着心地の良さを感じます。ナポリのシャツほど押し出しが強くなく、肩の力を抜いたようなリラックス感ある雰囲気が特徴的。

 

“MONTEDORO(モンテドーロ)”

写真引用元

1958年のイタリアにて設立された“MONTEDORO(モンテドーロ)”。設立当初は「都市におけるスポーツウェア」をコンセプトにレインコートをメインに作っており、970年代にはジョルジオ・アルマーニからデザイン提供を受け生産委託を担うなど、その技術力は高く評価されていました。スクータージャンパー、トラベルジャンパー、さまざまな合わせ方が楽しめるエレガントなジャケット、日々仕事で都市を縦断もする反面、プライベートは週末にも適合するよう考案されたカジュアルなアイテムなどを取り揃えています。

 

この4ブランドを展開して、SLOWEARグループはトレンドに左右されることなく、上質な素材をもちいた“長く愛せる”デザインと確かな製品づくりでヨーロッパを中心に世界中で愛され、現在30ヵ国以上での販売を展開しています。


オススメアイテム


“INCOTEX(インコテック)”

SLIM FIT コットンノープリーツパンツ

写真引用元

休日のコットンスラックスは定番ですよね。Oプリーツを選べば、スポーティー且つ腰回りもスッキリ見えるシルエットでスマートに見えます。思い切ってカラーパンツなどいかがでしょうか。

 

“ZANONE(ザノーネ)”

ニットブルゾンKYOTO

写真引用元

休日といえばニット。ZANONEの人気モデルKYOTO(キョウト)は、カットソーにデニムを合わせて男らしく合わせても良いですし、上記のコットンスラックスにカジュアルシャツを合わせて、ウィンドウショッピングなどにお出掛けの際に羽織る一枚として最適です。

 

“GLANSHIRT(グランシャツ)”

カジュアルコーデュロイシャツ

写真引用元

ドレススタイルと抵抗なく差別化を図るなら、シャツの素材感と柄選びが重要です。秋冬であれば、上のようなコーデュロイシャツを一枚で腕まくりして、お召しいただいても良いです。ちょっと派手かな?くらいの柄を選ぶ方が、休日のコーディネートに新鮮さとスパイスを与えてくれます。

 

“MONTEDORO(モンテドーロ)”

2Bジャケット ニットルックバスケット織り

 

写真引用元

休日といえども、ランチやディナーなどお食事の際ジャケットがないと心もとない。と感じる方も少なくないはず。そんな時は、ニット素材で抜け感を作るとバランスが取れます。このベージュのジャケットは春先の陽気な天気の際、お花見や、テラスでお食事なんてシーンが勝手に妄想を膨らませます。

 


アクセス


写真引用元

OFFICINA SLOWEAR(オフィチーナ スローウェア)

住所 : 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1 ガレリア 1F

電話番号 : 03-6721-1583

営業時間 : 11:00~21:00

定休日 : 無休

サイト : slowear.com

写真引用元

THE SLOWEAR STORE(ザ スローウェア ストア)

住所 : 兵庫県神戸市中央区明石町40番地 大丸神戸店6階

電話番号 : 078-331-5205

営業時間 : 10:00〜20:00

定休日 : 無休

 


最後に…


いかがでしたでしょか。大人の男性が休日にカジュアルすぎるスタイルはナンセンスです。仕事着のドレススタイルから一変、休日にはスマートカジュアルで、ラフなエレガンスを表現するのも大人の魅力を倍増しますよ。休日だからこそ、素材や形に拘ったアイテムをSLOWEARで選び、リラックスしてみては?

slowear

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ”Roberto Mararo”(ロベルトマラーロ)着…

  2. fabio attanasio

    ファッショニスタ“Fabio Attanasio(ファビオ・アタナシオ…

  3. shirts

    第一弾!ビジネスマンにオススメのコスパ抜群のドレスシャツ!

  4. グローブ

    【クリスマスギフト】大人の男性に贈りたいグローブ特集

  5. ファッショニスタ“鴨志田康人”(ユナイテッドアローズ)着こなし術

  6. シャロン

    南青山のセレクトショップ、Sharon(シャロン)とは?

  7. beams house

    大人のセレクトショップ!BEAMS HOUSE名古屋店が今春オープン!…

  8. greysuit

    グレースーツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】