leather code

レザージャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

モードやストリート、ドレスとどのファッションジャンルにおいても欠かせない存在である「レザー」アイテム。男は誰しもが憧れる「普遍的で男臭い」アイテムの一つではないでしょうか。そこで今回は、“レザージャケット”にフォーカスをして着こなしをご紹介したいと思います。

 


着こなしポイント.1 カットソースタイル


“レザージャケット×オールブラックコーデ”

leather code

写真引用元

レザージャケットをオールブラックで纏めたコーディネート。全身を黒で纏めつつ、インナーをカットソーにする事で軽さを出し、ニット帽を被る事でハード過ぎない程よいカジュアル感を演出していています。 こういった着こなしの上に、顔の髭がより一層男臭さやワイルドさを感じる格好良いコーディネートですね。

 

“レザージャケット×スラックス”

leather code

写真引用元

レザーを着こなす上で、良く見かけるスタイルはこの全身を黒から白で合わせたモノトーンが一番多いのではないでしょうか。インナーのカットソーは深めのVネックにするの事で、男らしい印象+リラックスした雰囲気が漂います。また、パンツをデニムなどではなく、グレーのスラックスを合わせる事で、コーディネート全体を上品に見せているのもポイントです。

 

 “レザージャケット×ホワイトTシャツ”

leather code

写真引用元

重厚感のあるレザーは、どうしてもコーディネート自体が重く見えてしまいますが、こういったときに使えるのが、カットソーとスニーカーです。それも、色も白でをチョイスする事で、程よい抜け感と軽さを出す事が出来るんです。このコーディネートの場合、ダブルのレザージャケットにキルティングなどが施された重厚感のあるアイテムですが、軽いアイテムと色を選び、パンツもロールアップをし、踝を見せる事でスッキリとしたスタイリングに纏めています。

 

“レザージャケット×ホワイトパンツ”

leather code

写真引用元

レザージャケットにブルーデニムと普遍的な合わせも、首元にスカーフをプラスするだけで、華やかさとモダンさがプラスされます。全体的にピタッとなり過ぎないレザージャケットやカットソーのサイズ感に加え、少し短く合わせたパンツの丈感などバランスが素晴らしい。スカーフの色とスニーカーの色をリンクされて統一感を出すなど、ワンポイントである悪目立ちしないようしっかりと工夫しているのが分かります。

 


着こなしポイント.2 シャツスタイル


“レザージャケット×ホワイトシャツ”

leather code

写真引用元

男臭いレザージャケットもインナーに白シャツを合わせると、綺麗目なスタイリングに纏まります。シンプルにモノトーンで纏めているからこそ、サイズ感や合わせる小物が重要になりますよね。バッグはカチッとしたブリーフケースを合わせるなど、ジャケット感覚にレザージャケットを羽織り、ドレス寄りにコーディネートしているのが分かります。

 

“レザージャケット×ブラックシャツ”

leather code

写真引用元

先程の白シャツを合わせた着こなしとは打って変わって、シャツを合わせていてもドレスではなく、ハードに見えるオールブラックコーディネート。よく見ると、レザー、シャツ、パンツと全て柄やキルティングなどを施したパターンオンパターンのコーディネートですが、異素材を上手く合わせて、ごちゃごちゃしたように見せないようにしています。また、全身を黒で纏めているからこそ際立つ、クリアフレームのサングラスが良いアクセントになっています。

 

“レザージャケット×チェックシャツ”

leather code

写真引用元

レザージャケットにチェックシャツ合わせて、アメカジ寄りのテイストに合わせたコーディネート。チェックシャツもあえて釦を多めに開けて、カットソーを見せるレイヤードテクニックなど、普通のようで実は計算された着こなしとなっています。レザーにブーツと廃らないスタイルですが、ファーがあるだけで、柔らかい雰囲気となり、季節感がプラスされています。

 


着こなしポイント.3 パーカースタイル


“レザージャケット×パーカー”

leather code

写真引用元

レザーにパーカーと聞くと、若い人が着るアメカジのイメージが強いですが、そんな事はありません。このコーディネートのように、色数を絞り、しかも濃い色で纏める事で、子供ぽく見せないようにしています。また、色も黒で統一するのではなく、黒に近い濃紺のパーカーやカットソーを合わている為、モードに偏り過ぎないよう工夫をしています。手に持ったタータンチェックのストールなど、ポイントで柔らかくなるアイテムを合わせるのもオススメです。

 

“レザージャケット×ダメージデニム”

leather code

写真引用元

ブラックのレザージャケットに対して、ウォシュのかかったブルーデニムを合わせたコーディネート。上下で色のコントラストをつけつつ、レザーのインナーには白のカットソーとグレーのパーカーなど薄い色で纏めている為、全体的に程よく柔らかい印象を醸し出しています。膝に空いたパンツのダメージや踝を見せるロールアップ、パーカーのジップをあえて閉めないなど、抜け感やこなれ感を作るのが上手い着こなしです。

 


着こなしポイント.4 ニットスタイル


“レザージャケット×タートルネック(オールブラック)”

leather code

写真引用元

レザージャケットを着こなす上で、先程からご紹介している全身を黒で纏めたオールブラックコーディネート。ドレスシャツの着こなし同様、タートルネックは綺麗目に見せる事が出来、全体的に上品にコーディネートが纏まります。レザージャケットのスタッズやジップなどに施されたシルバーと、ウォレットチェーンが程よいアクセントになり、着こなしにメリハリを付けてくれます。

 

“レザージャケット×ホワイトパンツ”

leather code

写真引用元

こちらも同様にレザージャケットにタートルネックを合わせたコーディネート。ただ、同じアイテムを使用しても、選ぶ色が違うだけで雰囲気がガラッと変わります。レザー自体に存在感が強いレッドを使っている為、ニットはグレー、パンツは白と無彩色を合わせて、上手く引き算したコーディネートです。ツイードのハンチングやティアドロップのサングラスなど、個性が光る着こなしです。

 

“レザージャケット×チェック柄パンツ”

leather code

写真引用元

 


着こなしポイント.5 タイドアップスタイル


“レザージャケット×グレースラックス(タイドアップ)”

leather code

写真引用元

抵抗のある方が多いかもしれませんが、近年良く見るレザージャケットにタイドアップをしたコーディネート。ウールのスラックスに白シャツとレザー以外は、全てドレスに固める事で、タイドアップだけが浮かないようにテイストを合わせています。良く見ると、ベルトレスのパンツになっているなど、今期のトレンドをミックスさせています。

 

“レザージャケット×デニム(タイドアップ)”

leather code

写真引用元

使い込んで味がでたブラウンのレザージャケットにリジットデニムを合わせてタイドアップした着こなし。レザーにデニムとハードな印象が強いですが、小襟のオックスフォードシャツにレザーの色味に合わせたレジメンタルタイとカッチリし過ぎないよう上手くバランスを取っています。これが、ブラックのレザージャケットだとハード過ぎる印象になっていたかもしれません。

 

“レザージャケット×ネイビーパンツ(タイドアップ)”

leather code

写真引用元

ブラウンのレザージャケットにネイビーのスラックスとイタリア人が好むアズーロ・エ・マローネの配色で纏めたコーディネート。ファッショニスタ“リーノ” 氏の拘りであり、自身がオーナーとして働くアルバザールのオリジナルである7のマークのネクタイやコンビシューズなど、普段のジャケットスタイルではないものの、自身のスタイルはブレていませんね。

 


着こなしPoint.6 ストールスタイル


“レザージャケット×デニムシャツ”

leather code

写真引用元

ブラック×ネイビーの洗練された雰囲気を醸し出すこちらのコーディネート。インナーにはデニムシャツをチョイスしてこなれ感を出し、さらにはシャツの色味に合わせたストールを垂らしてVゾーンが単調になりすぎないようアクセントをプラス。きっちり固められたオールバッグの髪型に、シャツのボタンは全て留めるかっちり感が好印象のイメージに。

 

“レザージャケット×グレーストール”

leather code

写真引用元

防寒性の高いレザージャケットですが、冬場のストールは欠かせませんよね。全身を黒で纏めつつ、シャツの裾を出して、こなれ感+挿し色でメリハリをつけたコーディネート。ストールもグレーを合わせて、全てモノトーンで合わせるなど、全体の統一感が素晴らしい。

 

“レザージャケット×派手柄ストール”

leather code

写真引用元

重くなりがちなレザージャケットの着こなしも、Vゾーンに明るい色のストールを合わせるだけで華やかな印象に変わります。このような派手柄のストールを合わせる際には、他はシンプルに徹することを忘れてはいけません。インナーのチョイスに困った際などには、ストールを合わせるだけでVゾーンが完成されますので、選択肢の一つに覚えておくのがオススメです。

 


レザージャケットのオススメブランド


“EMMETI(エンメティ)”

leather code

写真引用元

イタリア、フィレンツェ近郊の町ヴィンチにて創業したラグジュアリーアウターブランドのEMMETI。人気モデルである「JURI」は素材の良さとシルエットの美しさが際立つシンプルな作り。大手ハイブランドも使用しているスペイン産のナッパレザーは、柔らかくしっとりとした質感に、上品な光沢感があるキメ細やかさなど、長年愛用できるレザージャケットです。

 

“RADICE(ラディーチェ)”

leather code

写真引用元

Made in Italyのレザーブランドとして人気の高いブランド“RADICE”。ブランド名のRADICEはイタリア語で「根っこ」を意味し、着こなしの根幹となるような普遍的なスタイルを提案し続けています。全体的にタイトフィッテイングですが、着る上で重要なバスト周りなどに少しゆとりを作ることで可動域を広げています。シングルに慣れたら、よりハードなダブルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


最後に…


様々な着こなし方をご紹介致しましたが、以外にも共通する着こなし方が沢山ありましたよね。特に今シーズンは、オールブラックやモノトーンなど色数を絞り、シックに纏めた着こなし方がオススメです。是非、参考にして見て下さい。

leather code

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. shirts

    第二弾!ビジネスマンにオススメのコスパ抜群のドレスシャツ!

  2. ロンハーマンに立ち寄りたくなる理由とは

  3. barneys newyork

    最先端を行くセレクトショップ“BARNEYS NEW YORK (バー…

  4. yasutake

    ファッショニスタ“安武俊宏”(BEAMS/ビームス)着こなし術

  5. Lapo Edovard Elkann

    ファッショニスタ“Lapo Edovard Elkann(ラポ・エルカ…

  6. ラグスポ

    ストレスの無い休日にはラグスポスタイル【メンズコーディネート】

  7. eral55

    知る人ぞ知るイタリアセレクトショップ“ERAL55(エラル チンクアン…

  8. デニスフリゾン 着こなし RENATA

    ファッショニスタ“DenisFrison(デニス・フリゾン)”着こなし…