white pants code

ホワイトパンツのお洒落な着こなし方〜春夏編〜【メンズコーディネート】

夏の白ってとても爽やかで清潔感が増す色ですよね。ですが、白というのは色の中で最大の膨張色であり、男性が着るとキザっぽく見えてしまうという理由で苦手意識を持っている方が実は多いのです。しかし、上手く取り入れるとコーディネートの幅も広がり、季節感も簡単に取り入れられる優れもののアイテム。そこで今回は、ホワイトパンツをお洒落に着こなす方法やオススメアイテムなどにフォーカスして、ご紹介したいと思います。

 


着こなしPoint.1 ジャケットスタイル


「ブラウンジャケット×ホワイトパンツ(タイドアップ)」

whitepants code

写真引用元

春夏のドレススタイルで季節感を出すには、ホワイトパンツが効果的です。ドレススタイルに限ったことではないのですが、特に夏場だとジャケットやネクタイというアイテムは少し暑苦しく見えてしまいます。そこで、ホワイトパンツを持ってくることで、爽やかな印象をプラスし、コーディネートを軽快に見せてくれます。また、このコーディネートでは暖色系であるブラウンのジャケットを使っていますが、リネン素材をチョイスし、足元をローファーで素足履きにする事で、清涼感が生まれます。

 

「ブルージャケット×ホワイトパンツ(タイドアップ)」

whitepants code

写真引用元

やや明るめのトーンで爽やかなネイビージャケットを使用したコーディネート。これにグレーのスラックスを合わせても面白くありません。ジャケットの明るさを最大限に引き出すホワイトパンツは、夏の鉄板の組み合わせでもある青×白。また、シューズやニットタイ、ポケットチーフ、サングラスと小物をライトブラウンで統一する事で、色が散らないよう上手く纏めています。タイドアップしながらも、どこかカジュアルに崩した雰囲気、バランスがとても良いですね。

 

✔︎ホワイトパンツを使ったタイドアップスタイルは、コットンやリネン素材のジャケットや、ニットタイ、素足履きなど、どこか崩すのがポイント!

✔︎タイドアップするなら、パンツはセンタークリースのある綺麗目パンツを選ぶ!

 

「ネイビージャケット×ホワイトパンツ(ノーネクタイ)」

whitepants code

写真引用元

濃紺のジャケットに、デニムシャツとホワイトパンツを合わせ、シンプルなスタイリング。コントラストが強く出てしまう、濃紺とホワイトの組み合わせですが、デニムシャツもダンガリーの濃い色、シューズとベルトもダークブラウンで濃い物を合わせる事によって、コントラストを抑えています。細過ぎないパンツのシルエットや、少しロールアップをしてくるぶしを見せるテクニックは、大人の余裕を感じます。

 

「カーキジャケット×ホワイトパンツ(ノーネクタイ)」
whitepants code

写真引用元

度々、ご紹介をさせて頂いているアレッサンドロ氏のコーディネート。玉虫色のように光るグリーンソラーロジャケットは夏の定番生地ですね。シャツとパンツを白で合わせていますが、中のジレをジャケットより濃い色を合わせる事で、白を見せる面積を減らし、バランスを取っています。男臭いカーキの色も白を合わせるだけで、こんなにも爽やかに見えるのですね。あえて、巻かず垂らすだけのストールの使い方も嫌味が出ず、アクセントをつけるには最適です。

 

「ベージュジャケット×ホワイトパンツ(クルーネックTシャツ)」

whitepants code

写真引用元

夏場のジャケットスタイルにはカットソーは欠かせませんよね。カットソーとパンツを白で合わせて、色の薄いベージュのジャケットを羽織り、ラフなコーディネートの中に、上品さが感じます。あえて長いベルトをチョイスし、ベルトを垂らしていますが、これがあるとないとで見え方はガラッと変わります。ジャケットの腕捲り、短い着丈、パンツの9部丈など全体のバランスが素晴らしいコーディネートです。

 


着こなしPoint.2 シャツスタイル


「デニムシャツ×ホワイトパンツ」

whitepants code

写真引用元

夏の鉄板の組み合わせでもある、デニムシャツ×ホワイトパンツ。この上ない程の爽やかさと誠実さが生まれるスタイリングですが、一捻りを入れたこのコーディネート。普通だとブラウン系のローファーやスニーカーなどを合わせがちですが、彼は黒のダブルモンクシューズと黒のサングラスをチョイスしてちょいワルな雰囲気をプラスしています。夏の黒は敬遠しがちですが、ポイントやアクセントで使うと、男らしいコーディネートに様変わりします。

 

「オープンカラー(開襟)シャツ×ホワイトパンツ」

whitepants code

写真引用元

今年のトレンドでもあるオープンカラー(開襟)シャツ。少し前に話題になった映画「ラ・ラ・ランド」で主演俳優を務めたライアン・ゴズリングが作品の中で何度も着ていることでも有名になりましたよね。第一ボタンがなく、開放的な印象になる開襟シャツは本来、裾は出してラフに着るもの。ライアン・ゴズリングは着丈の短い物を選び、パンツはセンタークリースの入った綺麗目なパンツをチョイス。このように、パンツはショートパンツなどで、リゾートぽく着るのではなく、あえてスラックス系のドレスパンツを選ぶのが今年ぽく着る秘訣です。ジャケットやスラックスを合わせた時に、シャツをタックインするのは勿論ありです。

 


着こなしPoint.3 ニットスタイル


whitepants code

写真引用元

夏の定番ボーダーのニットを使った「マリンスタイル」。センタークリースの入ったコットンスラックでキレイめに合わせていますが、シューズはネイビーのエスパドリーユで抜け感を演出しています。バッグはブラウンのレザーを合わせるなど、リゾート地へ旅行に行く際に真似したいコーディネートです。

 


着こなしPoint.4 カットソースタイル


「ネイビークルーネックTシャツ×ホワイトパンツ」

whitepants code

写真引用元

鍛え上げられた肉体にカットソー×ホワイトデニムでシンプルに纏めたコーディネート。足元はスニーカーではなく、ダブルモンクシューズの革靴でカジュアルになり過ぎないようバランスを取っています。また、重厚感のある靴で足元が重くならないよう、「モンクシューズのベルトはワザと閉めない外し技+パンツは踝上までロールアップ」。更には、片手にジャケットを持つ。夏場は羽織らなくても、男性はジャケットを持っているだけで良いのです。それだけで、コーディネートに品をプラスし、急なレストランでの食事や、女性が綺麗目な服装でデートに来た時にも対応が出来るのです。

 

「ボーダーポロシャツ×ホワイトパンツ」

whitepants code

写真引用元

ニットスタイルでもご紹介したマリンテイストのコーディネート。ポロシャツはあえて、第一ボタンまで留めて上品な雰囲気を演出しています。個性のあるサングラスを合わせている分、他にブレスレッドやリングなどアクセサリーは付けず、シンプルにしているのもポイントですね。

 


着こなしPoint.5 ダメージデニムスタイル


「ネイビーVネックTシャツ×ホワイトダメージデニム」

whitepants code

写真引用元

ちょっとやり過ぎ!?というぐらいダメージのはいったデニムですが、カットソーも露出の多いVネックを選んで、男臭いコーディネートに仕上げています。焼けた肌にタバコとサングラスと無骨な雰囲気を醸し出していますが、黄色のスニーカーでイタリア人らしい色の遊びを入れています。

 


着こなしPoint.6 ホワイトスーツでセットアップスタイル


white suits

写真引用元

white suits

写真引用元

白スーツと聞いて、思い浮かべるのが結婚式などのウェディングではないでしょうか。イタリアで開催されるPITTIUOMOでは、こんなにもお洒落に白スーツを着こなしています。普段使いとしては難しいかもしれませんが、何かのパーティーやドレスコードがある際にはチャレンジするのもアリかもしれません。その際、タイドアップするならニットタイが間違いなさそうです。

 


着こなしPoint.7 WHITE CODE (オール・ホワイト)


「ホワイトGジャン×ダメージデニム(オールホワイト)」

all white

写真引用元

微妙に色の差を付けながらグラデーションを付け、オールホワイトに纏めているこちらのコーディネート。膨張色である白をスタイリッシュに纏める為、全体的に細身のシルエットで着こなしているのが分かります。また、大きなダメージのあるパンツを選び、コーディネートにアクセントを付けています。腕まくりも左右で長さを変えていますが、あえてアンバランスにするぐらいが、上手く収まります。

 

「白Tシャツ×ホワイトパンツ(オールホワイト)」

whitepants code

写真引用元

中々真似するには抵抗のあるオールホワイトコーデ。上同様で、全体に白を持ってくるときは、細めのサイズ感+素肌を見せる抜け事(ロールアップなど)がキモですね。また、焼けた肌に、白とシルバーアクセが映えます。

 


ホワイトパンツのオススメブランド


「Jacob Cohen(ヤコブ・コーエン)」

jacobcohen white

写真引用元

イタリア発のデニムブランド“JacobCohen”。一見普通のデニムに見えますが、実は伸縮性の高いポリウエレタンを使用し、ストレッチ抜群のノンストレスの着心地。膨張色である白だからこそ、細身のシルエットで且つ着心地の良いパンツ選びが肝心になります。

 

「PT01(ピーティーゼロウーノ」

whitepants pt01

写真引用元

イタリアパンツの大本命ブランド“PT01”。ジャケットなど綺麗目なスタイリングを合わせる際には、センタークリース入ったパンツを選ぶのが無難でしょう。テーパードが効く、スッキリした形はスタイリッシュに決まります。同様にポリウレタン混の為、着心地は安心です。

 


最後に…


ホワイトパンツって意外にもコーディネート幅が広いですよね?それもそのはず白とは無彩色の色であり、基本的に合わない色はないぐらい、着回し力が高い色なのです。それに、上手く着こなせれば女性からの印象も格段に良くなります。是非、上記でご紹介した着こなし方を「サイズ感と素材感」を意識して早速、今夏から取り入れてみてはいかがでしょうか。

whitepants code

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ“干場 義雅”(FORZA STYLE)着こなし術

  2. ボールペン オススメブランド RENATA

    紳士の必需品。一生愛せる高級ボールペン・万年筆のオススメブランド特集

  3. andrea luparelli renata

    ファッショニスタ“Andrea Luparelli(アンドレア・ルパレ…

  4. leather code

    レザージャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  5. damage denim mens code renata

    ダメージデニムのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  6. yasutake

    ファッショニスタ“安武俊宏”(BEAMS/ビームス)着こなし術

  7. ロンハーマンに立ち寄りたくなる理由とは

  8. gilet

    ジレ(ベスト)のお洒落な着こなし方〜春夏編〜【メンズコーディネート】