preace pants

プリーツパンツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

近年加速するクラシック回帰のトレンド。このトレンドの流れにおいて必要不可欠なアイテムがあるのはご存知だろうか。今まで脇役としてジャケットなどメインとなる重衣料を支えてきたが、このトレンドにより主役にもなり得る存在感を放つアイテム。そうプリーツパンツだ。従来の0プリーツのスポーティーな印象から、プリーツが入ることで、より一層エレガントさを増すパンツは、今まで通りの着こなしではなく、少しアレンジを加えてお洒落に決めて頂きたい所。今回は、このプリーツパンツのお洒落な着こなし方をスナップと共にご紹介。

 


着こなしPoint.1 スーツスタイル


“グレー3ピーススーツ(2プリーツベルトレス)”

please pants code

写真引用元

プリーツパンツの王道の着こなしはやはり、クラシックなスーツスタイルです。カントリーテイストの雰囲気も漂うツイード調の素材を、モノトーンで纏め都会的に仕上げたコーディネート。また、シャツもピンホールカラーをチョイスする事で、Vゾーンが立体的且つモダンなイメージに変わります。

 

“ウィンドウペーンスーツ(2プリーツベルトレス)”

please pants code

写真引用元

ネイビーベースにグリーンのウィンドウペーンが目を惹くこちらのコーディネート。癖のありそうなチェックのスーツも他を無地で統一する事で、スーツを最大限に活かす事が出来ます。また、クシャッと入れたクラッシュドスタイルのポケットチーフで華やかさをプラスしたり、靴のブラウンタッセルやネクタイ、眼鏡と同系色の色味で纏めたりと、さりげない小物の色合わせが流石。

“ネイビーダブルスーツ(タートルネック)”

please pants code

写真引用元

秋冬の鉄板コーディネートのスーツにタートルネックの着こなし。ネイビー×グレーのベーシックな配色は、より一層大人の色気を引き出します。股上が深く設定された、ハイウェストのパンツは脚長効果も期待でき、スタイルを抜群に良く見せる事が出来ます。首には巻いていないものの、ポケットに突っ込んだ柄物ストールが、程よいアクセントになり、コーディネートを華やかに見せてくれます。

 


着こなしPoint.2 ジャケットスタイル


“ブラウンチェックジャケット×ベージュパンツ(2プリーツベルトレス)”

please pants

写真引用元
秋冬らしく暖色系のブラウンで統一したコーディネート。全体をブラウン系で纏めると、どうしても地味になりがちだが、このコーディネートはブラウンに相性の良いグリーンのタートルネックを挿し色で合わせる事で、適度なスパイスを加え、華美な印象は無いものの、シックで落ち着いた雰囲気に仕上げています。また、ハンチングで個性を出すのも◎です。

“ネイビージャケット×ブルーパンツ(2プリーツベルトレス)”

please pants

写真引用元

ベーシックなネイビージャケットも着こなし次第で、印象はガラッと変わるもの。パンツにはビジネスの定番であるグレーのスラックスではなく、鮮やかなブルーをチョイスする事で、程よくカジュアルダウンさせたコーディネート。一見分かりづらい、ポケットチーフとサスペンダーの色合わせも、イタリア人ならではの遊び技の一つ。

 

“グレージャケット×ベージュパンツ(サスペンダー)”

please pants code

写真引用元

程よいゆとりのサイズ感が、白髪の雰囲気にマッチし、大人のリラックスした余裕を感じるコーディネート。ハッキリとしたコントラストは付けていなくとも、コンビシューズやサスペンダー、ポケットチーフと要所要所で濃い色を持ってくる事で上手くメリハリを付けています。全体的に普通の着こなしにも見えますが、シャツのデザインやジャケットのポケットのディテールなど、随所に拘りを感じます。

 


着こなしPoint.3 シャツスタイル


“ネイビー長袖ポロシャツ×ホワイトパンツ(1プリーツベルトレス)”

please pants code

写真引用元

ネイビーの長袖ポロシャツにホワイトパンツと夏のマリンスタイルのコーディネート。なんてことのない普通の装いもパンツのディティールにベルトレスやプリーツが入っている事で、今っぽい雰囲気にアップデートされています。また、手に持った迷彩柄のブルゾンにはアンマッチかと思う首元のスカーフも色を合わせることで、絶妙なこなれ感を演出。

 

“サックスブルーシャツ×ソラーロパンツ(2プリーツベルトレス)”

please pants code

写真引用元

玉虫色に光るソラーロ生地は夏には良く映える生地です。シャツもサックスブルーをチョイスして、夏の清涼感と清潔感を演出しており、ジャケットは羽織っていなくとも、タックインしたシャツできちんとした雰囲気を醸し出しています。また、シューズもライトブラウンのタッセルローファーを合わせることで、全体の着こなしも軽快な印象に。

 

“白シャツ×ブラックパンツ(1プリーツ)”

please pants code

写真引用元

モードな雰囲気漂うモノトーンのコーディネート。夏には重く見えがちな黒も白を上手く使うことで、抜け感と軽さを出すことが出来ます。シャツの裾はあえて外に出したり、9分丈に合わせたパンツなど、本来梳毛のブラックスーツだと、フォーマル感が強くミスマッチな着こなしですが、素材をナイロン系やコットン、リネンなどをチョイスすることでカジュアルダウンさせ、上手く着こなすことが出来ます。

 


着こなしPoint.4 ニットスタイル


“ベージュガウンコート×グレーストライプパンツ(2プリーツ)”

please pants code

写真引用元

昨今あたりから注目を浴びているガウンコート。コートの他にもニットジャケットにも採用されていたりと、街で着ている人を良く見かけるようになりました。こちらのコーディネートは、ボーダー柄のニット×ストライプパンツで柄同士が喧嘩しうるさいようにも見えますが、柄のピッチ幅を変えることと、全体の色を3色に纏めることで見事に調理しています。淡いトーンのベージュもグローブやサングラスで黒を合わせることで、全体が引き締まり男らしい雰囲気に仕上げています。

 

“ライダースジャケット×グレーフランネルパンツ(1プリーツ)”

please pants code

写真引用元

ハードで男臭いライダースジャケットも起毛感のあるフランネルパンツにインナーはタートルネックを合わせることで、ソフトな印象に仕上げたコーディネート。パンツの丈は8〜9分丈ぐらいの短さで合わせていますが、同系色のグレーのソックスを用いることで、冬でも寒々しく見えないよう工夫しています。肩にかけたライダースジャケットといい、力の抜けたさじ加減が絶妙です。

 


着こなしPoint.5 カットソースタイル


“ボーダーカットソー×ブラウンパンツ(2インプリーツベルトレス)”

please pants code

写真引用元

今までの着こなしを振り返ってみても、ベルトループのないベルトレス仕様が大半で、通ずる着こなし方が“タックイン”です。これは、カットソースタイルでも同じことで、本来のトラウザーズのクラシックスタイルに相まって、着こなし自体にもきちんと感を出すドレススタイルが主流となっているからです。ボーダー柄は子供っぽく見えがちですが、このようにトラウザーズを合わせることで、大人の雰囲気を醸し出すことが出来ます。

 

“ミリタリーブルゾン×ブルーパンツ(ベルトレス)”

please pants code

写真引用元

ベルトレスのプリーツパンツというクラシックスタイルのパンツは、カジュアルスタイルを格上げするにはもってこいのアイテム。こちらのコーディネートはカーキのサファリシャツにカットソーと普通だったらデニムなどを合わせたくなるアイテム達ですが、センタークリースの入ったスラックスを合わせて綺麗目に見せています。ここでキモとなるのが、カットソーがクルーネックということ。Vネックやヘンリーネックで色気を出すのではなく、露出を抑えたクルーネックで上品に見せることがポイントです。

 

“プリントTシャツ×ベージュパンツ(1インプリーツ)”

please pants code

写真引用元

プリントTシャツは、一見子供ぽい印象でドレススタイルとは合わせにくいイメージが強いですが、ジャケットなどアウターを羽織らないカットソー一枚のスタイルであれば、さほど難しく考えなくても良いでしょう。このコーディネートも、スラックスというよりかはコットンチノのパンツを合わせてプリントTシャツのカジュアル感にテイストを合わせています。よく見ると、サングラスやプリントの色味、ベルトと統一された色合わせが完成度の高さを伺えます。

 


着こなしPoint.5 グルカパンツはこう合わせる


“ボーダーカットソー×グルカパンツ”

please pants code

写真引用元

同じみファッショニスタ“ルビナッチ”氏のコーディネート。ミリタリーテイストのグルカパンツにマリンテイストのボーダー柄と、一見ミスマッチとも思える着こなしですが、そんな事はありません。ボーダーのルーツは“海軍制服”。コーディネート自体も、ミリタリーのような男臭いイメージではなく、青と白を基調に爽やかに仕立て上げたのも彼ならではの着こなし術です。

 

“デニムシャツ×グルカパンツ”

please pants code

写真引用元

男にはこのぐらいタフで無骨なコーディネートもたまにはしたいもの。カーキのグルカパンツは軍服を彷彿させるような土臭い雰囲気を醸し出し、プラスしてトップスに合わせたデニムシャツが男心を擽ります。また、腰回りのプリーツが全体のラインにメリハリをつけてくれるのもグルカパンツならではの特徴です。

 

“サファリシャツ×グルカショートパンツ”

please pants code

今期はグルカパンツのトレンドという事もあり、我々RENATAスタッフもヴィンテージのグルカパンツを買い、着こなしてみました。ミリタリー色が強すぎるのは少し抵抗があった為、程よくクリーンに見せてくれるホワイトをチョイスし、首元にスカーフを巻いて上品に見えるよう着こなしました。ミリタリーなどドレスとは一見かけ離れて見えるようなテイストを、いかに綺麗に纏められるかが、コーディネートする上での面白みでもありますよね。

 


最後に…


今までのタイトでスタイリッシュな雰囲気も良いが、今季は腰回りにゆとりを入れたプリーツパンツでエレガントに着こなして見てはいかがだろうか。今まで親しんできた0プリーツパンツも分かるが、是非今回ご紹介した着こなしと共に挑戦してみて下さい。

please pants

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ”Domenico Gianfrate”(ドメニコジャ…

  2. renata ホワイトジャケット 着こなし

    ホワイトジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  3. Lapo Edovard Elkann

    ファッショニスタ“Lapo Edovard Elkann(ラポ・エルカ…

  4. デニスフリゾン 着こなし RENATA

    ファッショニスタ“DenisFrison(デニス・フリゾン)”着こなし…

  5. vandori

    一度着たら病み付きになる上質なニットブランド“Vandori(ヴァンド…

  6. ストレートチップ

    冠婚葬祭にも使えるストレートチップのオススメブランド

  7. greysuit

    グレースーツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  8. renata

    ファッショニスタ“Kenji Cheung(張 振威)” 着こなし術