renata 着こなし 二コララダーノ

ファッショニスタ“Nicola Radano(ニコラ・ラダーノ)”着こなし術

1994年生まれ、24歳の若きウェルドレッサー、世界で最も注目されているニコラ・ラダーノ氏をご存知でしょうか?彼の確かなる審美眼で発表されたネクタイのコレクション(Spacca Neapolis/スパッカ ネアポリス)は世界の人々を魅了しています。そんなニコラ・ラダーノ氏はRENATAを運営している私と同い年です。同世代が世界で注目されていると何故か嬉しくなるものなんですね。今回はそんな世界が認める若きファッショニスタ、ニコラ・ラダーノ氏の着こなし術をご紹介します。

renata 着こなし 二コララダーノ

 

「Spacca Neapolis/スパッカ ネアポリス

ニコラ・ラダーノ氏がイタリア・ナポリにて2016年にスタートしたネクタイブランド<Spacca Neapolis/スパッカ ネアポリス>。同氏はナポリ大学で健康バイオテクノロジーを学んだエリート。もともとエレガントなスタイルを好んだ祖父や両親から多大な影響を受けた同氏は、サルトリアの服を着る楽しさに目覚め、自身のスタイルを追求し確立していく中でビンテージ生地を集めたネクタイの仕立てをはじめたという。これがスパッカ ネアポリスの始まり。軽やかな三つ折りによる独創性あふれるデザインや配色による彼のタイは、今後目の離せない注目ブランドです。 

スパッカネアポリス renata

 

着こなし「スーツタイル」


renata 着こなし 二コララダーノ

ラダーノ氏のスーツの着こなしは1つ1つのアイテムのディティールにこだわった粋な着こなしばかりです。ジャケットのラペルは太め、ベルトレス、そしてプリーツの深く入ったパンツ。サルトリアスタイルを良く好みます。今回はグレースーツをブルートーンで綺麗にまとめたコーディネートですがポケットチーフは発色の強いターコイズブルーでメリハリをつけていて奥行きのあるコーディネートになっています。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

チャコールグレーのスーツにブルー、レッドと反対色を共に取り入れたコーディネート。意外にもあまり見かけない色合わせですがさらっと自分の物にしているのはニコラ・ラダーノ氏の卓越した色彩感覚の賜物でしょう。シューズは味の出たバーガンディのタッセルローファー。色味をうまく拾った、まとまりのあるコーディネートになっています。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

ネイビーにカーキ。こちらも新鮮な色合わせ。ピッチの太いストライプにヴィンテージのネクタイ。少し主張が強い着こなしなので敢えてポケットチーフを抜いています。そして、シャツの襟を少し浮かせたり、ジャケットのボタンの間に挟まれたネクタイなど細かな小技がコーディネートに絶妙な抜け感を演出してくれています。

 

着こなし「ドレスカジュアルスタイル」


renata 着こなし 二コララダーノ

淡い絶妙な色使い。彼の繊細さが色の表現から伝わってきます。洋服は知れば知るほどベーシックかつ無難な色合いを選びがちですがラダーノ氏は若さ故か、通常使わない様な色合わせで完璧にコーディネートをします。こういった絶妙な色彩感覚はあまり日本人には無いものです。是非、参考にしたい着こなしです。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

デニムジャケットをホワイトパンツで合わせた清潔感のあるクリーンな着こなし。デニムにグラデーションさせたサックスのシャツが絶妙なバランスでマッチしています。差し色で取り入れられたスカーフも季節感の出るアクセントになっており気の利いたコーディネートですね。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

リネンのジャケットはその独特の皺が妙に色気を発するのでシーズンを問わず、ウェルトドレッサー達の愛するアイテムです。カーキに相性抜群のブラウンで合わせつつもシャツやパンツはサックス、ホワイトで合わせる事で野暮ったくならずクリーンな印象で合わせています。今回のコーディネートで最も主張の強いネクタイの小剣をずらいしのさて遊び感を作るなどラダーノ氏らしい小さなテクニックも見逃せません。

 

着こなし「コートスタイル」


renata 着こなし 二コララダーノ

コートスタイルを見るとその人のドレススタイルへの向き合い方、着こなし術を理解する事ができます。何故ならコートはスーツやジャケットの上に合わせるのでスーツやジャケットとのバランスを考えなければならないからです。ましては素材のバリエーションも当然増えます。コートの着こなしが上手い人ほどお洒落と言われるのはその為です。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

ボルドーの様な主張の強いコートはあまり色を使いすぎない方が合わせやすいです。今回もボルドー、ネイビー、ホワイトのみでまとめられたコーディネートなのでまとまりのあるコーディネートになっています。それにしてもラダーノ氏はネクタイの使い方が上手ですね。コートスタイルの場合、ネクタイの使い方次第でコートがいやらしくみえてしまうので注意が必要です。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

ヴィンテージ調のストライプコートを用いたクラシカルなスタイル。ストライプの様な主張の強いコートを用いる場合は柄のバランスが非常に重要です。シャツ、ネクタイ、スーツ、コートで柄を使えると考えるとコートと合わせて2つの柄が限界です。スーツの様な面積の広いアイテムよりもネクタイ、シャツの様な面積の小さいアイテムで取り入れると合わせやすいです。

 

着こなし「カジュアルスタイル」


renata 着こなし 二コララダーノ

スエードのアウターはラダーノ氏がカジュアルシーンで最も愛するアイテムである事は間違いないでしょう。様々なスタイル、色味のスエードアウターを愛用しています。今回はブラウンのスエードにデニムスラックスを合わせた綺麗目なカジュアルスタイル。シンプルな着こなしですが襟元の遊び、時計でさりげなく取り入れられたブラウンなど全体のバランスが完璧にまとまったコーディネートです。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

夏の代名詞であるアロハシャツもラダーノ氏が調理すればあっという間に洗練された装いに昇華されます。派手な印象の強いアロハシャツも色味を抑える事で落ち着いた印象でコーディネートする事が出来ます。モノトーンで統一させてしまうとアロハシャツの良さを打ち消してしまいます。なので発色の抑えた綺麗なグリーンのパンツを取り入れているのは流石の一言に尽きます。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

ラコステのポロシャツが似合う男性って素晴らしいと思いませんか?海辺で着こなせれば最高のリゾートスタイルの完成です。敢えてサルトリアディティールのクラシカルなパンツを合わせる事で、リゾートスタイルに都会的で大人な雰囲気が漂います。この手の着こなしは適度に日焼けした肌があれば文句なしにカッコイイ事間違いないです。

 

お洒落な小物使い


renata 着こなし 二コララダーノ

夏場はスカーフはとても便利な小物です。リゾートなどでさらっとつけておくだけでラグジュアリー感を簡単に演出することができます。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

コーディネートに合わせてサングラスをチョイスできる人ほどお洒落なイメージが強いです。ラダーノ氏はもちろん卓越したサングラス使いの1人です。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

クラッチバッグの色味が綺麗ですね。中間色であるベージュは小物で取り入れるとコーディネートを柔らかい雰囲気にしてくれるので春先にオススメです。

 

renata 着こなし 二コララダーノ

ニコラ・ラダーノ氏が手がける“Spacca Neapolis/スパッカ ネアポリス”のネクタイコレクション。ヴィンテージの生地を用いたコレクションが世界で大ヒット中です。

 

最後に・・・


ニコラ・ラダーノ氏がファッショニスタたる所以の1つはファッションスタイルが確立されている事です。全くブレない彼の着こなしはスーツスタイルから読み解きやすい。私の考えるお洒落な人には二通りのタイプがあります。まずはトレンドをうまく取り入れ時代性に合わせた着こなしをする人。そしてラダーノ氏の様なトレンドや時代性に左右されずに自身の着こなしのルールに則った着こなしをする人。どちらも間違いなくファッショニスタ。しかし、齢24のニコラ・ラダーノ氏が前者。即ち、既に自身のスタイルを確立させている事に驚嘆します。そう簡単に表現できる物でないからこそ世界に注目されているのでしょう。近い未来ドレスシーンの一時代を築いていく彼に今後も注目し、追い続けていきます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. socks

    靴下の合わせ方でガラッと変わる着こなし術【メンズコーディネート】

  2. turtleneck

    冬の紳士スタイルをエレガントに見せる『タートルネック』のオススメブラン…

  3. ファッショニスタ“ETHAN NEWTON(イーサンニュートン)”着こ…

  4. renata イギリス革靴 特集

    質実剛健。一生物のイギリスの革靴ブランド特集。

  5. ファッショニスタ“LucaRubinacci(ルカルビナッチ)”着こな…

  6. knit jacket

    ニットジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  7. daniele biagioli

    ファッショニスタ“Daniele Biagioli(ダニエレ・ビアジョ…

  8. ファッショニスタ”Alessandro Scuarzi”(アレッサンド…