navy jacket mens code renata

ネイビージャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

ビジネスでもプライベートでも使用頻度が高いジャケットと言えば、ネイビージャケットを思い浮かべる方が多いですよね。ジャケットに限らず、ネイビーというのはベーシックカラーである為に汎用性が非常に高くコーディネートの幅が広いというのが人気で魅力的な理由の一つでしょう。そんなネイビージャケットの着こなしをオンオフ共にお洒落な着こなしスナップと解説をして参りますので、是非ご覧下さい。

 


No.1 ビジネススタイルの基本「グレースラックスを合わせる」


「ネイビージャケット×ラウンドカラーシャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

グレーのスラックスと言っても季節に応じて色に変化をつけるのが大切です。基本的には春夏であれば、グレーの色も明るいライトグレーをチョイスする事で清涼感が増して季節感を演出したコーディネートへと変わります。また、ジャケット、シャツ、ポケットチーフをネイビー系で纏めてシンプルなコーディネートですが、手首に重ね付けしたブレスレットが良いアクセントを生み出しています。

 

「ネイビージャケット×カーキネクタイ」

navy jacket mens code renata
写真引用元

グレースラックスの中でも最もベーシックなミディアムグレーを合わせたコーディネート。やや明るめのネイビージャケットも中間色であるグレーのおかげで浮きすぎず上手く中和されています。ネイビージャケットであれば同系色で纏めがちなVゾーンもカーキのネクタイをチョイスする事で、一捻り加えた洒落た着こなしへと昇華しています。

 

「3パッチジャケット×ローファー」

navy jacket mens code renata

写真引用元

春夏、秋冬問わずのネイビージャケットにグレースラックスですが、初めにもお伝えした通り季節感に応じて素材に気を付ける事が大切です。こちらの写真はジャケット、パンツ共に起毛感のあるウール素材を合わせる事で温かみのある表情となっています。また、胸ポケットもパッチとなっていてカジュアルなジャケットに対して足元もローファーで軽さを出しているのも良いですね。

 

LARDINI(ラルディーニ)

 


No.2 オンオフ問わず使える万能カラー「ベージュ」でコーディネート幅UP!


「ネイビージャケット×ベージュパンツ」

navy jacket code mens renata

写真引用元

グレーのスラックス程カッチリしなくても良い。という時に使いやすいのがベージュのパンツです。ドレス過ぎずカジュアル過ぎずのバランスが良くオンオフ問わず使えるのがオススメしたい理由。ただ、タイドアップする際に合わせるなら、パンツはセンタークリースの入ったパンツを合わせるのが間違いないでしょう。

 

「ダブルジャケット×ベージュパンツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

お休みの日にランチやちょっとしたお出掛けをする際などに参考にして頂きたいこちらのコーディネート。ネクタイはせずにノータイにする事でリラックスした印象を出す事が出来ます。また、細く折られたパンツのロールアップにポケットチーフを挿すなどちょっとしたテクニックが服装に気を使っているように見せれるのです。

 

「チェックジャケット×プルオーバーシャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

チノパンにローファーを合わせて、トラッドな雰囲気も漂うこちらのコーディネート。なんて事のないシンプルな着こなしに見えますが、シャツを被りのプルオーバーシャツを合わせる事でジャケットスタイルでもリラックスとした表情になっていますね。色味を2色に纏めたシンプル着こなしの時にはこういったアイディアがコーディネートに面白みを持たせてくれます。

 

L.B.M1911(エルビーエム)

 


No.3 「ブルーデニム」を合わせてカジュアル感をプラス!


「ネイビージャケット×ウォッシュドデニム」

navy jacket mens code renata

写真引用元

もはや、ジャケットにデニムも説明不要の鉄板コーディネートですよね。デニムもブルー系を選ぶ事でネイビージャケットとは相性抜群で決まります。パンツ以外はソリッドタイ、白シャツ、革靴とカチッとしたアイテムですが、色落ちしたブルーデニムに裾口は切りっ放しになっている事で、全体をカジュアルダウンさせて上手くコーディネートにギャップを作っています。

 

「ネイビージャケット×ボーダーカットソー」

navy jacket mens code renata

写真引用元

立て続けにデニムを合わせたタイドアップスタイルをご紹介しましたが、休日にはジャケットを羽織っても堅苦しくならない着こなしもしたいですよね。ボーダーのカットソーに全身をブルー系で纏めたマリンルックですが、それぞれのアイテムの色味を変えてグラデーションさせる事で爽やかな着こなしとなっています。また、ジャケットにボーダーのカットソーを合わせる際は、写真のようにピッチ幅が細い物を選ぶのが吉でしょう。

 

「チェックジャケット×クラッチバッグ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

デニムに合わせる際は、ジャケットの素材や柄、ディテールにも気を付けて選んで頂くとすんなりコーディネートにハマります。スーツの組上のような梳毛の素材にフラップが付いたポケットなどはなるべく避けて頂いた方が無難です。こちらのコーディネートもネイビー系で全身を纏めつつもネクタイと眼鏡で赤を使う事で差し色として綺麗に映えていますね。

 

THE GIGI(ザ・ジジ)

 


No.4 モテる鉄板の色合わせ「ホワイトパンツ」で爽やかさを取り入れる!


「ネイビージャケット×ビットローファー」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ネイビージャケットにホワイトパンツを合わせた際、一番取り入れやすシャツがこのサックス系の色です。ジャケットの濃い色からシャツ、パンツと徐々に薄くなっていくグラデーションで綺麗に纏まるのです。また、サックス系のシャツと言ってもデニム生地のシャンブレーなどでもこなれ感が出るのでオススメです。足元にはイタリア人お決まりの「ブラウン」が鉄板です。

 

「4Bダブルジャケット×スカーフ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

少し細めのラペルにボタン位置の低さなど、モードな印象も漂うこちらのダブルジャケット。上半身のジャケット、カットソー、スカーフは同色で合わせていますが、スカーフのみドッド柄を用いる事で上手くメリハリを付けています。バッグとシューズも味の出たヴィンテージ風なアイテムで統一させる事でホワイトパンツのクリーンな印象とバランス良くMIXさせています。

 

「ジャケット×サングラス」

navy jacket mens code renata

写真引用元

真夏にするタイドアップもホワイト×ネイビーの組み合わせであれば暑苦しく見えず爽やかな印象になりますね。ジャケットのボタンまでも白で合わせたり、シューズの素足履きなどで清涼感がプラスされています。また、夏の日差しが強い時にはこのようなミラーサングラスで遊びを取り入れるのもオススメです。

 

ISAIA(イザイア

 


No.5 暑い夏のインナーには「ポロシャツ」が最適!


「ニットポロ×ホワイトパンツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ラペルにシルクを用いた拝絹やくるみボタンなどタキシードのディティールをカジュアルに着こなしたDenis氏。ニットポロにスニーカーとカジュアルアイテムをこのジャケットと組み合わせるあたりが只者ではありません。裾口にかけてテーパードされたパンツも9分丈で合わせるなど、一つ一つの拘りが感じられます。

 

「ネイビージャケット×白ポロシャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ホワイトパンツの中でも少し色が入った生成り色をネイビージャケットに合わせたコーディネート。ベーシックな色のみを用いている為、大人の男性が休日に参考にして頂きたい着こなしですね。また、真っ白のパンツには抵抗がある方もこのぐらいの色から取り入れるのもオススメです。

 

「長袖ニットポロ×デニムスラックス」

navy jacket mens code renata

写真引用元

一番最初でもご紹介した通り、ネイビー×グレーは王道の組み合わせ。パンツではなくインナーにグレーを用いてもそれは変わりません。こちらの写真は長袖のポロシャツの為、真夏は難しいですが春先や秋口には重宝するアイテムです。また、近年良く見かけるデニムスラックスでポロシャツと共にリラックスした雰囲気をマッチさせています。

 

RING JACKET(リングジャケット)

 


No.6 簡単にこなれ感がUPするアイテム「カットソー」を合わせる!


「ネイビージャケット×ピンクジレ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ダブルのジャケットも着丈を短く合わせたら、クラシック過ぎずスポーティな着こなしを楽しめます。こちらのコーディネートはボタンを開けてピンクのジレを挟む事でカットソー一枚のシンプルなコーディネートから遊びの効いた着こなしへとなっています。またジャケットとカットソー、パンツとジレで同系色同士の2色で纏める事で統一感が生まれ、更にジャケットを腕まくりする事でこなれ感を演出しています。

 

「ネイビーダブルジャケット×ホワイトTシャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

全体的にゆったりとしたサイズ感をチョイスする事で抜け感であったりラフさが上手くコーディネートに出ています。カットソーは片方を裾出しするこなれ技やパンツもゆったりとしたシルエットでありますが、ダボっと見せないようロールアップを多くして踝を多く見せるなどテクニックが満載の着こなしです。

 

「ネイビージャケット×カラーパンツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ベーシックな色な為、様々な色にもコーディネートし易いのがネイビーの魅力ですよね。写真のようにオレンジのカラーパンツを持ってきてもインナーを白のカットソーにする事で全体も3色で纏まり遊びの効いたジャケットスタイルを楽しめます。これまでご紹介してきた中でも出てきましたが、インナーをカットソーなどで軽いアイテムを合わせた際は腕まくりなどをして男らしさを演出するのもオススメです。

 

CIRCOLO1901(チルコロ1901)

 


No.7 冬のオフコーデにはタートルネックで知的且つ上品な印象に!


「ネイビージャケット×ブラックタートルネック」

navy jacket mens code renata

写真引用元

無駄のない着こなしで大人の色気を感じるこちらのコーディネート。モノトーンで合わせた中で差し色にネイビーのジャケットを合わせる事で知的でエレガントな雰囲気が漂っています。また、タートルネックに素足履きとコーディネートに上手くギャップを作る事で程よいスパイスを加えています。

 

「ネイビージャケット×ハット帽」

navy jacket mens code renata

写真引用元

夏のスタイルには登場場面が多いホワイトパンツですが、冬に履くホワイトも綺麗に映えます。ジャケットの佐々いがネップ感のあるような生地で所々に赤や白の糸が混ざっている為、その色を拾ってポケットチーフで赤、パンツで白と言った具合に色を拾い上げてコーディネートしています。また、髭の色にもマッチしたハット帽が良い味をプラスしています。

 

「ネイビージャケット×グレータートルネック」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ミドルゲージ程のケーブル編みのタートルネックをジャケットに合わせたコーディネート。ニットにボリュームがあるとどうしても着膨れしがちですが、計算されたジャケットのサイズ感でスタイリッシュにバッチリと決まっています。パンツをブラウンで合わせ、靴にはアクセントとなるバーガンディーのシューズを合わせているのも今まであまり見た事がなかった新鮮なコーディネートですね。

 

BOGLIOLI(ボリオリ)

 


No.8 足元を「スニーカー」に変えるだけで楽チン+お洒落に見える!


「ネイビージャケット×白スニーカー」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ジャケットにスニーカーを合わせる際、大切なのはスニーカー以外にもカジュアルアイテムをプラスする事です。こちらのコーディネートみたいにパンツをデニムで合わせるのが一番合わせやすい組み合わせ。またVゾーンもネクタイはせずにノータイでスッキリさせた方がよりテイストがマッチします。更に、ウォッシュのデニムに白スニーカーと淡い色で爽やかさも演出出来ていますね。

 

「ネイビージャケット×デニムジレ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

2色で纏めたシンプルな着こなしもポイントで柄を用いる事でメリハリが付きコーディネートに良いアクセントを与えてくれます。写真の着こなしのように、ジャケットとパンツは無地で合わせ、ジレにデニムのパッチワークのような柄を挟む事でジレの柄が最大限に活きています。また、ジレと色合わせと雰囲気が絶妙にマッチしたスニーカーで上手く遊びを作っています。

 

「ジャージージャケット×スニーカー」

navy jacket mens code renata

写真引用元

こちらはスニーカー以外にカットソーとジャケットの素材をカジュアルに合わせたコーディネート。ジャージー素材でニットジャケットに近い物でしたら、ドレスの革靴よりむしろスニーカーの方が全体の雰囲気がマッチするでしょう。パンツとスニーカーを同系色で合わせて、脚長効果を演出しているのも参考にしたいポイントです。

 

ALTEA(アルテア)

 


No.9 ネイビーのダブルジャケットはこう着こなす!


「ネイビージャケット×ブラックタイ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ダブルのジャケットはシングルよりフォーマル度が高くなる為、王道に行くならスラックスにタイドアップとドレススタイルが一般的でしょう。写真の着こなしもジャケット、パンツ、シューズと明るめの色を合わせていますが、ブラックのネクタイを締める事で、色を引き締めていますね。またリネンのような皺の入ったジャケットはダブルでもこなれ感が生まれる為、ウール素材のベーシックな物を既に持っている方はおススメの素材です。

 

「ダブルジャケット×ポロシャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ティアドロップのサングラスにタバコとワイルドな印象のこちらの写真。着こなし自体はパッチポケットのあるジャケットでカジュアルさがある為インナーもポロシャツを合わせて軽快なスタイリングになっていますね。足元はあえてブラウンでなくブラックにする事で、都会的で洗練された雰囲気に仕上がっています。

 

「ネイビージャケット×柄物パンツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ジャケットに花柄のようなパンツを合わせてリゾート風スタイルなコーディネート。このように存在感のあるアイテムを使う場合は、写真のように無地のネイビージャケット、白シャツと他をシンプルに徹するのが一番です。また、パンツだけが浮かないように同じテイストで同色のバッグを持っているのも参考になるポイントです。

 

De Petrollo(デペトリロ)

 


No.10 柄物ジャケットは他のアイテムを無地等で合わせてシンプルに徹する!


「ストライプジャケット×白シャツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

コントラストがハッキリとついたストライプジャケット。着こなしも白シャツに白パンツとこれ以上ないくらいシンプルに纏め上げていまふ。また、上下白で合わせていますが、Vゾーンが狭くなるダブルのジャケットを合わせる事で、見せる面積を減らしてバランス良くコーディネートされています。シューズもジャケットの色味と少しズラしてあげる事で、絶妙に外しが効いています。

 

「チェックジャケット×デニム」

navy jacket mens code renata

写真引用元

ネイビーベースにレッドとホワイトが混ざったウィンドウペンのジャケット。この場合、ペーンの赤を拾ってしまうと派手な印象になってしまう為、白のポロシャツでクリーンに合わせるのが正解でしょう。またパンツもネイビーで合わせる事で、ジャケットを引き立たせた引き算のコーディネートです。ポロシャツの襟を外に出すテクニックも見逃せませんね。

 

「ネイビーチェックジャケット×ホワイトパンツ」

navy jacket mens code renata

写真引用元

大柄のチェックで存在感のあるジャケットですが、やはり先程同様に軸となるジャケットの色を拾いコーディネートする事で、上手く引き立てています。また、ポケットチーフもこのような柄物ジャケットには潔く白リネンで喧嘩しないように合わせるのが間違いないでしょう。サングラスとクラッチバッグをブラウンで合わせるなど、小物で色を統一し差し色を入れているのも良いですね。

 

TAGLIATORE(タリアトーレ)

 


最後に…


ネイビージャケットの着こなしはいかがでしたでしょうか。これほどまでに汎用性が高いジャケットは他にはないと言っても過言ではないぐらい大人の男には欠かせない一着ですね。まずはオーソドックスの無地から購入し着慣れてきたら、ダブルブレストや柄物とネイビーだけで幅広く揃えていくのもオススメです。是非参考にしてみて下さい。

navy jacket mens code renata

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. knit jacket

    ニットジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  2. vandori

    一度着たら病み付きになる上質なニットブランド“Vandori(ヴァンド…

  3. Lapo Edovard Elkann

    ファッショニスタ“Lapo Edovard Elkann(ラポ・エルカ…

  4. socks

    靴下の合わせ方でガラッと変わる着こなし術【メンズコーディネート】

  5. sweat code

    スウェットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  6. ファッショニスタ“中村達也”(BEAMS ビームス)着こなし術

  7. RENATA バブアー

    BARBOOUR(バブアー)の種類とお洒落な着こなし方【メンズコーディ…

  8. ファッショニスタ“NickWooster(ニックウースター)”着こな…