knit jacket

ニットジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

ここ最近、ニットジャケットを着ている方を良く見かけます。ジャケットよりかっちりし過ぎず、カーディガンよりかっちり見える。この絶妙なさじ加減のバランスが、程よい抜け感を与えて、コーディネートにもこなれ感が生まれます。勿論、ニットジャケットにも様々な形や素材があり、それを理解した上で取り入れると幅広いスタイリングでコーディネートをお楽しみ頂けます。そんな本日は、ニットジャケットの着こなし方やオススメブランドを交えて、ご紹介したいと思います。

 


着こなしPoint.1 カットソー&ポロシャツを合わせる


写真引用元

マリンテイストなニットJKにピンクのシアサッカーパンツのコーディネート。インナーのスキッパーシャツも春夏に最適なパイル素材を使用し、襟を外に出してリゾートっぽい雰囲気を演出しています。ピンクのパンツだと靴は同系色の茶系を合わせがちですが、トップスのネイビーのニットJKに合わせ、黒のタッセルローファーを持ってくることで、グッとコーディネートが引き締まります。ボタンも金ボタンだとクラシックな雰囲気にもなり、今年っぽい合わせ方になるのもポイントです。

 

写真引用元

ホワイトのニットジャケットに、グレーのカットソー、ブラックのパンツとモノトーンで纏めたコーディネート。モノトーンでも重くならないのは、足元のグルカサンダルや、カットソーの緩いクルーネックでリラックス感を出しているから。ニットジャケットを初めて取り入れるならこのようなカットソースタイルが気張らず、オススメです。

 


着こなしPoint.2 シャツを合わせる


写真引用元

一般的なテーラードジャケットのダブルだと、 貫禄も出て着る人を選んでしまい、敬遠しがちなダブルジャケット。ニットジャケットに落とし込むことで、ラフさがでて若い印象にもなります。足元も濃いブラウンではなく、薄いベージュの色を持ってくることで春夏らしい軽快な装いに。腕まくりでこなれ感を演出しているのもポイントです。

 

写真引用元

少しコーディネートを選んでしまうかな。という白系のジャケットも、色味が生成り(ベージュ)に近い白だと、中間色のお色になり、濃い色や薄い色も中和してくれるので、バランスが取りやすいです。ニットジャケットでもポケットチーフを挿す所や、シューズのシューレースをグリーンに変えているあたりが、イタリア人らしい、遊びのテクニックですね。今シーズンのトレンドカラーである、ベージュやエクリュなどのナチュラルカラーにカーキを合わせているのもポイントです。


着こなしPoint.3 タイドアップスタイル


写真引用元

タイドアップと聞くと、難易度が高そうに見えるかもしれませんが、実は簡単に取り入れることができます。織り柄がある表情がでているニットジャケットには、他はシンプルにするのが鉄則です。デニムのシャンブレーシャツに紺のネクタイで同系色に纏めれば綺麗におさまります。グレーのハット帽にグレーの眼鏡の合わせ。この辺りの色合わせも流石ですね。

 

写真引用元

一見普通のテーラードジャケットに見えますが、実はニット素材で程よい抜け感が出ています。ニットジャケットでタイドアップをするなら、ハイゲージのニットジャケットを選ぶことがポイントです。ローゲージのようなざっくりとしたニットだと、どうしてもカジュアル感が強く出てしまう為、テイストを合わせ、ハイゲージ➕タイトフィットのニットジャケットがオススメです。

 


着こなしPoint.4 ニットONニット


写真引用元

ニットONニット。と聞くと、まだ馴染みのにくいコーディネートかもしれませんが、これにはちゃんとした法則があります。ニットONニットの欠点は袖を通しにくい(引っかかりやすい)こと。➕メリハリがつかず同化してしまうこと。すなわち、インナーをハイゲージにする事で、その欠点が解消され、スッキリした着心地➕素材の表情に変化がつきます。上のグリーン色のショールカラージャケットも他の人と差をつけるには最適かも⁉︎

 

写真引用元

ネイビー×ホワイト(ベージュ)の色数を絞ったコーディネート。ジャケットが存在感のある柄の分、他のアイテムはシンプルに無地で統一することによって、ニットジャケットの柄が引き立ちます。インナーにはVネックのニットの下にクルーネックのカットソーを合わせ、レイヤードをしています。この重ね着をすることによって、コーディネートが単調にならず、アクセントが生まれます。実はこの方、LARDINIの副社長の「Luisi Lardini(ルイージ ラルディーニ)」氏。腕まくりといい、レイヤードといい、少し着崩したスタイリングが上手ですね。

 


着こなしPoint.5 ショートパンツでリゾートスタイル


写真引用元

夏場にリゾート地や避暑地にご旅行に行く方など、意外と朝晩は冷え込んで、羽織物が欲しかったりする場面が多いかと思います。 そんな時に、ショートパンツにも合わせられるのがニットジャケット。上のスタイリングはブルーとホワイトの2色で纏めている為、夏場にピッタリな爽やかなスタイリングです。

 

写真引用元

クジラ柄のセットアップニットジャケット。やはり、存在感のあるアイテムを使うときは、盛り過ぎるスタイルングはやりすぎで、引き算の法則で他はシンプルにしましょう。上のスタイリングでジレやシャツ…などといったアイテムを合わせるとごちゃごちゃしてしまうので、白のカットソーで◎。リゾート地に行った際には思い切ってちょっと派手かな?と思うスタイリングも楽しめますよね。勿論、ジャケットやパンツの単品使いができるので、組み合わせも変えて楽しめます。

 


オススメブランドご紹介


写真引用元

まずは「LARDINI」のニットジャケット。毎シーズン定番で出しているニットジャケットシーリーズは柄や形も豊富にラインナップされており、好みの一着が見つかります。ニット特有の裾や襟がヨレてこないので、長くお召し頂けます。

 

写真引用元

こちらは「CRUCIANI」のニットジャケット。有名なニットメーカーということもあり、丁寧な作りが分かります。タイトフィッティングかつ、伸縮性のある柔らかさは、素肌に触れても滑らかな肌触りで気持ちよいです。CRUCIANIの中でも、定番の“ミラノリブ”シリーズがオススメです。私も愛用していますが、着用していてニットがダラっと伸びてこないのが嬉しいですポイントです。

 


最後に…


お休みの日にジャケットは着たくない。という方でもニットジャケットであれば、肩肘張らず楽に羽織っていただけるのではないでしょうか。大人な男性であれば夜のお食事の際、カットソーやシャツ一枚というのは、カジュアルすぎて心もとないもの。皺も気にせず、バッグにもしまえるので、一着は持っておきたいですね。丁度、季節の変わり目の時期の春先や秋口には重宝し、何着あっても足りないぐらい。是非、楽チンなニットジャケットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

knit jacket

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ、小木”Poggy”基史(ユナイテッドアローズ&サン…

  2. clutch bag

    コーディネートをスマートに見せるクラッチバッグのオススメブランド10選…

  3. turtleneck

    冬の紳士スタイルをエレガントに見せる『タートルネック』のオススメブラン…

  4. renata スプリングコート

    春の大本命!!モテる大人が選ぶスプリングコートのオススメ特集&着こなし…

  5. christmas gift

    【クリスマスギフト】彼女や奥さん、気になる人に贈りたいプレゼント特集

  6. renata

    ファッショニスタ“Kenji Cheung(張 振威)” 着こなし術

  7. ファッショニスタ“干場 義雅”(FORZA STYLE)着こなし術

  8. navy jacket mens code renata

    ネイビージャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】