denim shirts code

デニムシャツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

デニムと言えばシーズンレスで使えるアイテムであり、ファッションシーンにおいて欠かせないアイテムの一つ。デニムパンツは皆さんご存知の通り、何にでも合わられて必需品の一つでもあるが、パンツだけではない。今やブルゾンやアウター、シューズなど様々なアイテムを使って展開しているが、今回はパンツに引けを取らない程使い勝手が良く重宝する“デニムシャツ”にフォーカスして、着こなし方を徹底ご紹介‼︎

 


デニムシャツはジャケットに合わせてこなれ感UP!!


“ネイビーストライプスーツ×デニムシャツdenim code

写真引用元

ダブルブレストでクラシックなスーツに対して、デニムシャツを合わせるコーディネート。スーツが濃い色に対して、ダンガリーシャツのような濃い色を合わせてしまうと、重く感じてしまうが、デニス氏は薄い色をチョイスしコントラストをつけている。更には、襟も小さいものを選んで外に出すこなれ技。スーツをオフの日に着るときには、こういうデニムシャツが程よいカジュアル感とこなれ感をUPさせるには効果的だ。また、シューズもレースアップだが、よく見ると黒スウェードと表革のコンビシューズを合わせて堅くなりすぎないよう工夫している。

 

“ホワイトスーツ×デニムシャツ”

denim code

写真引用元

上下白で合わせる、ましてや白のスーツを着るとどうしてもキザぽく見えてしまう。ここで、ドレスシャツなどを合わせてタイドアップも悪くはないが、写真のようでデニムシャツを合わせる事で、上手くカジュアルダウンする事が出来る。ポケットチーフもシャツと同系色で合わせ、2色に纏めたシンプルで爽やかなコーディネートだ。

 

“グリーンジャケット×ドット柄デニムシャツ”

denim code

写真引用元

3パッチに金ボタンのデザインを施したグリーンのジャケットには、シャツも少しカジュアルなテイストを合わせて、ドット柄のデニムシャツを使用。他に柄物を使っていないからこそ柄が引き立ち、サスペンダーやシルクのソリッドタイなどクラシックなアイテムと合わせていながらも、程良く柔らかい雰囲気を作り出している。

 

“ネイビーストライプジャケット×デニムシャツ”

denim code

写真引用元

このような存在感のある柄物ジャケットは、他のアイテムを徹底してシンプルにする事で柄が引き立つ。「ネイビー、ホワイト、ブラウン」の配色のジャケットはシャツ、パンツ、シューズ、バッグで全て色を拾い統一感を出している。また、このようなコーディネートでも正解だが、もう少し軽さを求めるなら、足元はローファー、バッグはクラッチバッグなどを合わせると良いだろう。

 


襟型によって雰囲気がガラッと変わる‼︎


“ホワイトスーツ×デニムシャツ(タイドアップ)”

denim code

写真引用元

上の写真でも近いコーディネートがあったが、こちらは同じ白スーツにデニムシャツでもタイドアップしたスタイル。カジュアルのシャツに対して、シルク素材のようなパリッとした質感ではなく、柔らかい雰囲気が出るニットタイをチョイスしたのは正解だろう。色も同系色のネイビーなどではなく、カーキを選んでいるあたりが、絶妙の色合わせだ。

 

“ネイビージャケット×ラウンドカラーデニムシャツ(タイドアップ)”

denim code

写真引用元

デニムに限った事ではないが、シャツは襟型を変えるだけで、雰囲気がガラッと変わる。ラウンドカラーはジャケットを着た際にも他の襟型にはない、柔らかくソフトな印象にVゾーンが生まれ変わる。抵抗がある方も写真のように、同系色で合わせると簡単にVゾーンは纏まるので、ワードローブに一着足すのもオススメだ。

 

“ボルドージャケット×ボタンダウンデニムシャツ(タイドアップ)”

denim code

写真引用元

ボルドーなどの色が強く、目立ってしまうジャケットはどうしてもコーディネートに悩んでしまう。無難に白シャツでも悪くないが、どこか味気ない。こういう派手だなと思う色程、デニムシャツはコーディネートを中和してくれる。パンツでもそうだか、ブルーデニムに合わない色は基本的にはない。シャツも同様で、困ったらデニムシャツという選択肢を持っておくとコーディネートの幅が広がるだろう。

 

“ベージュスーツ×ノーカラーデニムシャツ”

denim code

写真引用元

ファッショニスタ“ルビナッチ氏”のコーディネート。見ただけでビスポークト分かるようなディティールと体にあったサイズ感。ビスポークと聞くと、ガチガチで堅いイメージが強いが、やはりイタリアの仕立てはどこか柔らかい雰囲気を醸し出す。バンドカラーで首元をスッキリさせて、足元はローファーで軽快に。夏のコットンやリネンなどのスーツには是非合わせて頂きたい襟型だ。

 


男らしくデニムオンデニム‼︎


“デニムオンデニム(インディゴブルー)”

denim code

写真引用元

インディゴブルーでリジットに近い濃い色のデニムは、より一層男らしさを増します。同系色でデニムオンデニムにする場合は、ベルトでアクセントをつけたり、野暮ったくならないよう9分丈でスッキリとしたパンツの丈感や、シャツの腕まくりなど肌を少し露出するとバランスが取りやすいだろう。

 

“デニムオンデニム(ウォッシュブルー)”

denim code

写真引用元

ウォッシュのかかったブルーデニムを上手くグラデーションさせてデニムオンデニムしたコーディネート。こちらも同様にベルトを垂らしてアクセントをつけたり、パンツはロールアップをして肌を少し見せるテクニックを使っている。シャツの裾を片方出したこなれ技も注目して頂きたいポイントだ。

 

“デニムシャツ×ホワイトデニム”

denim code

写真引用元

これぞデニムシャツ鉄板のコーディネートの一つ。 同じデニムでも色のトーンを変え、メリハリをつけると容易にデニムオンデニムが完成する。ポイントは、パンツの裾はあえて切りっぱなしにしてこなれ感を出していることと、革靴をチョイスしていることだ。スニーカーを合わせても良いが、写真のように革靴を合わせるとグッと大人な雰囲気になるだろう。是非、モテコーデの一つとして覚えていておきたい。

 

“デニムオンデニム(ダメージデニム)”

denim code

写真引用元

デニムオンデニムでも上にジャケットを羽織るとデニムが見える分量が少なくなり、コーディネートがし易くなる。ネイビーで統一されたコーディネートは、デニムでありながらカジュアル過ぎず、クールな印象に仕上がる。裾の切りっぱなしやシャツの袖は出す技など、全体的なバランスと雰囲気作りが上手いコーディネートだ。

 

“ホワイトジャケット×デニムシャツ(デニムオンデニム)”

denim code

写真引用元

ネイビー×ホワイトの爽やかなスタイリングで合わせたデニムオンデニム。パンツとシャツはほぼ同じトーンで合わせていながら、サスペンダーでアクセントをつけているあたりが流石だ。その他にも、クラッチバッグやパナマハット、サングラスなど小物使いも統一感があり、参考にしたいコーディネートだ。

 


デニムシャツは柄物アイテムとも相性抜群‼︎


“デニムシャツ×花柄パンツ”

denim code

写真引用元

インパクトの強い花柄がプリントされたパンツを使ったコーディネート。ベースとなるネイビーの色を拾ってデニムシャツを合わせているが、花柄とデニム、更には足元のサンダルがリゾート感も演出し、非常にマッチしている。これが、デニムではないネイビーシャツだと綺麗過ぎるコーディネートでサンダルもミスマッチだろう。

 

“ペイントジャケット×デニムシャツ”

denim code

写真引用元

いくつもの色がペイントされた一見派手なジャケット。デニムオンデニムに合わせるなど、癖は強そうに見えるが、ジャケットを主役に他のアイテム達はジャケットのペイントの色を拾って合わせている為、実はシンプルに纏まっている。シャツの裾はあえて出したラフの着こなしや、シャツの第一ボタンを閉めるなど個性が出ていて面白いコーディネートだ。

 


インナーにカットソーをレイヤードしてラフに着る!!


“デニムシャツ×ホワイトTシャツ”

denim code

写真引用元

シャツのボタンの掛け方や、裾の片方出しに腕まくりなど、ラフにデニムシャツを着こなしているコーディネートは流石のベッカムだ。こういうラフな着こなしの時ほど、ニット帽や腕時計、サングラスなどの小物が大事になってくる。ジャケットは普段着ないという方にもオススメのコーディネートだ。

 

“デニムシャツ×ホワイトTシャツ”

denim code

写真引用元

なんて事のない普通のコーディネートだが、実は一番リアリティがあって真似しやすいコーディネートかもしれない。インナーにカットソーを合わせる場合は、ボタンは閉めずこのように開けて着た方が無難だろう。ワンマイルウェアであれば、下をスウェットパンツなどに合わせるのもオススメだ。

 


デニムシャツのオススメブランド


“GIANNETTO(ジャンネット)”

denim shirts

写真引用元

伝統的な技術をベースに、厳選した素材やハンドメイドの行程を駆使して作られるシャツブランド“GIANNETTO(ジャンネット)”。程よい厚みがあるデニム生地は、ノーマルなデニムシャツ、ワークシャツのように使い回せるのも魅力的。特に、ブラック生地をGジャンとして、インナーにカットソーを合わせた着こなしなどが男臭くオススメ。

 

“BARBA(バルバ)”

denim shirts

写真引用元

イタリア・ナポリのシャツブランド“BARBA(バルバ)”のシャツは、身体に沿うような綺麗なラインと細いシルエットが特徴のDANDY LIFEシリーズがオススメ。洗いをかけてこなれ感がUPしたシャツはジャケットなどのインナーに最適な一着だ。

 


最後に…


デニムシャツは一枚で着るだけではとても勿体無く、色々なコーディネートの幅を持ったアイテムの一つ。今回は春夏をメインに着こなしをご紹介して着たが、勿論秋冬などにもニットやブルゾンなどに相性抜群である。使い方や合わせ方のコツを覚えて、是非コーディネートに取り入れて見てはいかがだろう。

denim code

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ファッショニスタ“干場 義雅”(FORZA STYLE)着こなし術

  2. 【韓国ドレス事情】お洒落なセレクトショップTailorable…

  3. ビジネスマン必見!!お洒落な高級ネクタイブランドのオススメ特集

  4. andrea andreoli

    ファッショニスタ“AndreaAndreoli(アンドレア・アンドレオ…

  5. ファッショニスタ、小木”Poggy”基史(ユナイテッドアローズ&サン…

  6. 足を長く

    足を長く見せる簡単な方法【メンズコーディネート】

  7. ビジネスバッグ RENATA

    出来る男はバッグに拘る!ビジネスマンに人気のオススメバッグブランド特集…

  8. unipair

    【Shop introduction】韓国で革靴を買うならお洒落なセレ…