sweat code

スウェットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

スウェットといえば、ここ最近街でもメンズ、レディース問わず色々な方が着用しているのを見かけます。

私も普段から愛用していますが、何と言っても、気を使わず着れて、着ていて楽だからです。(笑)しかも、意外にも色々なコーディネートに合わせやすいんですよね。しかし、なんでもかんでもスウェットを合わせていたら、見方によってはだらしなく見えたり、ただの部屋着にしか見えません。

そこで、本日はスウェットアイテムをお洒落に着こなす方法をご紹介致します。


スウェットパンツはサイズ感が重要!


写真引用元

まずはスウェットパンツの着こなしのポイントです。

✔️スウェットパンツをお洒落に着こなす上で最も重要な事は、サイズ感を細身にする事です。ゆるいシルエットだと、部屋着感が強くなってしまい、他のアイテムと合わせるのが難しくなります。

✔️丈感は短く、肌を少し見せるぐらいスッキリした丈にすると、抜け感がでて靴との合わせもしやすくなります。(=ソックスはシューズインソックスを使いましょう。)


スウェットパンツに合わせるトップスは?


写真引用元

 

写真引用元

✔️細身のパンツに合わせるトップスは同様に細身で合わせるとスタイリッシュに決まります。

✔️レザーやブルゾンといったアイテムに合わせるとハードさがプラスして男らしいコーディネートにもなります。

✔️定番のグレースウェットは幅広く合わせやすい反面、トップスがカジュアルすぎると部屋着感が出てしまうので気をつけましょう。


スウェットトレーナーの着こなし方は?


写真引用元

続いては、スウェットトレーナーの着こなしのポイントです。

✔️無地のトレーナーを合わせると、子供っぽ過ぎず大人のリラックススタイルになります。

✔️レイヤードでカットソーを合わせるとこなれ感がプラス。(クルーネックでもヘンリネックでも◎。)

✔️上の写真はネイビーとホワイトの2色を元にコーディネートしてあり、多くても3色で纏めるとコーディネートの纏まりが良くなります。

写真引用元

✔️先ほどのとは逆にロゴ入りのトレーナーですが、その他のアイテムをチェスターコート、スラックス、シャツとドレスアイテムと合わせる事で、バランスをとっています。

✔️綺麗目なパンツ(スラックス)は相性自体はそこまで良いとは言えませんが、合わせる際はサイズを細めにする事が重要です。

✔️ドレススタイルにワンポイントでカジュアルなアイテムを持ってくると、ハズしのコーディネートが簡単に決まります。

 


オススメブランドご紹介!


THOM BROWNE(トム ブラウン)

写真引用元

袖のラインが特徴的ですが、シンプルなデザインでコーディネートの邪魔をしません。トムブラウンのスタイルでもある、白シャツにチャコールグレーのスラックスのコーディネートもオススメ。

 

Ron Herman(ロンハーマン)

写真引用元

ロンハーマンのスウェットの愛用率も非常に高いのではないでしょうか。着心地、サイズ感、主張しすぎないロゴが絶妙です。夏場はシンプルにカットソーにサンダルのコーディネートも素敵です。

 

ご紹介したものは、それなりに金額がしてしまう物ですが、実はファストファッションであるUNIQLOやGUなどでも低価格でサイズ感の良い物があります。まずは、ここで買って試してみるのもアリですね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

着こなすポイントすら知っていれば、簡単にお洒落に見せることができ、季節も問わず取り入れられるアイテムです。

是非、部屋着からお洒落着へ変わるよう取り入れてコーディネートのバリエーションを増やしましょう。

 

sweat code

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ラグスポ

    ストレスの無い休日にはラグスポスタイル【メンズコーディネート】

  2. デニスフリゾン 着こなし RENATA

    ファッショニスタ“DenisFrison(デニス・フリゾン)”着こなし…

  3. leather

    一生着れるライダースのオススメブランドまとめ【編集部のすゝめ】

  4. yasutake

    ファッショニスタ“安武俊宏”(BEAMS/ビームス)着こなし術

  5. navy suit code

    ネイビースーツのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  6. renata ホワイトジャケット 着こなし

    ホワイトジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】

  7. Lapo Edovard Elkann

    ファッショニスタ“Lapo Edovard Elkann(ラポ・エルカ…

  8. 起業家が好むお洒落なイタリアの革靴ブランド特集