check mens code renata

ジャケットやコートに良く使われるチェック柄の種類とお洒落な着こなし方

ドレススタイルで近年注目を浴びているワードといえば“クラシック”。それに伴い様々な色や柄、ディティールなどのクラシックスタイルが多く見られますよね。その中でも、「チェック柄」というのも良く耳にするはず。しかし、チェック柄と言っても似てるようで実は柄の違いや歴史が異なるのです。そんな今回は、意外と知らないチェック柄の種類とその着こなし方についてご紹介して参ります。

check mens code renata

写真引用元

 

グレンチェック柄


check renata

写真引用元

スコットランドのアーカートという地のグレン(谷間)で織られた所からついた名称。千鳥格子をモチーフに、緯糸に濃色2本、明色2本あるいは濃色4本、明色4本を繰り返しで綾織にして作られた柄です。大小組み合わせて味わい深い柄行を出しており、主に白や黒、茶などの配色が多く男女ともにスーツやジャケットなどドレスアイテムに用いられています。

 

『グレンチェックの着こなし』

glen check mens code renata

グレンチェックといえば、このモノトーンの配色が一般的。コーディネートもシンプルに白から黒の色のトーンで纏めるのがベター。こんなシンプルな装いだからこそ、タートルネックや黒縁メガネといったアイテムがより一層知的な雰囲気を醸し出しています。

写真引用元

glencheck mens code renata

グレンチェックにブルーのペーンが入ったコート。モノトーンの配色に+1色されるだけで、コーディネートの幅がグッと広がります。着こなしもこのペーンの色を拾ってブルーのストールを合わせるなど、基本に忠実なお手本コーデ。

写真引用元

 

ハウンドトゥースチェック柄(千鳥格子)


check renata

写真引用元

ハウンドトゥース(ドックトゥースチェック)とは、チェックの一つ一つが犬の牙に似た格子からついた名称。日本では千鳥の飛ぶ姿に似ている事から「千鳥格子」とも呼べれています。基本的には、「白・黒」「白・茶」が多い組み合わせ。

 

『ハウンドトゥースの着こなし』

check mens code renata

ハウンドトゥースでも柄の大小が様々ですが、このような一つ一つが小さい柄を選ぶと他のアイテムでも柄物を合わせやくなります。ストライプのシャツにレジメンタルタイと柄×柄ですが、異なる柄を組み合わせる事で上手く纏まっています。

写真引用元

check mens code renata

上の写真とは打って変わり、一つ一つの柄が大きいハウンドトゥース。このように存在感の強い場合には、他のアイテムを無地でシンプルに合わせるのが吉。それに加え、ワントーンや2色ぐらいで色数を絞ると、柄を綺麗に際立たせる事が出来ます。

写真引用元

 

ガンクラブチェック柄


check renata

写真引用元

ガンクラブチェックとは、イギリスの狩猟同好会(ガンクラブ)の会員の制服地に用いられたことに由来しています。(クラブチェックとも呼ばれることもある)地色に同系色の濃淡3色で構成されており、2色のチェックを重ね合わせた二重弁慶格子のこと。シェファードチェックと模様が同じですが、色数に違いがあります。また、ハウンドトゥースとも似ている柄ですが、牙のような突起がないのが特徴です。

 

『ガンクラブチェックの着こなし』

check jacket mens code renata

サックスブルーのシャツ、ベージュのパンツ、ブラウンのネクタイとジャケットに使われている3色を他のアイテムで色を拾った理想的なコーディネート。また、色味まで合わせたペイズリー柄のストールが良いスパイスと統一感をUPさせています。

写真引用元

check mens code renata

英国調といえば、この「ガンクラブチェック」も代表的な柄の一つ。英国の田舎(郊外)を感じさせる柄ですが、ドレススタイルに用いることで洗練された雰囲気が生まれます。クリーム色でウール素材のグローブが紳士に柔らかさとギャップを与えています。

写真引用元

 

ウィンドウペーン(窓枠格子)


check renata

写真引用元

ウィンドウペーンとは、地の上に1色の細い線で四角く構成されたチェック柄を指します。ウィンドウガラスの枠に似ていう事からその名称がつきました。大きさは様々あり、英国カントリー調の伝統的な柄の一つです。クラシックな雰囲気に加えトラディショナルな印象を与えられる事ができる為、子供っぽくならずスッキリさと上品さを演出出来ます。

 

『ウィンドウペーンの着こなし』

check mens code renata

ネイビー地にレッドのペーンが組み合わさったウィンドウペーンのジャケット。パンツとシャツを白にする事で、コーディネート全身でトリコロールを表現していますね。手に持った扇子と頭に被っているパナマハットが上品さを与えています。

写真引用元

check mens code renata

リラックスな印象を持つベルテッドコートの着こなし。ペーンのブラウンとは色味を変えたスーツにグローブ、スカーフが絶妙なグラデーションで上手くコーディネートに馴染んでいます。また、このようなドレススタイルにナイロンのバッグを合わせる事で、上手く抜け感を演出しています。

写真引用元

 

タータンチェック柄


check renata

写真引用元

タータンチェックとは、スコットランドの高原(ハイランド)地方で、氏族、民族ごとに定められた縦横の縞割が均等になっている多色使いで大柄の格子模様の事。赤、黒、緑、黄色を使った配色が多く、地位や身分などで使用可能な色数なども限定されていました。また、日本でに名称はタータンチェックですが、スコットランドでの正しい呼び名は「タータン」もしくは「タータン・プラッド」と呼ばれています。

 

『タータンチェックの着こなし』

check mens code renata

タータンチェックのジャケットにグレンチェックのコートを合わせたパターンオンパターンの着こなし。喧嘩しそうな柄同士ですが、あえてコントラストのハッキリつくものを選ぶ事で、差し色として使う事が出来ます。また、パンツを白にする事で上手く逃げ道を作っているのが良いですね。

写真引用元

check mens code renata

赤、紫、茶の珍しい配色のタータンチェックコート。このような強い発色を持つ色に対しては、色を拾いすぎると逆にコテコテになってしまいます。胸ポケットに挿したグローブは紫で合わせていますが、首に巻いたストールは色の薄いライトグレーで合わせるなど、軽さを出すのが◎。

写真引用元

check mens code renata

日本でも百貨店などが使用することもあり、お馴染みのブラックウォッチ。この柄もタータンチェックの分類に入ります。着こなしもタイドアップをするのであれば、白シャツにグレーのスラックスなどベーシックなアイテムで合わせるのがオススメです。

写真引用元

 

最後に…


チェック柄の種類と着こなしはいかがでしたでしょうか。今回はジャケットやコートによく使われるチェック柄にフォーカスしてご紹介致しましたが、まだまだシャツやニット等で使われるチェック柄は沢山あります。トレンドと言われているチェック柄ですが、ファッションシーンにおいては普遍的でベーシックな柄。このようなちょっとした豆知識でも知っているとよりファッションが楽しくなりますよね。是非、ファッションの知識も身に付けてお洒落を楽しんで下さい。

check mens code renata

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. sovereign house

    東京、丸の内の高感度セレクトショップ“THE SOVEREIGN HO…

  2. 【2017年秋冬】お洒落なチェスターコートオススメ5選

  3. ファッショニスタ“NickWooster(ニックウースター)”着こな…

  4. steve

    大人が通うセレクトショップ“Steve(スティーヴ)”の魅力とは。

  5. ファッショニスタ“Luisi Lardini(ルイージ・ラルディーニ)…

  6. socks

    靴下の合わせ方でガラッと変わる着こなし術【メンズコーディネート】

  7. ファッショニスタThe Armoury“MarkCho(マークチョー)…

  8. チェックジャケットのお洒落な着こなし方【メンズコーディネート】