RRL(ダブルアールエル)

RRLの歴史


その名の由来はラルフ・ローレン氏と彼の妻であるリッキーの頭文字を取ってつけられたのが名前の由来とされるコロラド州に所有のRRL牧場をそのままブランドネームにして1993年に創設したブランド。

 

引用

始まりは、ラルフ・ローレン氏がヨーロッパに行った時のことでした。ヴィンテージマニアとしても有名な彼は、リーバイスのヴィンテージのものを買おうとしましたが、すでに日本人バイヤーによってほとんどが買い占められていました。残念に思った彼は、それならば『自分自身でビンテージスタイルを作ろう』と決心。 ここからRRLの歴史がスタートします。

 

引用

自身のファッションの集大成と称してヴンテージへの愛情を注ぎ、渾身を込めてスタートしたライン、それだけに旧き良きアメリカの歴史を表現する、ヴィンテージテイスト溢れるディティールや素材、ユーズド加工にこだわった、ワーク・ミリタリーを基本とするラインはまさしく他のブランドの見本ともなっていきます。

 

米国より一年遅れで94年に日本へ上陸。当然話題性は高く、瞬く間に人気ブランドとなる。しかしその日本での流行がラルフローレンの描くコンセプトとは大きくかけ離れ(オーバーサイズでの着用)、惜しまれながらも98年秋には生産中止となってしまいます。

 

引用

その後もオリジナル商品は、ファンの間で高値で取り引きされるほどの状態が続く。2000年に、ファン待望のニューヨーク・2002年にはロサンゼルス・パリにオンリーショップを構え復活。しかしその後事情によりラインが縮小し、各店舗共に閉店を余儀なくされ以前の様な状態が続きましたが、2005年ニューヨークにてオンリーショップが復活。

2006年3月30日、東京表参道にもポロ ラルフローレンのフラッグショップがオープン、発表当初と変わりない旧き良き時代の暮らしとワークウェアを上手く取り入れたスタイルは昔からのファンだけでなく、新たなファンも獲得し続けています。

 

特徴


ブランドの象徴はデニム

武骨な雰囲気が一目でわかる、もろアメリカンスタイルのジーンズは、ファンでなくてもそのシルエットに一目惚れしてしまうでしょう。非生産的な製法で作られたヴィンテージジーンズは、オシャレを楽しみたいならマストなアイテムです。

 

量産型のジーンズでは決して出せない色合いや、さまざなところに見受けられるラルフローレン氏のこだわりが最大の魅力です。裾を折り返した時に見える「セルビッジ」を見ても、そのこだわりが簡単に見つけられます。

引用

 

「個性的なデザイン」と「素材へのこだわり」

そのタイムレスなデザインは男を魅了します。何故なら昔からの制服、ミリタリー、ワークをもとに作っているからです。この二つほどアパレルのトレンドの中で色あせないものはないです。そして基本的にアメリカ製にこだわることや一部日本製のデニム生地を使用するなどの素材へのこだわりも見て取れます。

 

引用

 

取扱店


ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ 伊勢丹新宿店メンズ館
住所 東京都新宿区新宿3-14-1 8F
取り扱い Men’s

ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ 阪急 MEN’S TOKYO
住所 東京都千代田区有楽町2-5-1 4F
取り扱い Men’s

ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ ラルフ ローレン表参道
住所 東京都渋谷区神宮前4-25-15
取り扱い Men’s, Ladies’

ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ ロフトマン B.D.
住所 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下ル円福寺前町273
取り扱い Men’s

ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ ロフトマンコープ梅田
住所 大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町C-2
取り扱い Men’s

ブランド ダブル アール エル (RRL) ショップ 阪急百貨店メンズ館
住所 大阪府大阪市北区角田町7-10
取り扱い Men’s

引用

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ZANONE(ザノーネ)

  2. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)

  3. CIRCORO1901(チルコロ)

  4. FRAY(フライ)

  5. HERNO(ヘルノ)

  6. INCOTEX(インコテックス)

  7. kinloch renata

    Kinloch(キンロック)

  8. marinella renata

    E.Marinella Napoli(マリネッラ ナポリ)