pierre-mascia mascia

Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)


Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)の歴史


Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)は、2007年イタリア・コモのAchille Pinto S.p.A.(アキーレピント社)が、フランス人デザイナーであるピエール・ルイ・マシア氏とパートナーシップを組んで設立したファッションアクセサリーブランド。「アーバン」「活発的」「ポエティック」そして「タイムレス」をブランドのDNAに、レーザープリンティングの最新技術やナイロンのような革新的素材も取り入れ、「着心地の良いラグジュアリー」を提案している。

 

「デザイナー・Pierre Louis Mascia(ピエールルイマシア)」

パリの美術学校l’Ecole des Beaux-Arts(エコール・デ・ボザール)に入学し、イラストをはじめとした技術を学んだピエール氏。その後、伝統手工芸の和紙制作を学ぶために日本に渡るなどして、独自のアプローチでアートを表現し、インテリアやインダストリアルデザインを手掛けてきました。様々な経歴を持つ、ピエール氏は、シューメーカーであるRobert Clergerie(ロベール・クレジュリー)、 グローブメーカーのMorand(モラン)、 Vogue US, ELLEといった出版社での経験も積み、CHANEL, Yoji Yamamoto, Neiman MarcusでのVDなどファッション業界において第一線で活躍してきたファッションクリエーター。また、アートディレクターやイラストレーターなどといった肩書きも持っている。

pierre-louis mascia

写真引用元

 


Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)の特徴


「唯一無二の独創的なパターン」

Pierre-Louis Masciaの最大の特徴は、他には見られない柄のミックスや素材のミックスを用いたアイテム達です。この独創的なデザインのインスピレーションは、1900年代初頭の中央ヨーロッパにおける文化や華やかなアート、当時その地域を旅していたアーティスト達から生まれたという。

pierre-louis mascia

写真引用元

 

「Pierre-Louis Mascia×HERNO」

pierre-louis mascia

写真引用元

pierre-louis mascia

写真引用元

数シーズン前に話題になった「Pierre-Louis Mascia×HERNO」のコラボレーション企画。HERNOのルーツであるコートの裏地が創業時はシルクのプリントであったことから、独自のグラフィックでテキスタイルを発表しているピエール・ルイ・マシアとの取り組みが実現致しました。「人と被りたくない。変わったものが欲しい。」と思いの方には、この独特の世界観を持った雰囲気に惹かれるのではないでしょうか。

 


Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)のオススメアイテム


「ストール」

pierre-louis mascia

写真引用元

Pierre-Louis Masciaと言えば、この幾つものパターンを用いた華やかなストールが代名詞的存在でしょう。これ一つで、コーディネートが華やかに見えるのは言うまでもなく、巻き方によって表情が変わるのもコーディネートする上で面白いストール。また、柄のミックスだけでなく、シルクやラビットファーなど異素材をミックスしたストールも展開しています。

 

「ハンカチ」

pierre-louis mascia

写真引用元

ユニセックスで使って頂きたいハンカチシリーズ。首回りのアクセントの他、ポケットチーフとして使って頂いたり、手首に巻いて頂いたりと、ハンカチ一つでも意外にも使い勝手が良いアイテム。それも、ポップでクラシカルな柄を用いてるからこそ出来るハンカチです。

 

「ブルゾン」

pierre-louis mascia

写真引用元

日本の各セレクトショップでは買い付けをしているお店が少ないだろうブルゾンタイプ。アイテムの面積は大きくなりますが、グラフィックを用いた鮮やかな幾何学柄は他には真似が出来ない一着。我々も推奨しているスタイルである「ラグスポスタイル(ラグジュアリー感のあるスポーツMIXスタイル)」で着こなして頂くのがオススメ。

 

「カットソー」

pierre-louis mascia

写真引用元

ブルゾン同様、日本ではあまり見かけないカットソーシリーズ。一枚で来ても十分な存在感を発揮する他、ブルゾンのインナーやレイヤードで柄をチラッと見せるのもオススメです。

 

「バッグ」

pierce-louis mascia

写真引用元

リネン100%を使ったこちらのトートバッグ。Pierre-Louis Masciaが得意とするグラフィックを用いた柄は、実はストールやスカーフ、チーフといったアイテムで同じパターンを採用しています。単品でアクセントにするのも良し、柄を揃えて使用するも良しとコーディネートの幅が広がるバッグです。

 


Pierre-Louis Mascia(ピエールルイマシア)の取扱店舗


株式会社フィーゴが日本総代理店

『直営店』

La Gazzetta 1987 AOYAMA(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

住所 : 〒107-0062 東京都港区南青山5-8-3 エクボビル2F

電話番号 : 03-5468-5330

営業時間 : 11:00〜20:00

定休日 : なし(年末年始を除く)

 

La Gazzetta 1987 MATSUYA GINZA(ラ ガゼッタ 1987 松屋銀座店)

住所 : 〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座5F

電話番号 : 03-5250-8050

営業時間 : 松屋銀座営業時間に準ずる

定休日 : 松屋銀座休館日に準ずる

 

その他、下記のセレクトショップにお取り扱いがございます。

ABAHOUSE(アバハウス)

BABYLONE(バビロン)

BEAMS(ビームス)

BR SHOP(ビーアールショップ)

EDIFICE(エディフィス)

ESTNATION(エストネーション)

guji(グジ)

ISETAN MENS(イセタン メンズ)

STRASBURGO(ストラスブルゴ)

TOMORROWLAND(トゥモローランド)

UNITED ARROWS(ユナイテッド アローズ)

※シーズンによって買い付けが異なる場合もございます。

pierre-mascia mascia

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ROTA(ロータ)

  2. CHURCH’S(チャーチ)

  3. fedeli

    FEDELI(フェデーリ)

  4. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  5. ENZOBONAFE(エンツォボナフェ)

  6. boglioli

    BOGLIOLI(ボリオリ)

  7. ANATOMICA(アナトミカ)

  8. ISAIA(イザイア)