ORIAN(オリアン)


ORIAN(オリアン)の歴史


北イタリアを代表するシャツブランドであるオリアンは、故ジャン・ガエターノ・オリアン氏によって、彼の理想とするシャツを追求すべく創業されました。氏はシャツ自体が主張する事や過度な装飾を排し、着る人の個性を際立たせるシャツを理想としました。そこにエレガンスがあると考えたのです。そのモノづくりの哲学は、イタリアの伝統的な職人技術と最高水準の機械技術との融合にあります。

写真引用元

 

そしていかに伝統的なサルトリア(仕立て屋)の技術を現代のモノ作りに反映できるかに試行錯誤を重ねました。そして、いいシャツをつくるのは難しいことだと言いました。今も創業者の思いは受け継がれ、オリアンの品質は保たれています。そして本物でありながら、軽やかで今の空気感を反映したシャツを作り続けています。

写真引用元

 


ORIAN(オリアン)の特徴


ORIAN(オリアン)はシャツ以外にもテーラードジャケットやダウンウェアなども人気が高い。高品質な素材、優れた仕立て、美しいフォルムに定評があります。構築的で真面目な仕立てが特徴的と言われていた北イタリアのブランドも、最近では生地のセレクトを始めボタン付けの仕様など細かな部分での変化を感じます。素材的にコットンが多く、陽気な雰囲気を感じさせるFinamoreに比べますと少し真面目な雰囲気を感じさせますが、ある意味でそこが万人受けする!?ORIANの魅力と言えるかも知れません。

 

写真引用元

 

オリアンの最大の特徴でもある襟はソフトでエレガントな曲線を描き、柔らか目で取り外し可能な芯入りです。イタリアメイドのシャツらしく、全体のバランスも絶妙で体をいかにセクシーに見せるかを心得ています。

写真引用元

 


ORIAN(オリアン)の定番モデル


「ORIAN VINTAGE(オリアンビンテージ)」

色使いが美しいORIAN(オリアン)Vintageのシャツは、暑い季節にこそ本領を発揮します。着丈が少し短く裾を出してカジュアルにもお使い頂けるこちらは、カラーステイが入っておりタイドアップにも対応した親切設計。シャツ一枚のスタイリングや、ジャケットのインナーに色差し等々、縦横無尽の大活躍が約束された一品です。

写真引用元

写真引用元

写真引用元

 

「DENIM DIVISION(デニムディヴィジョン)」

ORIANの”DENIM DIVISION”はデニムが持つ本来の無骨さを残しつつも、ダーツが入った現代的なスッキリとしたシルエット。ライトオンスであるが故の重ね着のしやすさは重宝する事間違いのない一枚です。 シャンブレー特有のさらりとした肌触りは着る季節を選ばず、デニム素材であるが故のカジュアルさがコーディネイトに程よくヌケ感をもたらせてくれます。定番のシャンブレーシャツ。いわゆるインディゴ色のシャツです。洗えば洗うほどイイ感じにアタリが付きますので、色味の変化を楽しめる。

写真引用元

写真引用元

写真引用元

 


ORIAN(オリアン)の取扱店


BEAMS(ビームス)

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

STRASBURGO(ストラスブルゴ)

ESTNATION(エストネーション)

BARNEYS NEWYORK(バーニーズニューヨーク)

ISETAN MENS(イセタンメンズ)

BR ONLINE SHOP(ビーアールオンラインショップ)

※シーズンによって買い付けが異なる場合もございます。

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. ROTA(ロータ)

  2. AG JAENS(エージージーンズ)

  3. boglioli

    BOGLIOLI(ボリオリ)

  4. drew&co

    DREW&CO.(ドリューアンドコー)

  5. renata ヤコブコーエン

    JACOB COHEN(ヤコブコーエン )

  6. renata カンタレリ

    Cantarelli(カンタレリ)

  7. UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)

  8. marinella renata

    E.Marinella Napoli(マリネッラ ナポリ)