STONEISLAND(ストーンアイランド)

 


STONEISLAND(ストーンアイランド)とは


STONEISLAND(ストーンアイランド)の長年に渡る成功の理由は、その製品の革新的なディティールや生地の生産会社と共同開発によってできる、エクスクルーシブな生地の絶え間ない研究などによるものです。

 

1981年にSTONEISLAND(ストーンアイランド)が誕生して以来、SPW COMPANY社の”スポーツウェアの頂点へ”という志はSTONEISLAND(ストーンアイランド)のコレクションにより成し遂げられました。

 

引用

 

SPWCOMPANY社は常にテクノロジーと研究の為に投資を続けています。特に高度な技術要する染色やプリントには、そのあらゆる可能性を追求できるファシリティを用意し常に進化を続けています。

 

引用

 

その為に、STONEISLAND(ストーンアイランド)のデザイナーは、常に現代のニーズが要求されています。過度に未来的にであったり、あたかも他の惑星にいるかの様なデザインや言葉だけの見せかけの機能は否定しています。

 

引用

 

そしてそれらの一環した”研究”によってSTONEISLAND(ストーンアイランド)がスポーツウェアの頂点として世界的に認知されるようになったのです。

 

引用

 

 

歴代デザイナー

”マッシモ・オスティー”

”ポール・ハーベイ”

”ジオターナ・マラゴディ”

 


特徴


STONEISLAND(ストーンアイランド)を他ブランドと比較した場合、一番最初に特筆すべき点は、”染色・加工技術”の高さにあります。TINTO IN CAPO(ティント イン カポ)と呼ばれる製品染(縫製を終え、製品が形になってから洗いをかける染色方法)の技術力の高さから生み出される数々の微妙なカラーリングは競合の他ブランドとは一線を画す、クオリティを誇ります。

 

引用

 

イタリアのラバリーノにある本社には染色の為のラボ(研究施設)があり、そこでは熟練した技術者により日々染色に関するテクニックの研究がなされています。現在所有いているテクニックは約60,000種以上にものぼり、それまで染色が不可能と言われていた工業用素材や建築資材として使われていた素材を世界で初めて染め上げることに成功し、新たなテキスタイルとして洋服の分野に採り入れ、斬新かつ機能性の高いアイテムを輩出してきました。

 

引用

 

また、一般的な生地に特殊な加工を施すことで、まったく新しい風合いや機能性をもたらし、他のメーカーでは見ることの出来ない、常に新しく高品質な生地も特徴の一つです。最近では、繊維メーカーと合弁企業を作り、共同で新素材の開発に力を注いでいます。

 

引用

 


SPWについて


SPORTSWEAR COMPANY SPA (スポーツウェアカンパニー社)は70年代前半、イタリアのボローニャでChester Perry Companyの名前で始まりました。その後、1976年に社名をC.P.COMPANYに変更しました。このブランド名のもと、世界で初めて本物志向の高級スポーツウェア生産が始まりました。

 

それまでの常識を覆すような斬新でユニークなコンセプトから生まれるメンズウェアは、すぐに業界や一般消費者から高い評価を得る事となったのです。そして1981年に、STONEISLAND(ストーンアイランド)を立ち上げたのです。その当時既に持っていた”ガーメントダイ(製品染め)”や”ファブリックトリートメント”における技術は他のブランドの追随を許さない高度な物でした。

 

引用

 

その技術をいかんなく発揮して、最もアバンギャルドでなおかつ男の為の最高の品質のスポーツウェアを目指しています。(※スポーツウェアとはヨーロッパではカジュアルウェアを指します)

 

引用

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)

  2. Hevò(イーヴォ) RENATA

    Hevò(イーヴォ)

  3. イヴサロモン RENATA

    YVES SALOMON(イヴサロモン)

  4. UPPER HIGHTS(アッパーハイツ)

  5. RENATA ホワイトハウスコックス

    Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

  6. Borsalino(ボルサリーノ)

  7. edwardgreen

    EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

  8. SARTORIO(サルトリオ)