StileLatino(スティレラティーノ)


StileLatino(スティレラティーノ)の歴史


ナポリのATTOLINI家の長男ヴィンチェンツォ アットリーニが2004年に立ち上げたブランド。 ELIGO時代からのハイクオリティーな素材使いを継承し、縫製もナポリの熟練職人の手によって行われている。「STILE LATINO(スティレ・ラティーノ)」のコンセプトは字の如くラテンスタイル、クラシックな素材、昔ながらのテーラードな縫製であってもシルエットは明るく陽気なラテン系をイメージしている。 またここ数年はハイクオリティー素材をあえてウォッシュ加工し、違った風合いを出す等、かつて他社が試みる事の無かった事にもトライしている。

写真引用元

”ヴィンチェンツォ アットリーニ”

写真引用元


StileLatino(スティレラティーノ)の特徴


スティレ・ラティーノ は、よく「クラシックなサルトリア仕立てをベースとしながらも、時代性を感じさせるパターンや体にフィットするコンパクトなサイジングと独特の生地感」が特徴であると評される。つまりソフトな着心地や綺麗にラインが出るところや肩のしっくりとした納まり具合、クラシックな服なんだけれどセクシーさがあり、まさにナポリの服! という印象。そしてイタリアのドレスクロージングは、テーラーでもプレタでもイギリスの生地を使うのが最上級、とされていて、スティレラティーノもイギリスの生地を使用しているものが多い。

写真引用元 ビームスFディレクターの西口修平氏が着こなす”スティレラティーノ”。


特徴的なダブルブレスト


スティレラティーノで特に特徴的なのはダブルの仕立てだ。スティレ ラティーノのダブルブレストは、ワイドなラペルが雄々しく翻る。豊かなロールからピークへ向かう優美なラインとハイウェストのグラマラスなバランス感覚は、ヴィンチェンツォの実力を顕著に示す。「軽い」「着やすい」「若々しい」といった有り体の表現に収まらない、職人の豊かな個性を描くナポリ流のスーチングがここにある。

写真引用元

「ダブルのラペルはスティレ ラティーノ最大の特徴です。ほかのブランドが真似をしようとしても、決してできないレベルにあります。このラペルは裁断も縫い方もプレスの仕方も父のブランドと違います。父も私のダブルのコートを愛用しているほどですからね」。ヴィンチェンツォ アットリーニ

写真引用元


StileLatino(スティレラティーノ)の定番モデル


”ANDREA(アンドレア)”

写真引用元

こちらは少し着丈の短いモダンなシルエットを誇るモデル“ANDREA”。クラシックに振れすぎない、都会的な印象はドレスにもカジュアルにもハマりやすい高い汎用性が魅力。さらに、これぞATTOLINI(アットリーニ)の仕事と感じられる、首から肩にかけての吸い付く様な着心地は圧倒的な存在感を示す。それに比例するように輝く肩周りの美しいラインは、着る者のみならず見る者全てを魅了してやまない。

 

“NICO(ニコ)”

写真引用元

モデル”NICO”は、8.5センチのラペル幅に肩パットを配したクラシカルな一品。こちらのベージュとカーキをミックスしたような絶妙のカラーリングを誇る生地は、英国”FOX BROTHERS”社のものを使用してる。目の細かなツイル織りの生地は適度なウエイトと、ウールであっても艶の出すぎない丁度良い塩梅。Stile Latino好きであってもなくても、この色合いを見れば飛びつかないはずがありません。

 

“LEO(レオ)”

写真引用元

こちらは少し着丈の短いモダンなシルエットを誇るモデル“LEO”。クラシックに振れすぎない、都会的な印象はドレスにもカジュアルにもハマりやすい高い汎用性が魅力。紳士的な表情からは想像もつかない艶やかな色気を醸し出すことは、所謂ギャップという皆の大好物を纏っているようなものなのだろう。滑らかで上品な艶が色っぽいこちらのフランネルは、ネイビーとダークネイビーのメランジを効かせた味わい深い表情。やはりフランネルにはチョークストライプが一番しっくりくるということを、再確認させてくれる説得力に満ちている。

 

”ネクタイのコレクション”

ヴィンチェンツォ氏自ら生地と型の選定を行なっているStile Latinoのタイコレクション。そのビンテージ感を香らせる生地達はStile Latinoのジャケットやスーツ、シャツ等との抜群の相性を約束してくれるだろう。

写真引用元

写真引用元


StileLatino(スティレラティーノ)の取扱店


伊勢丹メンズ館を始め、BEAMSやBARNEYS NEWYORK、ESTNATION、STRASBURGO、BRSHOP、GLORYGUY、gujiなどあらゆるセレクトショップで展開をしている。各お店によって仕入れる、形や色があるので、お好みの一着を探して頂けるかと思う。又、伊勢丹メンズ館やBEAMSでは定期的にオーダー会を行っている。、シングル3B、ダブル6Bスーツやジャケットを中心に展開。スーツは、背抜き仕様で軽く仕上げ、少し派手目の裏地のチョイス。ワンプリーツ、サイズアジャスター付きの組下がおすすめだ。首から肩にかけての吸い付くような着心地、それに比例するように輝く肩周りの美しいラインは圧倒的な存在感を放つ事だろう。

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. モンテドーロ RENATA

    MONTEDORO(モンテドーロ)

  2. renata altea

    Altea(アルテア)

  3. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)

  4. JOHN SMEDREY(ジョンスメドレー)

  5. ルトロワ RENATA

    Letroyes(ルトロワ )

  6. CIRCORO1901(チルコロ)

  7. GIANNETTO(ジャンネット)

  8. Finamore(フィナモレ)