edwardgreen

EDWARD GREEN(エドワードグリーン)


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)の歴史


1890年、イギリス・ノーザンプトンにて、“EDWARD GREEN(エドワード・グリーン)氏”が創業した高級紳士靴ブランド。小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めたグリーン氏は、瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになりました。そのような名声や名誉を得る背景には、「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学や美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。洗練されていて、履き心地が良く、頑丈。それでいて軽快でスタイリッシュ。そんな靴の一つ一つは、最高級品質のカーフスキンを使い、職人による伝統的な手作業で作られます。グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてEDWARD GREENはは着実に歴史を刻んでいます。それは万国に共通する魅力を持った、一目見ただけで見分けがつく英国の靴である。

 

“幾度となく倒産の危機に陥った”

EDWARD GREENは今でこそ、高級紳士靴の確固たる地位を築いているが、幾度となく倒産の危機に陥った事がある。1950年代以降は、乱立していたシューズメーカーが次々と淘汰されていくようになり、EDWARD GREENもその一つに。1979年には、創業者の息子達によって、アメリカ企業に売却されてしまい、倒産寸前まで追い込まれることになった。そんな、倒産寸前のEDWARD GREENの危機を救ったのが、イタリアでシューズデザイナーとして活躍していた“ジョン・フルスティック氏”だった。彼は、同社が抱えていた負債額にたった1ポンドを上乗せして買収することで、EDWARD GREENの再建に取りかかった。彼は、徹底的に履き心地に拘った木型の製作にも力を注ぎ、Ralph Lauren(ラルフローレン)やBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)、BARNEYS NEW YORK(バーニーズ・ニューヨーク)、OLD ENGLAND(オールドイングランド)、Lloyd Footwear(ロイドフットウェア)、など有名ブランドのOEM生産を請け負うなどをして、見事V字回復を果たし、再び高い評価を得ることが出来た。そう、ジョン・フルスティック氏こそが現代の EDWARD GREENの基盤を築き上げた人物と言っても過言ではない。

 

“HERMES(エルメス)に買収”

EDWARD GREENが倒産の危機に陥ったのは、1970年代だけではなかった。1995年、John Lobb(ジョンロブ)ライセンス権を持っていたHERMESは、John Lobbの靴の生産を請け負っていたEDWARD GREENの技術力の高さに目を付け、買収の話を持ちかけました。フランス進出を考えていたEDWARD GREENハ同意し、HERMESと手を組むことになったのだが、結果として自社株を全てHERMESに売却する事態に陥り、経営は悪化。100年以上続いていた製靴工場が、HERMESに渡ってしまっただけでなく、シューズメーカーの命とも言えるラスト(木型)までもが押えられ、EDWARD GREENの看板であり、名作と名高かった202ラストも、差し押さえられることとなってしまった。しかし、再びのEDWARD GREENの再建を目指し、新たなファクトリーを立ち上げました。そこには、かつてEDWARD GREENを支えていた職人たちも再集結しました。あの名作ラスト「202」も新型として甦り、2004年からは“トニー・ガジアーノ”をデザイナーに迎え本格的な復活を果たしました。

 

edwardgreen

写真引用元

 

写真左から現EDWARD GREENの社長“Hilary Freeman(ヒラリー・フリーマン)氏”とセールス・マネジャーでオーダ会の際はフィッターとしても対応している“Fredrik Blindheim(フレデリック・ブリンドハイム)氏”

edwardgreen

写真引用元

 


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)の特徴


EDWARD GREENは各工程でチームを分け、経験豊かな職人とその徒弟とでグループを組み、手作業で靴作りを行っています。ここで用いられる伝統的な技術は、厳重に管理された組織内養成プログラムのもと、独自の標準規格によって維持をされている。決して大量生産はせず、生産数を1週間あたり約250足まで絞ってクオリティコントロールを行う。EDWARD GREENと言えば、既製靴の最高峰、グッドイヤーウェルト製法の最高峰と聞く事が多いが、その堅実で丁寧な作り込みはどのようなものか製造工程を一部ご紹介していこう。

 

“クリッキング”

edwardgreen

写真引用元

“ソーウィング”

edwardgreen

写真引用元

“ウェルティング”

edwardgreen

写真引用元

“ポリッシング”

edwardgreen

写真引用元

 

EDWARD GREENは、革の縮小率の計算から、革の目やシミなどの選別など緻密な計算と匠の技で行う「クリッキング」。糸作りから始め、丁寧に縫い込んでいく縫製は、豚の毛で作られた針を使用する等の拘りを見せる「ソーウィング」。ウェルトとアッパーを機械により取り付け、ソールを付ける前に薄く革を削ぎ落とす「ウェルティング」。丹念に磨き上げられたカーフスキンは、一旦寝かせることによって、透明感あふれる美し輝きを増し、この最後の仕上げで商品の出来栄えが左右される「ポリッシング」。上記の4つ工程の他、EDWARD GREENは通常の靴メーカーに比べると、「つり込み」の時間が長い事でも知られている。長時間する事によって、型崩れのしにく木型に出来上がる。その他にも沢山の細かい作業があるが、EDWARD GREENは一つ一つ丁寧に、そして妥協のない靴を作り続けている。また、ブラックカラー以外には、トゥ先とヒールにアンティーク(フィニッシュ)加工が施してあり、その美しさを見てもにも人気の理由が分かります。

edwardgreen

写真引用元

 


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)の定番ラスト


“202 LAST”

1940年に作られたこのラストは、EDWARD GREENの基本の木型となり、伝統的な英国靴を象徴している。細すぎずに、ラウンドトゥで良い意味でボテッと丸みがあり、クラシックな形が特徴的。インサイドはストレートであり、アウトサイドカーブの形状で抜群の履き心地を誇り、ボールジョイント部分にゆとりがある為、日本人の足にも合いやすいラスト。この202をベースにトゥ先をスクエアトゥにした606LASTも存在する。

edwardgreen 202

写真引用元

 

“82LAST”

202LASTがクラシックな印象であれば、82LASTはスマートでモダンな雰囲気だろうか。202に代わる次世代のLASTととも呼ばれており、2004年に出来た比較的新しいLAST。若干ロングノーズ気味で、ラウンドトゥも202に比べて微妙に細身にデザインされており、スタイリッシュなテイストが加わっているのが特徴です。甲とヒールは202より高いと言われている。

edwardgreen

写真引用元

 

“32LAST”

DOVERと言えばこの32LASTと言われるぐらい、日本では32LAST=DOVERで認識されている。ロングノーズでスマートなラストは外羽根タイプのシューズに使われることが多いが、カジュアル過ぎないドレスのバランスを兼ね備えている。細身のシルエットな上品に見えるため、外羽根であってもフォーマルな印象に仕上がる。

edwardgreen 32

写真引用元

 

“888LAST”

888LASTはGaziano&Girling(ガジアーノ&ガーリング)を立ち上げたトニー・ガジアーノ氏がEDWARD GREEN在籍時に開発した木型として知られている。トゥ先のみならず、全体的に角張ってシャープなフォルムは、写真のダブルモンクシューズのWESTMINSTERの他、ASQUITHなどのセミブローグにもマッチし、英国靴らしい凛とした佇まいが特徴的。

edwardgreen 888

写真引用元

 

“808LAST”

本来ビスポーク(TOP DRAWER)向けに作られた木型が808。その細さとインサイドの小ささから、通常よりハーフサイズ上げる方がいるぐらいシュッとしている。82に細さに関しては近い部分があり、角張り過ぎない緩やかな丸みを帯びたセミスクウェアなトゥが絶妙のバランスを保っている。現在では、既製品でほとんど展開しておらずオーダーであれば作ることが可能となっている。

edwardgreen 808

写真引用元

 

“184LAST”

EDWARDGREENのローファー専用LASTの一つ。ローファーの中では、もっともスタンダードな位置づけとなるのがこの184LAST。クラシックで細身のラウンドトゥで、ドレス感のあるシェイプが魅力的。

edwardgreen 184

写真引用元

 

“915LAST”

EDWARDGREENの中で新しいLASTの一つである915。82LASTの爪先を数ミリ伸ばしてロングノーズに仕上げ、サイドウォールの切り立ったシルエットは、先にリリースした890LASTのエッセンスを取り入れている。

edwardgreen 915

写真引用元

 


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)の定番モデル


“CHELSEA(チェルシー)”

edwardgreen chelsea

写真引用元

EDWARD GREENと言えば、このストレートチップの「CHELSEA(チェルシー)」。クラシックで普遍的なデザインである“ストレートチップ”は冠婚葬祭などのフォーマルなシーンでは欠かせない、紳士靴の中で最もドレッシーと言われる靴。飾りのないシンプルなデザインだからこそ、上質なレザーが高級感をより一層際立たせる。LASTは202と82がメインで展開しており、お好みの形とフィッティングで選ぶのがオススメ。

 

“BERKELEY(バークレー)”

edwardgreen berkeley写真引用元

EDWARD GREENのパンチドキャップトゥ。キャップトゥにパーフォレーションを施したデザインは、シンプルでありながら非常に上品。CHELSEAでは堅すぎるとお考えの方には、ピッタリだろう。ブラック、ブラウン共にスーツやジャケパンスタイルを格上げするシューズ。202、82LASTがメインだが、日本国内では82LASTが圧倒的に多い。

 

“CADOGAN(カドガン)”

edwardgreen cadogan

写真引用元

EDWARD GREENのセミブローグ。小ぶりなキャップトゥと全体に施したメダリオンが美しく、ビジネスシーンだけでなく、カジュアルスタイルにもマッチする一足。202LASTがメインだが、82、888なども稀に展開している。

 

“MALVERN(マルバーン)”

edwardgreen malvern

写真引用元

EDWARD GREENのウィングチップ。英国的なフルブローグは、ウィングキャップ、ヴァンプ、ヒール部分のブローキングのバランス感が絶妙。ウィングチップと聞くとカジュアルな印象が強くなるが、内羽根のレースアップはスーツやジャケットにも合わせられる高い汎用性を持っている。LASTは202がメイン。

 

“CANTERBURY(カンタベリー)”

edwardgreen canterbury

写真引用元

EDWARD GREENのフルブローグ。今は既製品ではあまり見かけないCANTERBURYだが、グリーンらしいパーフォレーションやコバの目付けなど丁寧な仕上がりが分かる。丸みのあるフォルムは写真のようなスウェード素材でデニムなどに合わせて、カジュアルダウンしても上品さを兼ね備えている。LASTは202がメインで、82や888なども展開している。

 

“ASQUITH(アスキス)”

edwardgreen asquith

写真引用元

EDWARD GREENのクォーターブローグ。CADOGANやCANTERBURYと違った、スクエアトゥでややロングノーズの888LASTがシャープで洗練された雰囲気を醸し出します。ブローギングシューズは、ビジネスの場や社交の場において華やかさを与えてくれ、スラックスからデニムとコーディネートの幅が広いのも特徴。

 

“DOVER(ドーヴァー)”

edwardgreen dover

写真引用元

EDWARD GREENの名作UチップのDOVER。もはや、説明不要の代表作であり、限られた職人しかできない手縫いで施されたスキンステッチは眺めているだけでも美しい。ハンドステッチ、スペードソールと各所にオリジナルな意匠が盛り込まれており、細身のシルエットは外羽根のダービーシューズでありながら、デニムからスラックスまで合わせて頂ける。日本国内では32LASTしかあまり見る事がないが、本国では606などのLASTがメインで展開されている。

 

“WESTMINSTER(ウエストミンスター)”

edwardgreen westminster

写真引用元

EDWARD GREENのダブルモンクシューズ。2つのバックルがアクセントになり、スタイリッシュ且つ色気のある表情が特徴。ベルトのバックルはわざと留めないで、こなれ感を演出する外し技も注目されている。紐靴とは違った雰囲気で、普段のスーツスタイルをモダンな印象に仕上げる事ができる。LASTは888がメインで、82なども展開している。

 

“ASHTON(アシュトン)”

edwardgreen ashton

写真引用元

EDWARD GREENのシングルモンクシューズ。OUNDLEやTROONなどのシングルモンクのモデルがある中、新しいLAST890を採用して作られたASHTON。ややロングノーズでスクエアトゥの890は、爪先部分の膨らみが鋭角的に切り落とされたようなスクエアトゥでシャープな印象。 甲の最も高い部分の周囲(二の甲)の押さえによるフィット感が優れており、英国的スタイルにモダンな雰囲気をプラスしてくれます。

 

“PICCADILLY(ピカデリー)”

edwardgreen piccadilly

写真引用元

EDWARD GREENのコインローファー。同社でも数十年と作り続けているローファーLAST184は普遍的なコインローファーのフォルムを踏襲している。シンプルな作りだからこそ、上質な革質と美しいフォルムが際立つ一足。インサイド・ストレート&アウトサイド・カーブのフォルムにややシャープなLASTはまさにエレガントといえるだろう。

 

“BELGRAVIA(ベルグラヴィア)”

edwardgreen belgravia

写真引用元

EDWARD GREENのタッセルローファー。丁寧にカットされたタッセルと、サイドに刺してあるレザーの編み込み、トゥの部分とヒールの部分にすくいモカが施されたディテールなど、手の込んだ作りが分かり、抜群の存在感を放つ。LASTは184を使用しており、細身でストレートなシルエットは、ON,OFF問わず使える一足。

 

 

“BANBURY(バンバリー)”

edwardgreen banbury

写真引用元

EDWARD GREENのチャッカブーツ。冬場のシューズでは最も人気があると言っても過言ではない、チャッカブーツ。表革で硬派な印象に仕上げるのも、シボ革でカントリー調に合わせるのも、はたまたスウェード革でフランネル素材に合わせたりと、素材を変えるだけでもガラッと表情が変わるのが特徴的。LASTは202や82、606、808と既製品でも幾つか展開している。

 

“CAMDEN(カムデン)”

edwardgreen camden

写真引用元

EDWARD GREENのサイドゴアブーツ。同じサイドゴアブーツでは、NEWMARKET(ニューマーケット)と比較されるが、CAMDENの方がショート丈で脱ぎ履きしやすいデザインになっている。コバの張り出しを抑えた薄手のソールや、V字型のサイドゴアやスマートなシェイプなど、冬場のドレスシューズとしても使える一足。LASTは82がメイン。

 

“GALWAY(ゴールウェイ/ガルウェイ)

edwardgreen galway

写真引用元

EDWARD GREENのレースアップブーツ。コバが張り出した無骨な印象の64LASTと端正でスマートな印象を持つ82LASTで展開しているGALWAY。アーミーブーツでミリタリーテイストには勿論の事、ドレカジのような、デニムやコットンパンツなどに合わせたジャケットスタイルにもマッチする一足。

 


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)オーダーの醍醐味「TOP DROWER」


EDWARD GREENの直営店やセレクトショップSTRASBURGOでは常時パターンオーダーを承っているが、その他にも伊勢丹や阪急メンズなどでも開催される本国のスタッフを招いての来日オーダー会というのがある。このタイミングでは、普段は見る事が出来ないサンプルを沢山用意し、本国スタッフからフィッティングの確認やオーダーのアドバイスなどを受けることが出来る。また、なんと言っても、この来日のオーダー会のみオーダーが許される「TOP DROWER(トップドロワー)」が一番の醍醐味だろう。

 

「TOP DRAWER(トップドロワー)」とは

EDWARD GREENの中でも限られた職人にしかできないトップライン。最高級の革は勿論、TOP DRAWERでしか頼めない仕様がいくつもあり、ビスポークなさがらの完成度の高さを誇る。

 

“革はWEINHEIMER(ワインハイマー)社を使用”

ワインハイマー社とは…某有名ブランド達がこぞっと求めていたドイツの最高級タンナー“カールフロイデンベルグ”が環境問題などの理由からやむなく閉鎖しその後、同社の職人たちが150年の伝統と歴史を継承すべく立ち上げたのが”ワインハイマー社”。歴史はまだ10数年ほどですが、革作りのノウハウを熟知した職人と矜持が詰め込まれたレザーは、上質にして上品な雰囲気に満ち溢れている。EDWARD GREENも当時はカールフロイデンベルグの革をTOP DRAWERで使用していたが、今ではワインハイマー社の革を使用しており、牛の中でも、一番キメが細かく綺麗だと言われるお尻部分を採用している。

edwardgreen

写真引用元

 

“絞り込まれたウエスト「ヴェヴェルドウエスト」”

キュッと絞り込まれたウエストは、足にピタッとフィットする感覚と、土踏まずのアーチを支える履き心地は極上物。見た目の美しさとエレガントな雰囲気を兼ね備える“Bevelld waist”は、EDWARD GREENでは”London waist”とも呼んでいる。

edwardgreen bevelledwaist

写真引用元

 

“台形の形となったヒール「ピッチドヒール」”

女性のハイヒールに近いディテールのピッチドヒール。既製品ではあまり見られない仕様で高級靴の一種の証でもあり、接地面に近づくにつれてテーパードシェイプされたヒールパーツがエレガントに見せてくれます。

edwardgreen

写真引用元

 

“釘でイニシャルを打った「イニシャルネイル」”

これもTOP DRAWERならではの特別仕様。自分のイニシャルなどをソールに刻むことが出来る。

edwardgreen topdrawer

写真引用元

 

その他にも、TOP DRAWERでオーダーをすると、どのモデルでも全ラスト対応可能であったり、ライニングカラーの選択、メダリオンの追加、インソールにハンドライティング等も入れる事できたりと、自分だけのオリジナルの一足が完成致します。

 


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)の取扱店舗


EDWARD GREEN(エドワードグリーン)東急プラザ銀座店

住所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座1F

電話番号 : 03-3573-6055

営業時間 : 11:00〜21:00

定休日 : 無し

サイト : edwardgreen.jp

 

その他、ストラスブルゴ、伊勢丹メンズ館、阪急メンズ館、ESTNATION、BARNEYSNEWYORK、UNITED ARROWS、CINQUE CLASSICOなどにもお取り扱いがございます。基本的には、Eウィズの取り揃えがメインとなり、在庫を多く抱えている直営店や伊勢丹メンズ館などにはDウィズなどのご用意もあるとのこと。直営店でしたら、常時パターンオーダーを承っている事もあり、サイズ見本などを取り揃えているとの事ですので、足が小さい方、大き方などもサンプルを試してからオーダーする事が出来ます。ハーフサイズ違うだけでも、フィッティングが大分変わりますので、是非店頭で試着をしてからのご購入をオススメ致します。

edwardgreen

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. LUIGIBORRELLI(ルイジボレッリ)

  2. renata

    De Petrillo(デ・ペトリロ)

  3. STONEISLAND(ストーンアイランド)

  4. renata ダルクオーレ

    DALCUORE(ダルクオーレ)

  5. JOHN SMEDREY(ジョンスメドレー)

  6. marinella renata

    E.Marinella Napoli(マリネッラ ナポリ)

  7. Gabriele Pasini(ガブリエレ・パジーニ)

  8. ZANONE(ザノーネ)