BARBA(バルバ)

 


BARBA(バルバ)の歴史


BARBA(バルバ)は、1964年にAntonioBarba(アントニオ バルバ)とVittorioBarba(ヴィットリオ バルバ)兄弟がイタリア・ナポリで創業したシャツブランド。

設立当初は、小さなシャツ工場として生まれ、優れたシャツ職人を集めて限られた顧客の為に、シャツやパジャマを作っていた事から始まります。90年代になると、その確かな縫製技術が認められ、頭角を現し、今現在ではイタリアでは最も大きいシャツブランドの一つ。また、最近ではシャツのみならず、工場を買い取り自社でジャケットを作り、その他にもネクタイなど小物も展開を始め、トータル展開できるほどにブランド力が上がっています。

写真はBARBAの社長“RaffaelleBarba(ラファエル バルバ)氏。アントニオ バルバ氏の息子でありKitonグループ総帥CiroPaone(チロ パオーネ)氏の甥という事でも知られています。

写真引用元

 


BARBA(バルバ)の特徴


創業より受け継がれてきた伝統的なナポリシャツのハンドメイド技術をベースに、色とりどりのテキスタイルとバリエーション豊富な襟型など…現代的な感性を取り入れる事でクラシックとモダンさを兼ね備えているシャツです。一番の特徴はボディのバランスが絶妙で細身のサイジングでありながら、ビタビタにならないシルエットにならないこと。BARBAは常に研究熱心であり、アームホールの角度を変えたり、袖付けや、シワの入り方…など様々な視点で、数ミリ単位の修正が毎シーズン行われます。こういった改良を繰り返して出来上がっているのが現在のBARBAであり、常に進化を遂げているのです。

 

ハンドメイドをしている箇所とは…?

1.ボタン付け

写真引用元

ボタン付けは職人の腕の見せ所でもある重要な箇所。ハンドメイドによる事で、どこか柔らかく職人の温もりを感じる仕上がりになります。

2.カンヌキ

写真引用元

袖口(ケンボロ)のテンションがかかる箇所が、ほつれないように補強する事をカンヌキといいます。高番手などの高級生地に機械でカンヌキを付けると生地を傷めてしまう可能性がある為、着心地より生地への配慮の意味で使われるディティール。

3.ガゼット

写真引用元

工程が多少複雑で手間がかかってしまうガゼットは洗濯時におけるほつれや、タックインした時にパンツが引きつれないように施されたディティール。現在では縫製技術も発達し、ガゼットをつけていないブランドも多いですが、高級シャツの一つの証として BARBAはつけています。

4.袖付け

写真引用元

ハンドメイドで一番着心地が左右する場所といっても過言ではない袖付け。柔らかく、体に沿ったラインを作り上げています。これらををベースに手間暇をかけて、熟練の職人により丁寧に仕上げられたシャツは、既製品でありながらフィット感に優れ柔らかな着心地。また、上品さ感じさせる美しいシルエットは着る人を引き立たせます。

 


BARBA(バルバ)のモデル


“DANDY LIFE”

写真引用元

写真引用元

BARBAの中で、最もカジュアルラインの“DANDY LIFE(ダンディーライフ)”。製品にしてから一度洗いをかける事により、絶妙なカジュアル感やこなれた雰囲気を醸し出す事が出来ます。定番の白シャツを始め、チェック柄やデニムシャツ…リネン素材やフランネル素材。一枚でも様になる素材やデザインが特徴です。

 

“CULTO”

写真引用元

写真引用元

BARBAの製品洗いを施したカジュアルシリーズの“DANDY LIFE(ダンディライフ)”にプレスをあて、ノーネクタイで着れる柔らかな雰囲気と、タイドアップスタイルができるカチッとした雰囲気を兼ね備えた欲張りな一着。汎用性の高いCLUTOはまさに“カジュアルエレガント”という言葉が相応しいシリーズです。

 

“GIRO A MANO(ブラックレーベル)”

写真引用元

写真引用元

上記のDANDY LIFEとCULTOに比べて、洗いもかけておらず、ビジネスシーンでご利用頂けて、最もドレスライクなシリーズである“(ブラックレーベル)”。台襟も少し高く、より高番手でサラッとした着心地はスーツやジャケットにタイドアップしたスタイルがオススメです。

 

※各お店により、各モデルシリーズのサイジングや襟型などが変わってきます。DANDY LIFEシリーズでは、ネックサイズに対して1サイズ下のボディのサイズ感(ネック39に対して、ボディ38相当のサイズ)で展開しているお店もあれば、ブラックレーベルでそういったサイズにしているお店など、仕様やサイズはそのお店の特色がでます。そういった意味では、BARBAに関してはお店を決めて買うのではなく、色々なお店を見て回り、お好みの一着を見つけるのも楽しいですよね。


BARBA(バルバ)のパターンオーダー


日本輸入代理店のストラスブルゴを始め、BEAMSやguji、ISETANメンズなど各お店で定期的にパターンオーダー会を開催しております。約150種類の豊富な生地から、お好みの生地を見つけ、モデルや襟型、カフス…など自分だけの一着をオーダーすることが可能となっています。

写真引用元


BARBA(バルバ)の取扱店舗


日本輸入代理店のリデアカンパニー(ストラスブルゴ)を始め、BEAMSやUNITED ARROWS、B.R SHOP、ESTNATION、BARNEYS NEW YORKなど大手セレクトショップに取り扱いがあり、店舗ごとに仕入れる生地や襟型の形などが違う為、日本だけでも様々なバリエーションをご覧いただく事が出来ます。

※シーズンによって買い付けが変わる場合もございます。

公式HPはこちらから⇒shop.barbanapoli.com

写真引用元

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. RENATA ホワイトハウスコックス

    Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

  2. Hevò(イーヴォ) RENATA

    Hevò(イーヴォ)

  3. ernesto parma

    ernesto(エルネスト)

  4. Borsalino(ボルサリーノ)

  5. ISAIA(イザイア)

  6. G.T.A(ジーティーアー)

  7. johnstons renata

    Johnstons(ジョンストンズ)

  8. renata カンタレリ

    Cantarelli(カンタレリ)