renata t.mbh

【私が愛してやまない革小物Vol.1】T.MBHの究極ポロサスクロコダイル

元セレクトショップ販売員である私達は、毎月のように服にお金を掛けて納得のいく買い物や後悔した買い物など様々な経験をしてきました。決して金額が高いから気にいる訳でもなく、数千円の物でも手放せなくなるぐらい気に入ったアイテムもあります。そんな沢山の失敗をした中でも、これだけは買って良かったと心から思えて「私が愛してやまない」そんなアイテムを皆様にもご紹介して参りましたいと思います。

 


T.MBH ポロサスクロコダイル


T.MBHとの出会いは、以前に勤めていたセレクトショップで取り扱いがあったのがきっかけでした。それまでは革小物の知識もなければ、エキゾチックレザーにもどちらかというとあまり興味が無かったと言っても良いぐらい無頓着な状態。そんな中でセレクトショップに入社当時の店長だった人がこのT.MBHの「名刺入れ、コインケース」などを持っているのを見て「何だこの格好良いの。」って純粋に思ったのが出会いでした。そして、職人である岡本拓也さんを迎えてのオーダー会で、先輩スタッフが次は何をオーダーしようか悩んでいる姿。商品について熱く語る岡本さんの姿。お客様が喜んでオーダ会を楽しんでいる姿。その一つ一つがこっちまで興奮してしまうような感覚でした。そして気づいたらT.MBHを初めての購入にも関わらず3つ纏めてオーダーをお願いしていました…

 

『葉合せ(はあわせ)名刺入れ(カードケース)』

renata t.mbhrenata t.mbh

まず初めに絶対にオーダーしようと思っていたのが、この名刺入れ。これ見よがしのブランド物ではなく、素材と作りに拘った上質な物。と言うのが名刺入れを買う際の条件と自分の中で決めていてまさにドンピシャのアイテム。クロコダイルだけどいやらしさもない。またT.MBHの葉合せの特徴であるコンパクトでありながら薄くて大容量が入るという事にも魅力を感じつつも、最大の決め手となったのが店長が使っていた名刺入れの経年変化。オーダーしたのはネイビーと言っていましたが、1年以上使っていると言うその名刺入れは手に持った際の油分や汗などで濃紺(ブラックに近い?)ぐらい濃くなり、光沢感が増していました。もうそんなのを見たらオーダーしない訳にはいきません。店長と同じネイビーの色でオーダーをお願いをし、使い始めて数年が経ちましたが段々と色が濃くなりクロコダイルの符も立体的に見えるようになってきました。

 

『葉合せ(はあわせ)コインケース』

renata t.mbhrenata t.mbh

続いて一緒にオーダーしたのが、このコインケース。今までは札とコインが入る長財布を使っていたので、自分には必要ないかな。と思っていたのが正直な所でした。それでも、オーダーに至ったのは使い勝手と実用性に長けているのを実感したからです。このシリーズも葉合せでコインが大容量入るのにも関わらず、見た目はスマート。更にボタン部分の磁石でお札を挟む事が出来るという。そうマネークリップとしても使えちゃう優れ物なのです。私はコインケースとしては勿論、セカンド財布としてランチに行く時やコンビニに行く時など…ちょっとしたお出掛けにはこのコインケースだけを持っていき、カードやお札が沢山入った長財布は置いて出掛けられるというのも魅力を感じました。マネークリップに求めていたコイン、コインケースに求めていたお札。その二つが上手く合致した理想のコインケースと言っても過言ではありません。

 

『葉合せ(はあわせ)手帳カバー』

renata t.mbhrenata t.mbh

最初にオーダーした3つ目のアイテムは手帳カバーです。クロコダイルの場合、竹符や玉符と言った符の大きさが異なる部位がありますが、この手帳カバーに関しては竹符で統一されています。名刺入れやコインケースと違い、面積も大きい分存在感が増して個人的には最高に格好良く気に入っています。また、私の場合は手帳カバーとして使っていますが、中にはブックカバーとしてお気に入りの本をカバーしている方もいらっしゃいました。その本の為にサイズを合わせたブックカバーとは何とも贅沢な逸品ですよね。既にお気付きの方も多いと思いますが、最初にオーダーした3つは全てネイビーのクロコダイル。他にもガルーシャやリザード、オーストリッチ…多くの魅力的な革がありましたが、やはり店長の影響が大きかったのかもしれません(笑)

 

『呼薫(コクーン)長財布』

renata t.mbhrenata t.mbh

折角なら財布もT.MBHで揃えたいという気持ちはあるものの、上記でご紹介した3つのオーダー品は私にとっては高額な買い物であるのには間違いなく、肝心な財布を揃えていない状態が1年ぐらい続きました。そんな中でまた岡本さんを招いてのオーダー会があった時に一目惚れしたのがこの財布。クロコダイルの中でも高価なポロサスクロコに加えて綺麗な「センター取り」。好きな人からしたら堪らない程ずっと眺めていたくなるような美しさですよね。よく年収は財布の200倍と聞く事がありますが、そうだとしたら未分不相応にも程がある決断のいる買い物。内側に貼られてあるペッカリーがこれから入手困難になる事、今まで揃えてきたネイビーのクロコダイルにもマッチする事、何よりも硬くハードなイメージだったクロコダイルがずっと触ってたくなるぐらいモチモチとした柔らかさに衝撃を受けて。買ってしばらくは鑑賞用として毎日箱から出しては眺めて触ってを繰り返し。買った時の高揚感と嬉しさの余韻が忘れられませんでした。早くこの財布が似合うようにならない頑張らないと…。

 

renata t.mbh

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. RENATA VANSON ライダース

    【私が愛してやまないライダースVol.3】着こなしの価値観を変えてくれ…

  2. RENATA ADDRIAN

    【私が愛してやまない靴下Vol.2】ADDRIANの最強靴下

  3. renata fashion

    RENATA(レナータ)の公式SNSについて