靴磨き

靴磨きを始める為に必要な必須アイテム

靴磨きが趣味という知人が私の周りにはとても多いです。「お洒落は足元から」という言葉もある通り、洋服が好きな人ほど靴を大切にしている、そしてしっかりと手入れをしているものです。特に革靴は手入れ次第で表情が変わり、その奥深さゆえ”趣味”と呼べるほどは夢中になってしまうものです。今回は記念すべき第一回ということでまずは靴を磨く上で必須なアイテムを実際に私が使っているブランドで紹介していきたいと思います。

 

№1 シューキーパー


革靴を手入れするのであれまずはこのアイテムが必須アイテムです。革靴の型崩れをを防ぐのはもちろん、湿気の多い革靴の除湿をもしてくれます。そしてクリーム等を靴に塗り込む際はシューツリーを入れることでよりうまく馴染ませることが出来るんです。シューキーパーはプラスチック素材から、木製のものまで様々ありますが、除湿、脱臭にすぐれた木製のキーパーがお薦めです。

 

Sleipnir シューツリー スタンダードモデル

引用

 

№2 ブラッシング


まずは目に見えない埃や汚れをブラシで落とします。ブラシは馬毛のものがホコリ落としに向いていて、ブタ毛や化繊のものは仕上げの艶出しに効果的なんです。そんなに違いがありませんが柔らかく毛足がそんなに長くないものの方が使い易いと思います。大きさも大小とありますが手に取って持ちやすいものを選ぶのがポイントです。

 

Clumbus

引用

 

№3 クロス


ブラッシングで落としきれなかった汚れや汗だと思われる塩があれば濡らしたウエスでさっとこすり落とします。泥よごれなどを落とすだけであれば、雑巾でもいいですが靴に繊維が残らない専用のウエスや着古したTシャツなどがおすすめです。デリケートクリームの拭き上げなど、用途によっては履き古した靴下をミトン代わりに使うのも便利です。

 

Columbus 磨きクロス

引用

 

№4 汚れ落とし


汚れを残してしまうとは仕上がりに影響するのでしっかりと除去します。必要があればレザーローションを。レザーローションはそれ自体が保湿成分が入っているのでさっと手入れするときはここまででもいいと思います。状況に応じてステインリムーバーと使い分けます。レザーローションで汚れや残留クリームを落としたほうが靴に優しいと思いますが、ワックス成分を落としたい時はステインリムーバーの方が向いています。

 

Saphir レザーローション

引用

 

№5 乳化性クリーム


靴の手入れの主要で一般的に一番出番が多いと思います。靴に必要な栄養を与えながら退色やパサつき、傷を目立たなく補色します。靴磨きしようと思ったらだいたいこれは使うかと思いますので、色別でいろいろ使ってみて気に入ったのをずっと使うといいと思います。塗る際はぺネレイトブラシを使うより、指でちょこんとお米2、3粒分で十分です。今まで塗りすぎていませんでしたか?豚毛ブラシで磨いて完成です。

 

Mowbray 乳化性クリーム

引用

 

最後に・・・


このアイテムを揃えていただければひとまず、靴の手入れには困りません。革靴って本当不思議なもので、履き方と履き皺で靴のフォルムが変わりそして磨き方次第で自分の物になってくる。その贅沢なひと時を味わってしまうと抜け出せません。もちろん高級な皮を使っているものほどそれをより実感することが出来ます。まだまだ奥の深い革靴の世界。次回をお楽しみください。

引用

この記事が気に入ったら
いいね !をして最新情報をチェック!

関連記事

  1. shoes care

    靴磨きの極意【長く大切に履くために〜靴修理のタイミング〜】

  2. スエード

    【靴磨きの極意】スエード素材の革靴の正しい手入れ方法

  3. 大切な洋服を長く着るための冬服の保管方法

  4. ishikawa burashi

    出来る男はケアを怠らない!洋服の手入れに欠かせない必需品“石川ブラシ”…

  5. cordovan

    【靴磨きの極意】コードバンの革靴の正しい手入れ方法

  6. crocodile care

    【靴磨きの極意】エキゾチックレザー「クロコダイル・リザード」の正しい手…

  7. 靴磨き

    靴磨きの極意、番外編【ハイシャインポリッシュの落とし方、手入れ方法】

  8. 高級水洗いクリーニングのナチュラルクリーンについて